Selim Slive Elements始動!

b0064461_14431254.jpg

ジャズジャーナリストの小川隆夫さんが「バンドを組むんだ」と話してくれたのは、初夏のとある日のこと。てっきり好きなストーンズとかをコピーする程度のバンドかと思いきや、具体的な内容を聞いて、ぶっ飛んだ。

集まったメンバーは何しろ国内外で活動するバンドマンたち。小川さんがいうバンドコンセプト「本気で音楽と遊んで楽しむバンド」であり「エレクトリックマイルス時代のようなサウンドをやりたい」という、ものすごい内容に即答で参加したというのだから、これまたぶっ飛んだ。

そんなメンバーは、コチラ。

平戸祐介(key, Musical Director)
元晴[SOIL&"PIMP" SESSIONS](sax)
栗原 健[mountain mocha kilimanjaro](sax)
小泉P克人(el-b)
コスガツヨシ[cro-magnon](g)
小川隆夫(g,Producer)
大竹重寿[cro-magnon](ds)
西岡ヒデロー(per)

Selim Slive Elements

小川さんが恋に焦がれた帝王をもじったバンド名にしたそれは、もちろんテーマはマイルスデイビスだ。

ホーンを携えた8人の大所帯バンドながらトランペットがいないのは、マイルスがいつでも入ってこられるようにという思いから。さすがに帝王の位置に入るトランペッターもそうとうなプレッシャーだもんね(笑)

b0064461_01125660.jpg

▲リハだけで、凄い光景*\(^o^)/*

「よくこれだけのメンバーが集まったものだ」と、シーンをよく知る人たちが驚くほどだが、こぞってリハを数回こなし、ついにデビューライブまで日程が決まった。まだどこにもサウンドを披露していないのに(デモやリハ音源はあるものの)、これまた即決レベルでMotion Blue Yokohamaがブッキングしたというのだ。もう、何が何だか(笑)

b0064461_01474246.jpg


先日、フライヤーができたということで、もらいに行きつつ、ライブのことを少しだけ聞いてみた。ライブはオリジナル曲を披露予定。しかも100分。ジャムバンドらしく、メンバーそれぞれのソロや絡みが見どころになるそう。「ソロも絡みも自由。本気で楽しんでプレーするのがコンセプトだから。たとえ1曲が20分あってもあっという間だと思うよ。メンバーが8人いて、それぞれのソロや競演で凄いことになるからね」。

来年はさらにライブ活動をこなしたいと、小川さんの夢は膨らむ。スケジュールがあえば対バンイベントでもよいそうで、こちらも聞いていていろんな妄想が膨らんでしまう(笑)

奇跡のようなメンバーが集まったSSEを見逃してはもったいない。まずは、12月14日のデビューライブに行けるよう、いまからスケジュール調整をしなくちゃ。


予約・問い合わせ Motion Blue Yokohama



[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/26201198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by matc_tomo | 2016-12-14 19:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)