水無月という生菓子を初めて食べました♪

b0064461_20493151.jpg

先日、大阪出張があったので平日でしたが翌日は有給を取って京都泊してきました。ホテル近くの和菓子店、月餅家 直正さんへ。以前、わらび餅がおいしいと聞いていたのに売り切れで買えなくて、今回はそのリベンジ。午前中なのでまだあるかな〜と。

お土産にわらび餅(3コ)と葛湯、ふとショーケースとは別に置かれていた「水無月」というお菓子にも惹かれて購入。見た目が羊羹のようだったのですが(栗とか使ってたし)、お店の方によると「ういろうみたいなお菓子」とのことだったので興味津々。カットしてもらい帰宅後にパクついちゃいました。

下の部分がういろうっぽい弾力が。抹茶もほどよいカンジだし、それほど甘さがきつくないです。水無月のため30日も営業と書かれていましたが、このお菓子は30日に食べる行事にちなんだものなんですね。調べると、とらやさんのサイトを発見(さすがだ)。夏の暑さを払うためのお菓子らしいです。ほ〜。三角形の形(氷をイメージ)にして食べるそうなんですが、お店の方に切ってもらったのはフツーに縦に切ってもらったので写真のような短冊形(笑)今度は三角形にしてもらおう。

京都ではいろんな和菓子店で売られているようですが、東京にもあるのかなぁ。参考にしたとらやさんでは1週間ほどの期間限定販売みたいですけど。和菓子屋さんのtakeさん、どうなの?(ここで聞くなといわないで〜・笑)

そして。わらび餅ですが、大きいのですが、中のこしあんが、これまた絶妙な甘さでペロッと食べられてしまうんですっ! こりゃ、おいしい! 水無月は季節のお菓子ですが、わらび餅はリピ買い決定ですね。ふたばの豆餅同様に、お気に入りのリスト入りです♪




虎屋―和菓子と歩んだ五百年 (新潮新書)
黒川 光博
新潮社
売り上げランキング: 243494

[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/15860984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fumiko212 at 2011-06-30 22:03
あ~。今年こそ6月30日に水無月を食べようと決めていたのに!去年、6月30日のお菓子だと、旦那さんが京都ご出身の方に教えてもらって。東京だとそれほど宣伝してないから忘れちゃいますよね。
>水無月のため30日も営業
うわあ。京都っぽい!京都の方にとってはきっと大切なことなのですね。
Commented by matc_tomo at 2011-06-30 22:39
fumikoさん
会社の関西出身の後輩ちゃんに聞いたら、やはり普通に食べている生菓子のようです。「東京にないんですか〜」と言われちゃいましたよ。わたしもこの時期にいかなかったら知らないままのお菓子だったので、ラッキーなのかしら。伊勢丹の地下の和菓子コーナーでも大きく書かれていたし、よくある柏餅などと同じような感覚なのかなぁ。京都の歴史を感じるな〜。
このお菓子も、2日間くらいしか賞味期限がなくて(!)ビックリ。来年はぜひ食べてみて〜♪
Commented by take3 at 2011-07-02 23:37 x
まじで知らなかった~!
名前とお菓子は分かっていたけど6/30に頂くお菓子だとは~
ひとつのお菓子に時間と情熱がそそがれるのは上方、特に京はさすがだね!
ちなみに江戸っ子が造るのは、きっちり三角になってるのがほとんどだと思うよ?
生菓子は当日に頂こう!
Commented by matc_tomo at 2011-07-03 19:55
takeさん
やっぱり東京だと売っていないよねぇ。お菓子は29日に買って、その日と30日に食べたぞ!(ちゃんと消費期限以内!)。もちもち感がなくなったら哀しいお菓子になっちゃうよねぇ、あれ。お店だとお弁当箱サイズで売っていて、切ってくれるのだけど、予備知識がないので、三角か縦のどちらに?と言われたらねぇ(笑)京都のお菓子は歴史があるよね。生菓子の美しさも素敵だもんね。ふふふ
Commented by MARI at 2011-07-10 14:56 x
今頃失礼します。
水無月は”水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶといふなり”と言って、茅の輪くぐりとセットになっているお菓子なんですよ。小豆を使っているでしょう?小豆には厄払いの意味があります。
茶道をやっていると6月は必ず水無月のお点前をします。わたしは京都の鍵善の水無月を毎年頂きますが、今年は日本にいなかったので食べなかった・・・
茅の輪くぐりは湯島天神さんでしておきました。これをしないとわたしの夏は来ません(笑)
東京では売ってないの?そんなことないと思いますよ。千宗家出入りの和菓子屋さんだったら必ず作っているはずです。

Commented by matc_tomo at 2011-07-11 20:43
MARIさん
マダム、ご無沙汰です〜ぅ。お茶をたしなまれている方だと親しみのあるお菓子なのかもしれませんが、東京だと、「柏餅発売中」みたいなレベルで大きく店内に張り紙があるようなカンジでは売られていないような。デパ地下などの京菓子店だと(老松さんやとらやさんとか)ありそうだけど。食感も好みのお菓子だったので、6/30のみとはいわずに食べたい・・・(笑)
>今年は日本にいなかったので
かっこえええええ! 厄払いの意味もあるって、ゲン担ぎがスキなので、今年は食べられて嬉しいっす☆ 京都ではお参りとお守りもおかえしにいってきたし。意味がありそうとこじつけてみたっ!
by matc_tomo | 2011-06-30 21:11 | ├京都 | Trackback | Comments(6)