夏メニューのブノワで暑気払い♪

訪れた日の二日前くらいに夏メニューに変わったというブノワ東京。夏野菜満載のメニューにもなりつつ、相変わらずチョイスに迷います(汗) では、いってみよ〜〜ぉ。

b0064461_1102891.jpgまずは、リエット。これはおつまみに出してくれるので、まだアミューズでもありませんっ! 泡でかんぱ〜い♪

つまみながらずっしり重いメニューとにらめっこ。想像しつつも、これは? あれは? と質問攻めにしてしまいましたが、丁寧に応対してくれるスタッフの清々しさが申し分ございません。


b0064461_1123760.jpgオーダーが決まったところで、アミューズの登場。

羊と牛のチーズを合わせたワインが進んでしまうような味です。

パンにつけたくて、ずーっとキープ(笑) 

b0064461_11537.jpg奥のボトルは発砲水なんですけどね、ちょっとオサレに狙ってみた(笑)

今回のパンも、レモン風味があって、バゲットなのにさわやか〜な後味。お料理のことも考えてパンはセーブしつつも、しっかり2個いただいてしまったよ。

熱い日だったので、シャンパンも進みましてね。気がつけば、お食事用のワインセレクトタイムに♪

前回もお世話になったソムリエ氏とyさんが密談のようにセレクト(笑) 本当は2本開けられるのでは? と思ったので、2本決めていただいていました。結局1本だけだったので、後半のワインは次回に!?

えーっと、エチケットもらい忘れました(涙)

b0064461_1192015.jpgオードブル2品。

「ズッキーニの冷製スープ リコッタチーズ SOUPE glacée de courgette à la ricotta」

大ヒットのブロッコリーから、夏なのでズッキーニの冷製にシフトチェンジ。サーブ時に冷製スープを器に注いでくれるので、黄色いズッキーニの花が浮いてくるかわいらしさを愛でられます。

ブロッコリーほどの濃厚さはありませんが、これは夏の暑い日にさわやかさを演出してくれるスープで、リコッタチーズともバッチリ。チーズが酸味を加えてくれるので、ズッキーニの苦味はあまり感じませんでしたよ。

b0064461_128536.jpg「カニと野菜とオマール海老のジュレ TOURTEAU et macédoine rafraîchies, fine gelée parfumée aux herbes」

ひと口を食べた瞬間に、カニと海老の濃厚な香りが広がります。ジュレはしっかり堅めで、葉野菜と絡めると、とてもさわやかな口溶けに、感動です。これはオードブルのヒット、パート2といった気分。

写真が真上からのしかないけれど、器半分くらいある、ボリュームは惜しみないほどです。

b0064461_1301728.jpg前菜。
「パテ・アン・クルート“ブノワ” PÂTÉ EN CROÛTE“Benoit” et ses condiments」

となりにいたマダムに「あれ、前回も食べてなかった?」。正解ですっ!(笑)

前回いただいて気にいったメニュー。今回も食べたいっと思って、これは即決。スタッフの方も、人気メニューは定番にして夏メニューに残しているのだそうです。


でも・・・みなさんの夏メニュー前菜が、見た目もステキで、ちょっと反省(汗) 季節メニューで攻めるべきだな。

b0064461_1341414.jpgメイン。
「北海道産乳飲み仔牛のココット仕立て POITRINE ET QUASI DE VEAUcuisinés en cocotte, carottes, oignons et pommes de terre à l'ail nouveau」(長っ)

席に運ばれたときは、ココット仕立てということでガラスのキャセロールで登場。テーブル横でキレイに盛りつけしてくれました。メニューにもある、ジャガイモ、にんじん、タマネギがつけあわせに。

お肉は、2部位で食感が違うので、味の印象もだいぶ変わります。その違いがおいしく、そして楽しめるので、うれしい一皿でした。

b0064461_141311.jpgここで一休み。

シェフがハーブにもこだわっていらっしゃるとのことで、ミントなどをテーブルに運んでくれました。テーブルがとたんにさわやかな香り〜〜♪

本当はお茶にいれるものだったらしいのですが、あまりの香りについ、プチッと食べてしまうわたしたち。消化にもいいのよね〜といいつつ、何枚のミントをつまんだか(笑)

デザートの説明を聞きながらも、わたしの心はすでに決まってるも〜ん。

b0064461_1443332.jpg「パリ/パリジェンヌ」です!

今回は、プリンと、キャラメルクリームをはさんだシュー。シュー生地は、エクレアよりもちょっと柔らかめでしたけど、ナイフでひとくちに切っても大丈夫なくらい。

ケーキに加え、パッションフルーツのソルベがついてきました。プリンは、素朴な味わいのプリンで、上にあるホイップが絶妙な甘さで。
そんなスイーツトリオなので、思わず三角食べをしたくらいの甘さのコントラストを堪能☆

b0064461_1505916.jpgプチフール。ワゴンサービスになっていました。「アイデアはあったのですが、やっと出来るようになりまして」とのことだそうです。

迷ったときは全種類!(笑)

今回は、カシスゼリーは、2年前に買ったブルゴーニュ地方のお菓子と同じようなカシスの濃厚っぷり(嬉) ピスタチオのクッキーはサクサクだし、マシュマロは、あっという間の口溶け・・・とコーヒーとともに、贅沢タイムに浸っておりました。

最後の塩キャラメルは、おうちで♪ 

・・・帰宅後。バッグのポケットにない!(驚) 定期やケータイを入れるポッケだったから、どこかで落としたのかしら…orz

塩キャラメルを食べにいきたいわっ(えっ?)
[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/11385806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ♪♪♪yuricoz c.. at 2009-06-29 12:43
タイトル : ブノワ@表参道
はいっ ブノワのメニューが変わったので、 行ってまいりましたぁ♪なんちゃって~ こちらのすばらしいところというか、感動した点♪ お料理の説明を以前と同じものを質問しても(笑)こまかーくしてくれるところと、ソムリエ氏が、前に飲んだワインを覚えていてくれるところ♪ 今回、偶然にもメニューが変わってまだ二日目♪ しんせーーーん♪るんっ サービスの泡で、乾杯っす♪ぷはーっ まずは、お肉のリエット♪ って、ここまでにメニュー決めで結構の時間を費やしてます。笑 でも...... more
Tracked from 花鳥風月 at 2009-07-01 01:48
タイトル : Benoitでぶのわだなんて
フランス語は難しい。いえ、勉強もしたことが無いので、難しい以前に不思議。BENOITがぶのわって音なんですよね・・・。 今夜の集いの『Benoit』は、アラン・デュカス氏の手によって現代フレンチの店として君臨する老舗のレストラン。この表参道店はあれ?あれ?ということも合ったようですが、青山のビルの10Fに復活。何度か訪れる機会を逃してしまっていたので、やっと行けたというところですが、いい意味で意外な?思ったよりも気さくな雰囲気でフレンチが味わえるお店でした。 遅れて到着した私は、駅から小走りで向か...... more
Commented by S at 2009-06-29 02:56 x
きゃー yuricoさんのブログでも拝見しましたが
tomoさんのお肉もおいしそぅぅぅううっ
毎日暑いですもんね、肉食べて精だしたいわたしです(笑)
Commented by matc_tomo at 2009-06-29 20:55
Sさん
お仕事場から近いのに〜〜。ぜひ、ランチかディナーを!
ごいっしょでもOKですよん。
お肉は羊、鳩、牛、鳥といろいろあるのでいつも迷っちゃうんですよ〜。ビルの10Fの景色もキレイだし、ガールズトークのヨコでデートをしている方もいたりして(笑) リーズナブルなワインが多いので、酒豪伝説持参で(笑)
Commented by imusam928 at 2009-07-01 01:47
こんばんは。「M」です(変換してください笑)。遅まきながらトラバします!
翌日冷やしたマドレーヌとフィナンシェも美味しかった。
Commented by matc_tomo at 2009-07-02 15:16
imusamさん
はい! 変換しました! わかりますっ!
マドレーヌって冷やした方がおいしいのか…。常温でそのままパクッと食べてしまいました(笑) あのしっとり感がいいですよねー、フィナンシェ。フィナンシェ好きなので、いろんなお店のを食べていますが、ブノワはマイ・ランク・トップ5に入ります。
by matc_tomo | 2009-06-29 01:57 | おいしい日々 | Trackback(2) | Comments(4)