忠臣蔵観劇で「しほみ饅頭」を買ってみました

b0064461_21362370.jpg

ついに念願の歌舞伎デビューをしてきました。
演目は、「元禄 忠臣蔵」で、大石内蔵助と徳川綱豊を中村吉右衛門丈が演じています。これを選んだのも、吉右衛門さんという馴染みのある役者さんだし、予習しなくても大丈夫な忠臣蔵ということだったのです。ブロードウェイでも日本でも舞台は見ていますが、こと歌舞伎となるとやはり独特の雰囲気があって違いますね。比べちゃなんですが。

で、演目が忠臣蔵なので、売店にはちなんだ商品が並びます。切腹最中にも惹かれたのですが、あずき好きでも最中の甘さがニガテなので、「しほみ饅頭」をゲット。

フタを開けると・・・
b0064461_21362062.jpg


お上品なパッケージです。
お店のしおりを読むと、赤穂の塩を生かした菓子を浅野内匠頭が御用菓子司に命じてできたのが始まりのようです。お茶うけにしたり、将軍家や宮家に献上されたそうで、討ち入りのあとは大石饅頭として重宝されたとか。歴史を感じさせるお菓子なんですね。

b0064461_21361619.jpg

わりと小さめのお饅頭・・・と手に取ると硬め。ん?

食べてビックリ。落雁のような食感で、中に餡が入っています。だから賞味期限も「生菓子」なのに12年1月4日までなのね。お饅頭というと、蒸かしたいつもながらのお菓子を浮かべていましたが、とても意表をつかれた感じです(笑)

塩を生かしたといわれているだけあり、甘さの中にもしっかり塩味があります。そのバランスが絶妙です。濃茶といただくといいかもしれません。さすが、浅野内匠頭。




元禄忠臣蔵〈上〉 (岩波文庫)
真山 青果
岩波書店
売り上げランキング: 27598

[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/17273132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山上裕子 at 2011-12-11 08:21 x
歌舞伎デビューおめでとうございます!
それにしても「しほみ饅頭」は初めて知りました。
赤穂の塩を生かして開発なんて、
今時のご当地グルメの発想ですね〜。
そして「切腹最中」のネーミングもすごいな。
これも討ち入り当時からあった和菓子なのでしょうか?

歌舞伎デビューの感想も気になります。
『元禄忠臣蔵』は時代劇感覚で楽しめる作品だと思います。
次はぜひ、三大名作の『仮名手本忠臣蔵』を!
Commented by matc_tomo at 2011-12-20 20:44
山上どの
遅レスすみません〜。「しほみ饅頭」は、お店の栞を見ても地元販売が中心みたいですね。わたしも初めてでしたもの〜。「切腹最中」はわりと有名で、最中のアンが見えるの。都内の和菓子屋さんのお菓子なので、営業マンがお詫びの進物にも使っているそうです(笑)

忠臣蔵にもシリーズがあるの!? 『仮名手本忠臣蔵』かぁ。覚えておかなくちゃ♪
by matc_tomo | 2011-12-11 00:38 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)