感覚がマヒしそう

昨日、雑誌「料理通信」を買いました。
ある意味冬が旬で、今月末から来月にはいろんな種類があふれ出す
チョコレートの特集です♪

欧米のショコラトリーがこぞって東京に進出したり、
日本でも有名ショコラティエが台頭してきたこともあり、
美味しいチョコレートが食べられるようになりましたが、
いつも不思議に思うのが「価格」。

美味しい! と大喜びばかりしていられません。
なんせ、プラリネ1個が200円てのがザラで、中には400円という、
1粒なのに遠足のおやつの値段を超えているものだってあります。
なのに、伊勢丹でもうすぐはじまるサロン・ド・ショコラでは、
1箱ン千円、ン万円もするのがあって、しかもすぐ売り切れます。

雑誌には、先日上陸したばかりのブルガリやアルマーニといった、
ショコラ業界に進出した高級メゾンから、
メゾン・ド・ショコラ、ジャン=ポール・エヴァン、アンリ・ルルーなど
人気ショコラトリーの新作やバレンタイン用セットが掲載され、
うわ〜とため息。

お値段を見ると、4粒セットで5000円とか、
は〜〜〜ぁ?というものばかり(笑) 
でも、慣れって恐ろしいもので、
ずーっと見ていると「そんなものかな」と
思うようになってしまいます。

今日は渋谷に出かけたので、帰りにFoodshowで
オリジンーヌ・カカオのプラリネ2個と
マントン(オレンジピールにチョコをかけたモノ)2枚を買って1050円。

なぜチョコレート価格の許容範囲が、好きなショコラトリーではマヒしてしまうんだろう・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://matcandco.exblog.jp/tb/7917311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2008-01-10 08:00
ほんとですよーーー先日、ブルガリのをいただいてお値段聞いて驚愕!!
美味しいと思って食べないとーと違う感覚が先にきてしまってー。
普通のが美味しいと思ってしまうこの頃の私、、、やっぱり普通の人でした。笑
Commented by matc_tomo at 2008-01-10 23:52
yuricoさん
ブルガリをいただいたんですかーー。いいなぁ。
どんなお味だったのか、教えてくださいね。ブルガリじゃないくてもおいしいチョコレートが食べたいのですが、この時期いっぱいあるけど、買いに行くのも長蛇の列だったりするので、億劫になってしまいますよねー。いま家にあるのは、札幌で買ったロイズと、友だちからもらったチロルチョコの詰め合わせ。毎日が幸せです(笑)
by matc_tomo | 2008-01-09 01:44 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)