これがウワサの土スープ!?@レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ

mちゃんとSちゃんの3人で美食会。今回はmちゃんのリクエストで、レ・クレアシヨン・ド・ナリサワです。先日行われた「世界料理サミット」に参加されたシェフが披露した自然との調和というのかな、そんなメニューになっています。すべてお任せコース。いただいたメニューリストは、まるで絵画のようなタイトルになっているので、想像がつきません。

ワクワクのスタート!

プロローグ
b0064461_21282793.jpg「畑から持ってまいりました」という、ラディッシュ。アミューズですね。

目が点になってしまうくらい、ホントーに畑からそのまま持ってきたかのよう。

土に見えますが、ちゃんとシェフが造った「土」。食べられます。土の香りがするかな〜と、そっとにおいをかいでしまったけど…(笑)。種明かしをしてもらいましたけど、自分では再現できないなー。

これがちょっと苦み走っていて、ラディッシュといっしょに食べるとバランスよくなりました。
ボリボリとそのまま手で食べる一品。


リチャードの土
b0064461_2129686.jpgb0064461_21294345.jpgこれが、世界料理サミット(テレビで放送されたのを見ちゃった)で披露された「土のスープ」です。

温かいスープで、中身はゴボウ。土のついたゴボウを使ってスープにしているそうですが、色が黒いので、びっくりします。

ゴボウの香りと味がじわ〜〜として、お出しが濃厚で、滋味深いカンジ。でも、ゴボウくらいしか使っていないんですって。お出しもゴボウ? 土は、研究機関に調べてもらい、食べても無害なものだそうです。食材が土ということに驚いていると、「サルは土を食べるんだよ」とSちゃんの豆知識が! 



b0064461_2132126.jpgb0064461_21313699.jpg











エピローグの前に、生きたままのエビを見せてくれました。バイバ〜イと手を振ったら、ちゃんと一尾のエビがハサミを動かしてくれたんですよ(笑) そのエビが、このようになって戻ってきました。

「灰」というタイトルなので・・・「ではフィニッシュを」と、液体窒素で凍らせて作ったという柑橘類の灰を、ソースのようにパーッと上からかけてくれました。

おお〜〜〜。

ふわ〜っと、「夜ヒット」のような状態です(笑)。灰になっても、ちゃんと柑橘類の酸味が残っていて、エビの甘さを引き立ててくれています。香りもステキ。

真冬の風景
b0064461_21323873.jpgb0064461_22305242.jpg山道とか、高原とかの散歩道で見かけそうな、雪解けを待つ「ふきのとう」。食事をしながらお散歩しているような気分になってきます。

雪に見立てているのはカブで、麦の土(ここでも土だ・笑)といっしょに食べるとうま〜い。これも温かいお皿で、ボコンとなったガラスの器も(しかも3人ともビミョーに違う)温かくて。

山と海の出会い
b0064461_2132366.jpgお魚です(あ、名前が…)。

フキと木の芽、木の芽を泡にしたソースでいただきます。お魚の焼き具合がこれまた絶妙で。身はふんわりとした柔らかさなのに、皮はパリッと。

木の芽のソースの苦味がオトナなカンジ(笑)


火〜祈りの森〜
b0064461_21344126.jpgお肉はピジョン。最初に丸焼き状態を見せてくれます。そのときにピジョンの説明をしてくれたのですが、もちろんフランス産。実は、鳩にもAOCがあるなんて初めて知りました! ワインとかチーズとか酪農系だけかと思ったら…。さすが、食の国。

で、このピジョン。65度だったかでじっくり焼いているので、この赤色をキープしているのだとか。皮がカリッと、皮の下からのお肉部分が全部赤くなっています。ちょっとでも火加減が変わると、焼き色のグラデーションになってしまうんだって。職人技ですな。スーッとナイフで切れる柔らかさ。キンカンや百合の根などが添えられています。甘いの。


b0064461_21353049.jpgb0064461_21334813.jpg










こちらもテレビで紹介されていまいしたが、目の前に登場すると、ハッと驚きます。だって、真っ黒なんだもん! 岩ですか? と思える風貌。実は松坂牛。黒く見えるのはネギを焦がして造ったもの。

サーブされたときは、ほうれん草といっしょに。このほうれん草にはお醤油の味付けでソテーされていました。お肉がとっても柔らかく、ネギが香ばしさ越えた苦味が、不思議とソースの役割をしていて、お肉の甘みを引き立てていましたよ。あら、不思議。あまり多くついていると「ニガ〜」と泣いちゃいそうですけど、そのさじ加減がシェフのすごさかも。

水のサラダ
b0064461_21355365.jpgメニューリストにはない、サラダ。

水のように見立てているゼリーには、ワサビの成分を抽出した(いきなりケミカル)素材が入っていて、わさびの葉といっしょに食べるとガツンと鼻にきます(涙) 
クレソンとならヘーキ(笑) ゼリーは思ったよりも堅いんですが、のどごしはよかったです。

だんだん雪解けで春が近いというイメージかしら。


b0064461_2146765.jpg
口直しのソルベ♪
いよかんです。
ほんのり柑橘の香りと酸味がステキでした〜。
パクッとひとくちで☆


冬の甘い香り
b0064461_21345822.jpgデザートです。
フォンダンショコラとバニラアイス。
「熱いうちに」とのことで、たしかにアイスがどんどん溶けちゃう。

フォンダンショコラが、すっごーーく濃厚で、チョコレートクリームのような舌触りで、苦味が表に出てくるガツンとしたスイーツ。

決して重くはないので、すーっと入っていきます。うまいっ。

最初はバニラと交互に食べていたんですが、バニラが溶けてきちゃうので、だんだんソースのようなカンジにもなってしまいました。いいのかなぁ。



b0064461_2139425.jpg
実は、まだ終わっていなかったデザート!

この中から、さらに選ぶんです! すごい種類のデザート・・・。

ちなみに3人のパティシエさんがランチとディナーのために、1日2回も造っているそう。

迷いに迷って・・・・


b0064461_21404745.jpgパリブレスト、小さなマカロン2コ(ホワイトチョコレート・ラベンダー、カカオ72%)、ショコラ、カヌレ。ちと欲ばりすぎた・・・。

パリブレストは3人ともチョイスしたのですが、最初に選んだSちゃんが「すごくおいしい!」といってくれたから(笑) モカクリームとキャラメルがしっかりしていて、濃いコーヒーにぴったり。

カヌレは、小さいからかな、ちょっと堅かったかな〜。

ショコラはオレンジリキュール入りかな、オレンジの香りもあって、わたしにはすごくウレシイ。

小さなマカロンは、あっという間に食べられちゃいますが、ちゃんとラベンダーやカカオの香りがしましたよ。


b0064461_21423297.jpg【オマケ】

かわいいマカロンは、この箱にはいっていました。

すごく小さくて、眺めているだけでニヤけちゃいそうな、フォトジェニックなマカロン。こちらは、レ・ミニャルディーズのもの。

大丸東京店にあるそうなので、ちょっとしたギフトにも(もちろん自分用とかでも)いいかも。
箱を開けたら、すっごくキュートだし♪


b0064461_21353343.jpgb0064461_21355885.jpg【オマケ2】
パンがすごくおいしくて! 3種類のパンをサーブしてくれます。もちろん温めてありますよ。
パンといっしょに運ばれたときに「?」と思ってしまった、小さな植木鉢。これは、バターです。芽を出している細かい演出に、つい笑ってしまいました。土の代わりは、細かくなったオリーブ。下にホイップされたバターが。オリーブの塩味などが混ざり合って、バターとすごく調和されていて。パンにつけると三重奏になっちゃいます。

パンはそのまま食べても、さまざまな穀類が入っているので甘みも、香ばしさもすばらしい。こちらのパンはシニフィアン・シニフィエのもの。ただ、シェフがコースに併せたオーダーをするそうなので、同じパンは置いていないかも、とのことでした。


【飲んだワイン】
シャンボール・ミュジニー 2004
生産者:メゾン・ニコラ・ポテル
生産地域:フランス:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイAOCシャンボール・ミュジニー
ブドウ品種:ピノ・ノワール(100%)
アルコール度:13%
[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/10536297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jjj♪ at 2009-03-19 20:23 x
TVで見たお料理が!!!
やっぱ松坂牛、迫力ありますね!!
水のゼリー、やっぱきれいだぁ・・。
Commented by みいこ at 2009-03-22 21:22 x
噂に聞くナリサワ・・こんなお料理だったんですねー。
なんか前衛的というか、、ナリサワシェフって変わってそうですごく面白いですね笑。特に小さな植木鉢とか、スレスレな感じが最高笑。
シニフィアン・シニフィエというパン屋は知らなかった~。最近この手のハード系パンにますますはまってるので、早速機会を見つけて行ってみます!
Commented by matc_tomo at 2009-03-23 19:44
jjj♪さん
深夜のテレビ見ました? まさにあのお肉ですよ!
固まり出ててきたときは、ホントーにびっくりしました。
これがオイスィお肉とはわかりませんよね〜〜。
芸術品といえるようなお料理ですが、頻繁にいけるお店じゃないのが切ない・・・。 
Commented by matc_tomo at 2009-03-23 19:47
みいこさん
前にランチで出かけていた友人によると、いつの間にか「おまかせ」になってしまったようです。前はアラカルトで選べたらしく、そんなメニューもチャレンジしたいかも。
お料理で自然を満喫、みたいなプレゼンテーションで遊び心もあっておもしろかったですよ。あのバターは極みですよね(笑)パンは、本店じゃなくて、日本橋タカシマヤさんにも入っているようなので、そちらのほうが行きやすいかも。ただ、お値段がパンじゃないです(汗)おいしかったから買いたいのに…(悩)
by matc_tomo | 2009-03-19 15:05 | おいしい日々 | Trackback | Comments(4)