カテゴリ:テレビと映画( 123 )

b0064461_16322394.jpg

菊地成孔さんのインタビューページを読もうと久々にCOOL STTRUTTIN'&co.のサイトを見たら、下に見慣れたキャラクターのバナーがあるじゃないですかっ! 10月になるとハロウィンなので、ジャックのグッズはディズニーを中心に多く出回る季節なのだけど。最近のジャックのグッズはどことなくデフォルメされて、カワイイカンジのデザインの商品が多くて好きじゃなかったのですが、COOL STTRUTTIN'&co.ならそれも見事にクリア。

「The Nightmare Before Christmas」(つまりジャック)をモチーフにしたCOOL STTRUTTIN'&co.らしいアイテムが限定で発売されているのです。COOL STTRUTTIN'&co.は、メンズというかスーツブランドゆえに、滅多にサイトを見ないので(だいぶ前に買ったソリマチアキラ氏のイラスト入りトートを買って以来!?)、発売後に知ったわたくし。慌ててお店に電話をすると、初回分がすでにソールドアウト。お取り寄せをしてもらうことになりました。よかった〜。

電話に出てくれた店員さんも、「うちはメンズなのですが女性の方が多くいらして・・・」とジャックの人気度にビックリしている様子です。そりゃそうだな。サイトではわかりづらいので、アイテムを聞いてみると、女性でも使えるハンカチやストールなどがあるようです。ただ、ストールはすでに完売だそうで、もしかしたら追加生産するかも、というくらいの状態。ストールのデザインが気になるなぁ。

お取り寄せしたのは、カフリンクスとラペルピンです。

わたしと同じにカフリンクスを買う女性が多いようですが、「どうするのですか?と聞くと『観賞用です』とおっしゃる方が多いみたいです」と店員さん。しか〜し! わたしはカフスシャツを持っているので、しっかり使います! てか、観賞用ってあまりなく、コレクターズアイテムでもフィギュア以外はガシガシ使うタイプなのですよ。あ、お皿は箱に入れて飾っているけど(笑) というか、レディスのカフスシャツってあまりないので、見つけるとすぐ買っちゃうくらい好きなシャツなんですよ。

ということで、早く入荷のお知らせがこないかな〜〜〜♪




[PR]
by matc_tomo | 2011-10-27 16:54 | テレビと映画 | Trackback | Comments(0)

Tちゃんから「これ見たい!」とメールが。Pan Amって航空会社じゃないかしら? と思ってググると、あら、ABCで9月25日から放送されるドラマ『Pan Am』だったのね〜!

最近は、Entertainment Weeklyも読まなくなったりして、ちょっぴり海外ドラマに疎くなりがちな今日この頃。CSなどで放送されるドラマも新作より、シリーズ化しているものを追いかけることが多くなってきたしなぁ。これはヤバイ・・・。

ということで、このPan Am。60年代〜80年代にパンアメリカン航空という名前で実際に飛んでいた会社なのですが、さすがに乗ったことがないんだなぁ。「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝戦@ニューヨークで、パンアメリカン航空の本社ビル屋上が舞台になっていましたが(挑戦者がヘリで降り立つとか、懐かしい)、いまはそのビルは、グラセンからもよく見える、メットビルになっています。

あ、また脱線しちゃった。

b0064461_2101127.jpg

ドラマは60年代にパンナムがボーイング707型でフライトを始めたころの、空の旅が特別だった時代をフィーチャーしているようです。映画『Catch me If you can』でも、レオがパイロットの扮していたのが、このパンナム(上の写真)。いろんな意味でいい時代のアメリカを象徴する会社ですね。会社ロゴを配したバッグなどの小物は、エアラインファンじゃなくとも持っていたオサレアイテムでしたけど、ドラマでもふんだんに登場するようです(当たり前か)。

予告編を見ると、クリスティーナ・リッチが出演しているようで、キャストへの期待もありますが、本当にワクワクしてきます。飛行機だからじゃなくて、60年代の華やかなアメリカの雰囲気バリバリ伝わってくるのです。エミー賞や日本でも話題になっている『MAD MEN』のヒットもあって、60年代の古き良きアメリカがフィーチャーされるようになったのでしょうか。

アメリカでは9月から放送されますが、Tちゃんの「見たい!」は、日本で、という意味なので、ググってみると、イマジカが始めるBSチャンネルの開局記念で放送が始まるようです。しかし、3月から! 海外ドラマの場合は、たいてい本国の本放送から半年から1年は遅れるので、しかたないかなぁ。iTunesアメリカでエピソードごとに買って見るか、いろいろ模索しそう。

もし、アメリカに9月25日以降に滞在する予定がある方は、日曜日夜10時(西海岸は9時)に見てください。

【予告編】


ちなみに、予告編の最後に流れる曲はシナトラの「Come fly with me」。映画『ハッピーフライト』の主題歌でもありました〜。
Come Fly With Me
Come Fly With Me
posted with amazlet at 11.09.01
Frank Sinatra
Capitol (1998-09-08)
売り上げランキング: 99541




キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]
ドリームワークス (2003-08-22)
売り上げランキング: 22062

[PR]
by matc_tomo | 2011-09-01 21:03 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

サラメシ@ NHK総合

b0064461_20132766.jpg

先々週から始まった「サラメシ」。サラリーマン(働く人)のランチをテーマにした番組です。ランチといっても、人の数だけバリエーション豊か。業種で左右されることもあれば、会社の社員食堂のありかたなど、いろんなランチを紹介してくれます。見ているだけで本当に楽しく、そして情報にもなり得る番組(ちょっこし大袈裟かな)。

そして、このナレーションをする中井貴一さんの飄々さというか、ユルイ感じがさらに楽しさを増幅させています。ただストーリーを追うのではなく、ときおり自分の感想なんかもいったりして、ご本人もノリノリで語っているような雰囲気。

先週は、google日本法人の社食を紹介。番組は違いますが、『サラリーマンNEO』のコーナー「世界の社食から」のようでもありますが、もう少し食い込んだ内容に。フィーチャーする社員さんを通じて社食のメニューの充実ぶり(しかも朝昼晩全部ただ!)や、googleらしさなのか、特徴的なランチタイムの過ごし方(別部署の人とグループをつくらせて交流をはかる)などを紹介。社食に常日頃憧れているので、なんともうらやましい!

また、小学校校長先生は、給食を「検食」(味見みたいなもの?)をひとりで食べていらっしゃいます。生徒たちとは給食の時間に食べられないそうですが、これも食事=仕事としての業務になるそう。給食が仕事になるんですねぇ。責任重大。

業種によってランチタイムの過ごし方は、ほんとうに多種多様。広告専門の小型飛行機のパイロットは狭い機内で簡単に済ませるランチだったり、食品の営業マンは自社がおろしている食品を使った弁当を、自分も好きらしく毎日のように食べている事情もあったり。

そうそう、全日空の機内誌「翼の王国」でのコラム「おべんとうの時間」の阿部 了さんも紹介していました! あのコラム、全日空の載ったときに読んでます。これも、その人のお仕事によってお弁当に意味があったりするんですよね。オススメ。

食事は生きる上で必要なことですが、人生の楽しみでもあります。そのウラ側に触れられる番組として楽しみにしています♪



おべんとうの時間
おべんとうの時間
posted with amazlet at 11.05.17
阿部 了(写真) 阿部 直美(文)
木楽舎
売り上げランキング: 455

[PR]
by matc_tomo | 2011-05-17 03:08 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)



震災直後から数週間は「ポポポポ〜ン!」とかACの広告がテレビを席巻していましたけど、ようやくテレビも通常モードでCMも普通になってます。そんな中でも、震災バージョンのCMもいくつか見られるようになりましたが、中でも秀逸なのはサントリーの「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」を、CMなどで契約している人たちがリレー形式で歌っていくもの。

サントリーのサイトを見ると、71人もいるのだとか。CMだけでなく、スポンサーとなっている番組の出演者などもいらっしゃるみたいですね。

公式サイトでも60秒、30秒のさまざまなバージョンが見られますが、一気に見られるyoutubeを発見。ありがたや〜。冒頭の2曲は、ちゃんと最後まで聞けるのがミソ。30秒だと途中で切れてしまうので「えええ〜っ」とつい歌っちゃったり(笑)

あまりに多いからだと思いますが、まだ参加されている方々を全て見ることができません。トミー・リー・ジョーンズさんは、どのパートに出てくるのか楽しみですけど。英語でスキヤキかなぁ。


深夜にグルグルと聞いていて、これも懐かしいと聞いちゃいました。



「見上げてごらん夜の星を」といえば、坂本九さんとデュエットした堅ちゃんバージョン。



オーケストラとのアレンジが素晴らしいまっきーのバージョン。
名曲って、やっぱりいいなぁ・・・。
[PR]
by matc_tomo | 2011-04-14 06:13 | テレビと映画 | Trackback | Comments(6)

大科学実験@NHK教育

b0064461_15452915.jpg

先日、会社で同僚たちと福島原発の窒素ガス対応や水漏れをどうやって防ぐか、という話をしていたときに、ふと「深夜放送のときの『鉄腕DASH!』みたい」と思ったんです。いまは日曜日のゴールデンタイムに放送していますが、『鉄腕DASH!』はもともと実験番組で、「人の声で紙が破れるか」とかそんなことをあの5人が、チャレンジしていたんです。いまでもソーラーカー日本一周とか、大きなスーパーボールをつくってどこまで飛ばせるか、など深夜番組とは違うちょっと大がかりな企画になってしまいましたが、基本は同じなんですよね。DASH村も地図に載せることができるのか、ということが始まった企画ですが、いまやメンバーの憩いの場のような感じになっています。

さて、前置きが長くなりましたが、そんな話をしていると、先輩からもっとスゴイ番組があるよ、と教えてくれたのがNHK教育の『大科学実験』。10分番組なんですけど、超まじめに、だけどわかりやすく科学の実験をしているんです。

先週は「音の速さを見てみよう」でした。音の速さを「見る」!? どうやって? と思うでしょ。それが超アナログ。数メートル間隔に旗を持った人を配置し、音が聞こえたら旗を上げる仕組み。100メートルごとに旗の色を変え、どこまで聞こえたかがわかるようになっています。しかし、それって・・・(大笑)。しかも、音は遠くになるにつれて聞こえなくなるので、音の種類も3回、シンバル、オペラ歌手、ビッグホーン(船の汽笛みたいなヤツ)を用意し、どこまで聞こえるかにもチャレンジ。最後に旗を上げた人の時間を計って計算をします(みんなが一斉に上げるようにちゃんと旗を上げる練習までします!)。

ときどき、前の人が旗を上げているのに後ろの人が旗を上げていなかったり、実験隊の衣装にみんなフードをかぶっているのですが、音がフードで邪魔されないのか?とツッコミどころが満載の実験。

で、(アナログながら)ちゃんと距離と時間を計算し(距離÷時間ですね)、実験した3回とも音の速さがほぼいっしょ、という結論を導きだしました! これは、まぢスゴイ!

そして、このアナログ感をさらに盛り上げるのが、細野晴臣氏のナレーション。「●●なんだよね」みたいにユル〜く語っているのがミソ。もう、ツボです♪

教育番組ではありますが、笑って見られる楽しい番組です。気づくのが遅かった・・・orz
先週から再放送中。もちろん、毎週録画予約をHDDに入れてます☆
[PR]
by matc_tomo | 2011-04-11 16:39 | テレビと映画 | Trackback | Comments(0)

b0064461_18475298.jpg

なんと! ジャッキー・チェンが芸能生活50周年なんだそうな。いまでこそハリウッドでもアクションスターとして大活躍しているジャッキーですが、やっぱり香港映画のほうがしっくりきます。80年代〜90年代の作品はどんぴしゃりというか、家族で楽しんでいましたよ。ジャッキー、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ、マギー・チャンのメンバーはガチで面白いです。

で、やってくれました!『大成龍祭 2011』
4月10日〜11月6日まで毎週日曜、夜上映(料金1000円)という長期間で主演作31作品をTOHOシネマズ六本木で上映してくれます。『ポリス・ストーリー』や『プロジェクトA』などのシリーズものから、『クレージーモンキー』などのカンフー系とバッチリ堪能できるラインナップ。詳細はこちらのサイトに。

しか〜し! リストをみると『ドランクモンキー 酔拳』と、泣かずにはいられない『ファーストミッション』がないのが残念だなー。

リストはこんな感じ↓ タイトルをクリックするとallcinemaの作品紹介です








I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔
ジャッキー チェン ジェフ ヤン
近代映画社
売り上げランキング: 102380

[PR]
by matc_tomo | 2011-03-03 19:42 | テレビと映画 | Trackback | Comments(0)

『インセプション』のパロディーから始まり、なぜかノミネートの『英国王のスピーチ』のナレーションがノミネートフッテージで使われて拍子抜けした今年の受賞式。ジェームズ・フランコの女装姿が見られただけヨシ! だったりして(笑) ビッグサプライズもなく、淡々と過ぎていったという印象しか残りませんでしたが、これから受賞作、ノミネート作がどんどん公開されていくので、楽しみにしてマス♪

赤字が受賞作です。

b0064461_2320717.jpg作品賞
・127時間
・インセプション
・Winter's Bone
・英国王のスピーチ
・キッズ・オールライト
・ソーシャル・ネットワーク
・ザ・ファイター
・ブラック・スワン
・トイ・ストーリー3
・トゥルー・グリット 


b0064461_2320717.jpg監督賞
・ダーレン・アロノフスキー(ブラック・スワン)5月公開予定
・ジョエル&イーサン・コーエン(トゥルー・グリット)3月18日公開
・デビッド・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)公開中
・トム・フーパー(英国王のスピーチ)2月26日公開
・デビッド・O・ラッセル(ザ・ファイター)3月26日公開


b0064461_2320717.jpg主演男優賞
・ハビエル・バルデム(Biutiful ビューティフル)6月公開予定
・ジェフ・ブリッジス(トゥルー・グリット)※2年連続ノミネート
・ジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャル・ネットワーク)
・コリン・ファース(英国王のスピーチ)
・ジェームズ・フランコ(127時間)6月公開予定



b0064461_23195283.jpg主演女優賞
・アネット・ベニング(キッズ・オールライト)
・ニコール・キッドマン(Rabbit Hole)
・ジェニファー・ローレンス(Winter's Bone)
・ナタリー・ポートマン(ブラック・スワン)
・ミシェル・ウィリアムズ(ブルーバレンタイン)4月23日公開



b0064461_23194788.jpg助演男優賞
・クリスチャン・ベール(ザ・ファイター)
・ジョン・ホークス(Winter's Bone)
・ジェレミー・レナー(ザ・タウン)2月5日公開
・マーク・ラファロ(キッズ・オールライト)4月29日公開
・ジェフリー・ラッシュ(英国王のスピーチ)



b0064461_23194788.jpg助演女優賞
・エイミー・アダムス(ザ・ファイター)
・ヘレナ・ボナム=カーター(英国王のスピーチ)
・メリッサ・レオ(ザ・ファイター)
・ヘイリー・スタインフェルド(トゥルー・グリット)
・ジャッキー・ウィーバー(Animal Kingdom)



b0064461_23195042.jpgアニメ部門作品賞
・イリュージョニスト 春公開予定
・トイ・ストーリー3
・ヒックとドラゴン



b0064461_2320717.jpgオリジナル脚本賞
・Another Year=マイク・リー
・ザ・ファイター=スコット・シルバー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン
・インセプション=クリストファー・ノーラン
・キッズ・オールライト=リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバーグ
・英国王のスピーチ=デビッド・サイドラー



b0064461_23193888.jpg脚色賞
・127時間=ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ
・ソーシャル・ネットワーク=アーロン・ソーキン
・トイ・ストーリー3=マイケル・アーント
・トゥルー・グリット=ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
・Winter's Bone=デブラ・グラニク、アン・ロッセリーニ




トイ・ストーリー3 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-12-01)
売り上げランキング: 167

[PR]
by matc_tomo | 2011-03-01 23:26 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

b0064461_19314755.jpg

ついにアメリカでの公開日が決まった『SCREAM 4』の新しいポスターがお目見えしたのでアップ。キャストは前シリーズの生き残り(笑)、ネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス、デビッド・アークエット(夫婦仲は大丈夫なのか?)が登場します。監督も引き続き、ウェス・クレイブン。脚本は、『The Vampire Diaries』のケビン・ウィリアムソン。どうやらスタジオ側が彼を呼んできたみたいです。

いまやハロウィン衣装の定番となった「ゴーストフェイス」が、10年ぶり(!)にカムバック。「New Decade. New Rules.」というキャッチコピー、いったいどんなことが起こるのでしょ。Entertainment Weeklyにウェス・クレイブンのインタビューが載っていたので読むのが楽しみ。パラッと読んでみると、生き残り3人の登場シーンも多くなりようで、さらに子供が登場!? えええっ

この10年でホラー映画もだいぶ変化してきたから、新しいルールが出てきてもおかしくはないけど、心理的に怖さジワジワ系が増えてきたので、見てこなかったんだよなぁ。はぁ。『ソウ』なんてムリです(涙) そのヘンが出てきたらどうしよう・・・。

ちなみに、オープニングでカップルが殺されるのかという質問に「That's a strong possibility.[Laughs]」だって(英語の文でも(笑)があるんだねぇ)。定番上等!?

アメリカでは4月15日から公開です。いいな〜ぁ。



スクリーム [DVD]
スクリーム [DVD]
posted with amazlet at 11.02.02
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 53342


スクリーム2 [DVD]
スクリーム2 [DVD]
posted with amazlet at 11.02.02
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 66486


スクリーム3 DTSスペシャルエディション [DVD]
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 61890

[PR]
by matc_tomo | 2011-02-02 19:37 | テレビと映画 | Trackback | Comments(0)

昨夜のアジアカップ準決勝、日本vs韓国戦のさなかにLAで発表された第83回アカデミー賞ノミネート。受賞式は2月27日(日本時間28日)。司会はアン・ハサウェイとジェームズ・フランコなのですが、どんなことになるんでしょうか。

やはり、各映画賞でも高く評価されていた『英国王のスピーチ』が最多の12部門にノミネートになりました。次点は『ソーシャル・ネットワーク』(公開中)。以下、主要部門のリストです。『ザ・ファイター』は主演(マーク・ウォールバーグ)以外の主要キャストがノミネートなんですけど、いいのかなぁ。


作品賞
・127時間
・インセプション
・Winter's Bone
・英国王のスピーチ
・キッズ・オールライト
・ソーシャル・ネットワーク
・ザ・ファイター
・ブラック・スワン
・トイ・ストーリー3
・トゥルー・グリット 

監督賞
・ダーレン・アロノフスキー(ブラック・スワン)5月公開予定
・ジョエル&イーサン・コーエン(トゥルー・グリット)3月18日公開
・デビッド・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)公開中
・トム・フーパー(英国王のスピーチ)2月26日公開
・デビッド・O・ラッセル(ザ・ファイター)3月26日公開

主演男優賞
・ハビエル・バルデム(Biutiful ビューティフル)6月公開予定
・ジェフ・ブリッジス(トゥルー・グリット)※2年連続ノミネート
・ジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャル・ネットワーク)
・コリン・ファース(英国王のスピーチ) ※2年連続ノミネート
・ジェームズ・フランコ(127時間)6月公開予定

主演女優賞
・アネット・ベニング(キッズ・オールライト)
・ニコール・キッドマン(Rabbit Hole)
・ジェニファー・ローレンス(Winter's Bone)
・ナタリー・ポートマン(ブラック・スワン)
・ミシェル・ウィリアムズ(ブルーバレンタイン)4月23日公開

助演男優賞
・クリスチャン・ベール(ザ・ファイター)
・ジョン・ホークス(Winter's Bone)
・ジェレミー・レナー(ザ・タウン)2月5日公開
・マーク・ラファロ(キッズ・オールライト)4月29日公開
・ジェフリー・ラッシュ(英国王のスピーチ)

助演女優賞
・エイミー・アダムス(ザ・ファイター)
・ヘレナ・ボナム=カーター(英国王のスピーチ)
・メリッサ・レオ(ザ・ファイター)
・ヘイリー・スタインフェルド(トゥルー・グリット)
・ジャッキー・ウィーバー(Animal Kingdom)

アニメ部門作品賞
・イリュージョニスト 春公開予定
・トイ・ストーリー3
・ヒックとドラゴン

オリジナル脚本賞
・Another Year=マイク・リー
・ザ・ファイター=スコット・シルバー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン
・インセプション=クリストファー・ノーラン
・キッズ・オールライト=リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバーグ
・英国王のスピーチ=デビッド・サイドラー

脚色賞
・127時間=ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ
・ソーシャル・ネットワーク=アーロン・ソーキン
・トイ・ストーリー3=マイケル・アーント
・トゥルー・グリット=ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
・Winter's Bone=デブラ・グラニク、アン・ロッセリーニ



インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-12-07)
売り上げランキング: 97

[PR]
by matc_tomo | 2011-01-26 16:00 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

2012年11月9日公開(遠すぎるっ!)を目標に製作がスタートしたという『007』シリーズ。第23弾となる新作は、前回同様にダニエル・クレイグがボンドを演じることで落ち着いたようです。そして、監督には『アメリカン・ビューティー』などの、ゴシップ的にはケイト・ウィンスレットの元ダンナさんとしても有名なサム・メンデス。ここ最近、「ボンドの監督になるのでは?」というウワサが流れていましたが、どうやら正式に決まったみたいです。

しかし、ソースネタがPLAYBILL.COMなのは?と思ったけれど、サム・メンデス監督は元々舞台の人だからでしょうか。以下、記事のコピー

Academy Award-winning director Sam Mendes ("American Beauty," Cabaret) has signed on to helm the next installment of the James Bond film franchise, which will welcome back Daniel Craig as 007.

According to Variety, Michael G. Wilson and Barbara Broccoli, who also produced A Steady Rain with Craig on Broadway, will return to produce the Bond film, which has enlisted MGM's Gary Barber and Roger Birnbaum to the producing team.

The Bond film, which marks the 23rd picture in the franchise, is targeting a Nov. 9, 2012, arrival in theatres. Production will begin later this year; 2012 marks the 50th anniversary of the iconic spy films.

"Casino Royale" and "Quantum of Solace" writers Neal Purvis and Robert Wade have teamed with Tony Award-winning Red playwright John Logan on the screenplay for the upcoming film.


b0064461_189169.jpgMGM倒産などで制作スケジュールが頓挫していましたが、プロダクションがスタートしたようでなにより。なんといっても50周年記念ですからね♪

写真は、2009年に『A Steady Rain』でブロードウェーデビューしたときのダニエルさん。その舞台のプロデューサーがボンド映画でもプロデュースをするそうで、再タッグとなります。

懐かしいなぁ、あれからもう2年・・・・





007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-06-26)
売り上げランキング: 7745

[PR]
by matc_tomo | 2011-01-12 15:39 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)