GW後半はシモキタでした

前半は大阪に行ってきて、後半はシモキタで過ごすという、偏りすぎなGWでした(笑)

その1
b0064461_19121736.jpg

TV-FREAK NIGHTのイベントを見にReGまで。SKA PUNK ZOMBIES、ニューロティカ、THE GELUGUGU、SKA FREAKSの内容で、前半トークショーで大笑いし、ライブも堪能。濃すぎる夜でした。

ラストは、出演者総出でロティカの「チョイスで会おうぜ」をやってくれて、スゴイことになりました! 爽快だったな〜☆

打ち上げは、近所のお魚中心の居酒屋さん。


その2
b0064461_1925574.jpg

子供ばんどのライブです。今度はGARDENへ。

12月の新宿でのライブはチケット持ってたけど、仕事の都合で行けず、ちょうど一年前のアルバム記念インストアライブ以来。

大合唱でスタートしたライブは、終始にこやかというか、爆笑と掛け声に満ちていて、本当にあっという間の2時間半! バンドの新キャラ、子供くんのお披露目もありました。アンコールが予定外の3回もやってくれるサービスっぷり。


その3
b0064461_19121760.jpg

カタルさんと次郎さんが中心のバンドspud主催のライブで、またもやReGに。対バンとして、JUN☆KOBAが出たのですが、ライブ中、ギターかアンプのトラブルがあって、なかなか見られないコバさんのドラムソロなんぞも。

spudは実は何度か見てるのだけど、本編ラスト曲がいつ聴いても気になっていたので、ついにCDを買いました(笑)

やっぱりnextは、好きな曲だ〜。

ReGに行く前に渋谷のタワレコへ寄って、アイボリックの2nd mini album「それでも僕は生きていく」をフラゲ。

このバンドは、曲がよくてオススメなのです。オマケのDVDが付いてたので、にっこり♪

こんな感じの後半でした(笑)





それでも僕は生きていく
アイボリック
馬虎レコード (2014-05-07)
売り上げランキング: 76,529

[PR]
by matc_tomo | 2014-05-08 18:55 | ├子供ばんど | Trackback | Comments(0)

2/2と2/3は子供ばんどのワンマンライブが京都・大阪でありました。
今年初遠征はこのライブを見に行ったのですが、まずはゴハン編から♪

b0064461_2321926.jpg

初日2/2は京都でランチ。どこにしよう・・・と合流したふたりと相談して決めたのがココ。
二条のはふうです。

12月に念願のカツサンドを食べたばかりだったので、ハヤシライスセットに。
とはいえ、さすがはふう。お肉がたんまり入っていて、しかもサラダとコーヒーまでついて1050円くらいのお値段。コスパよすぎ! ゴハンも多めだったかな? しっかり完食しましたけど、すんごくお腹がいっぱい。夜はお腹が空くのかなぁと心配になりそうなほど(笑)

その後、みんなでライブまでお茶して・・・とまったり過ごしました。

b0064461_2322214.jpg

2/3は心斎橋へ移動し、ランチを。何度か大阪に来ていても、ランチってそういえばあまり知らないかも・・・ということで、友だちがチョイスしてくれたのが、骨付鳥 一鶴。

ギャートルズじゃないけど、ドラクエ・ルイーダの酒場のギガンテスのこんぼうじゃないけど、鶏をかぶりつくんです! ひなどりを選んで、ランチセットというのがないので、おにぎりを追加しました(セルフセットみたいなカンジ?)。キャベツは鶏といっしょについてくるので、焼いたソースをつけながらパリパリと。

お肉は胡椒などが利いてスパイシー。そしてとっても柔らかくてジューシー。うま〜い☆
宅配もしてくれるそうですが、ここまで自宅で焼けるのかちょい心配(笑)
夜に訪れてもいいかも〜なお店です♪

心斎橋をちょこちょこ散策しつつ、Tigerに寄って買い物したりとライブの時間まで過ごして、
参戦前に寄ったのが、ココ。
b0064461_2323129.jpg

甲賀流。
この店は、子供ばんどチャンネル(KBC)でご当地クイズ(?)として紹介されて、食べてみたかったんです。関西ではおなじみのお店だと思うんだけど。

b0064461_2322898.jpg

店内でも食べられるみたいですが、テイクアウトして目の前の公園でパクパク。
みんな同じことをしているんですね〜。ゴミ箱の中が同じ器でいっぱいでしたw

中がトロトロ、フワフワのたこ焼きでした。
ひゃ〜〜。熱々でおいひ〜☆

ということで、グルメ編終了。
ちなみに両日とも夜は居酒屋でした♪


ザ・ベスト ~入門編~
ザ・ベスト ~入門編~
posted with amazlet at 13.03.14
子供ばんど
OCTAVE (2012-04-04)
売り上げランキング: 46,959

[PR]
by matc_tomo | 2013-03-14 21:17 | ├子供ばんど | Trackback | Comments(0)

夏のロックフェス中心にいまのところ活動している子供ばんど。銀座ヤマハで公開ゲネプロ(!?)以外にまだワンマンライブはしていません。そんな中、NHKの海外放送される音楽番組『J-MELO』で観客入りライブ収録があるという情報がっ! ダメもとで応募。数日後。な、なんと当選っ! スキップしながらいってきました(ウソ)

さて。このライブは、TAIBAN(対バン)なので4組のバンドが出演。それに渡辺香津美とCharのセッションという別放送日の収録も兼ねていたので、個人的にもウッキウキ。内容はオンエア(海外は8月放送らしく、日本では9月、10月と遠い・・・・)があるので、その収録での雑記。

このTAIBANは、OKAMOTO'S ソノダバンド Alice Nine 子供ばんどの4組(放送は2組ずつ)。総年齢がボンジョヴィとエアロスミスの間(by うじき)の子供ばんどが平均年齢を上げてますっ(笑) わたし自身も最近は全く開拓していないので、共演バンドはだれ?状態(笑) 観客には、それこそヤングな女のコたちばかりなので、すっごいことになってます。「子供ばんどって、子供のバンドかと思った」という声もチラホラ(笑)

OKAMOTO'Sっていうくらいだから、誰かが「おかもと」なんじゃね?とググったら、みんなが「おかもと」になってる!? えー、そんな〜(笑) バンドはひっさびさに聞いた縦揺れでございます。疾風感ありあり。これは個人的にもヒットかも。ドラムのコがとにかく見てるだけで面白い(笑) ボーカルは、がむしゃらに歌ってますが、ドラムのコ以外、ギターとベース(あるコメによるとダウンタウンの浜ちゃんの子息らしい)は冷静なんですよ。で、同行したRが気づいたことなんですが、1曲目の「恋をしようよ」。ルースターズの曲なんですけど、原曲のまんま。メンバーは原曲を知らないと思うんだけど。陣内孝則さんが監督した映画『ROCKERS』でも使われているので、そっちかな?

記念に原曲。



次。ソノダバンドは6人の大所帯。こちらはソノダさんがメンバーにちゃんといて、MCとかを担当しているようです。セッティングを見ていると、チェロが出てきた!? え? センターのコは、ヴァイオリンだよ。えええ? ってことで、インストのバンドなんですが、わたしの頭にある引き出しからたとえて言えば、さらにロックにしたクライズラー&カンパニーみたいなカンジ? 情熱大陸系?と思ったら、イベントにも出るみたいですね。踊れるインスト。


Alice Nineは、ビジュアル系バンド。観客の大半を占めていたのが、彼らのファンのコたちだったのですが、最近のビジュアル系ファンって、それっぽいファッションとかではないんですね。たとえばXジャパンのライブには、YoshikiやToshiがいっぱいという感じというのかなぁ。で、ビックリしたのが、振り付けがすごいんですよ。あれ、誰が振り付けるんだろう? パラパラとヲタダンスが混ざっているような。ちゃんと合ってるの! いや〜、凄かったねぇ。後ろから見ていると爽快感さえありました。

そして!
もうひとつのビジュアル系バンド(byやまとさん)の子供ばんどが登場です!「23年間活動していませんでした。キミたちが知らないのは当然。帰ったらお父さんに話してごらん。目の色が変わるかもよ」とJickの挨拶にニヤリ。23年ぶりといっても場数は伊達に踏んでませんっ。一気に小さなライブハウスにしちゃったよ。でも、さっきまで汗だくになりながら華麗な振りでノッていたコたちが、微動だにせず子供ばんどを聞いていたのには笑っちゃいました(座ったり、帰ろうとしないのはエライ)。踊ってね♪

対バンのいいところって、自分のテリトリーとは違うバンドやシンガーに出くわして、新しい発見ができることもあるのだけど、今回はまさにそれ。

楽しかった〜〜。収録ってことを忘れちゃったよ。

海外配信されることを確認したJickの最後の言葉にまたニヤリ。
To all my friends. We are still alive!
完全復活ですな☆


PS 対バン後は、渡辺香津美とCharのセッションにこそ〜りスタッフに混じっていたうじきが(笑)


↓23年ぶりの新曲☆ 奥田民生がプロデュースに参加〜♪
マンモスの唄 [DVD]
マンモスの唄 [DVD]
posted with amazlet at 11.07.21
子供ばんどオフィス (2011-08-08)
売り上げランキング: 1046

[PR]
by matc_tomo | 2011-07-21 18:30 | ├子供ばんど | Trackback | Comments(2)