岩盤浴デビューとなったSちゃんとお出かけとなりました。お天気もよくドライブ日和ではあるのだけど、町田まで1時間半(!)。行く前から凹みます(涙)。

帰りにご飯を食べよーといくことで、三軒茶屋にある「東京餃子樓」へ。焼き餃子とご飯(スープつき)、もやしとキュウリをオーダー。

餃子がとってもジューシーで、肉汁がジワッとしみ込んでいきます。あー、うまい。岩盤浴で汗をかいたし、お腹もすいていたいので、無言でバクバク。人気なのがわかります♪

次に私たちは、学芸大学駅近くにあるホテル、CLASKAにあるラウンジ「The Lobby」へお茶しにいきました。ホテルに併設されているトリミングサロン「DogMan」にSちゃんのお友達がいるというので、会いに行くのも目的のひとつです。

うちにはネコがいますが、トリミングとは無縁なので、ラウンジのオススメのデザートなんぞをパクつきながら、いろいろと聞いちゃいました。お店はトリミング界(?)ではとても有名だそうで、名古屋などから遠路はるばる月に一度訪れる常連さんがいらっしゃるとか。人間とは別世界ですね。

が、ワンちゃんも大変だと思いますが、オーナーさんもだいぶお疲れのご様子。1匹に4〜5時間掛かってしまう上、立ちっぱなしなので重労働なんですね。

「The Lobby」は、ホテルのラウンジでも居心地のいいカフェっぽく感じるところで、中には「DogMan」の待ち合わせに使っている方も。ワンちゃんがさりげなくお昼寝していたりして、おもしろい空間でした。雰囲気はニューヨークのブティックホテルなどにあるラウンジっぽいです。しかも夜にはDJがセンスのいい曲をさりげなく流して、居心地もよかったですね。デザートもオススメですよ♪

あ、そうそう。今日、珍しくいろんな芸能人に遭遇。こんなに会ったのは初めてかも。1:寺崎貴司テレビ朝日アナ 2:ロケ中の薬師寺保栄 3:渋谷駅交差点で神田うのちゃん(ピンクの毛皮のショートコートがかわいかったです)
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-30 21:26 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)

銀座ランチクルーズ

久々に食べ歩き同盟(勝手に命名)の友達と銀座へランチに行きました。

ランチは、銀座7丁目にある日本料理店「古窯(こよう)」。目的は評判のビーフシチューです♪ あまりにお腹空いていたので、写真を撮るのを忘れましたので、文字だけで。

ご飯とおみそ汁、お新香、サラダがついている基本セットをオーダー。グツグツと鍋に入ったビーフシチューがやってきます。ついてくる焼麩を自分で入れると、タップリと濃厚なデミグラスソースを楽しむことができます。ビーフシチューは、程良く砕けるビーフも美味しく、和食のお店なのに評判というのがわかります。

お隣に座っていた年配の男性は常連さんのようで、座ると板さんが「いつものですか?」と確認し、サササッとおなじみメニューをしたくしていました。11時半すぎにいったのですが、すでに満席に近い状態だったので、常連さんも多いのでしょう。今度は焼き魚定食などもチャレンジしてみたいです♪

b0064461_1392795.jpgお腹もいっぱいになった私たちは、出来たばかりのショコラトリー「DEL REY」へ。店内はジュエリーショップのような佇まいで、プラリネ(ボンボン)もそんなカンジでディスプレーされています。う〜ん。なんか奇をてらいすぎって感じてしまったのですが、いかがでしょう。

よく見かけるプラリネよりも大きめでウレシイのだけど、売り切れのものも多くガッカリ。バレンタインに向けて徐々に品物も入荷されるようですが…。肝心なお味ですが、甘さとプラリネのバランスが私好みの味でした。

b0064461_1591339.jpg三越2階でお茶をして、帰りにバレンタインフェアのイベントブースにある「オリジンーヌ・カカオ」で、好きなチョココーティングされたオレンジコンフィのマントンと、砕いたクッキーが入っているクロカンをゲット。チョコ三昧の銀座クルーズになりました♪

バレンタインまで2週間以上あるのですが、最近はイベントが早めに始まるので、チョコ好きとしてはウレシイです。混み合わないうちに、伊勢丹にもいかないと…。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-29 02:04 | おいしい日々 | Trackback(1) | Comments(2)

ラジー賞もお忘れなく

ふたたび映画賞ネタです。
アカデミー賞といえば忘れてならないのが、逆アカデミー賞、ラズベリー賞(通称ラジー賞)があります。毎年、協会員(一般も可)が選ぶワースト作品を選出するもので、すっかりニュースでも発表されるほどメジャーな賞になりました♪ 今年もアカデミー賞前日にノミネート発表、授賞式が行われます。

b0064461_128018.jpg最多ノミネートは『キャットウーマン』の7部門、続いて『アレキサンダー』6部門となっています。作品賞、主演女優賞の『キャットウーマン』のハル・ベリーは、アカデミー賞女優として大ブレークしておりますが、これはアメコミ好きアメリカ人でもいただけなかったということでしょうか。

『アレキサンダー』は、常連アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、コリン・フェレルが仲良くノミネート。ついでにオリバー・ストーン監督も。

ラジー賞には、シャロン・ストーンやブルース・ウィリス、マドンナらが常連としていつもどんなに頑張っていてもノミネートされちゃう。今年は、彼らは名を潜め(S・ストーンだけはワースト・カップル賞でノミネート)、新星が誕生しつつある。それは、ヒラリー・ダフとオルセン姉妹です。注目度大です。

b0064461_202652.jpgベン&ジェニファーは昨年、制覇に近い状態だった『ジリ』で賑わしました。が、これに懲りず、またもや『世界で一番パパが好き!(原題:Jersey Girl)』でノミネートされています。『ジリ』の失敗でポスターにも登場しなかったのに。あ〜。

ラジー賞独特のカテゴリーにワースト・カップル賞というのがあり、『世界で一番パパが好き!』のベン&ジェニファーを筆頭に、『華氏911』のブッシュ大統領とライス補佐官、またはペット(笑)、オルセン姉妹などが選ばれています。

b0064461_2112772.jpgラジー賞のニオイがプンプン(笑)するブッシュ大統領はノミネートされたのに、意外やマイケル・ムーア監督は選ばれていません。そのあたりのラジーらしい駆け引きが笑えるのだけど、いかがかしら。

また、今年は25年目を迎えたこともあり、かわいく特別編の「25年間の最悪賞」が作られています。惜しくも受賞を逃した(?)ルーザー賞として、キム・ベイシンガー(6回)、アンジェリーナ・ジョリー(7回)、ライアン・オニール(6回)、キアヌ・リーブス(7回)、アーノルド・シュワルツェネッガー(8回)がエントリー。今年こそゲットできるのでしょかね。こちらも楽しみですな。

発表は2月26日。テレビ中継はないので、公式サイトで確認しましょう。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-28 02:29 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

映画の祭典の真打ち、アカデミー賞のノミネートが発表されました♪

b0064461_243849.jpg最多ノミネートは11部門の『アビエイター』(3月下旬公開予定)。作品賞、監督賞、脚本賞の主要部門に加え、レオが念願の主演男優賞にノミネートされました。ハリウッドの外国人記者クラブが選ぶゴールデングローブ賞では見事に受賞しましたが、アカデミー賞は協会員、つまり仲間たちが選ぶ賞なので、その行方も気になるところ。まだ見ていないけれど、すこぶる評判はよいみたいなので、楽しみですな。


b0064461_2464646.jpgおもしろいのは、ジェイミー・フォックス。彼は『Ray/レイ』(1月29日公開)で主演男優賞に、『コラテラル』で助演男優賞にWノミネートという快挙をしでかしました。どちらかを受賞するのか、はたまた両方獲るのか、レオと一騎打ちというカンジがします。

それにしても、『コラテラル』で殺し屋を演じてイメチェンしたトムくんはノミネートされず。しかもこの作品でジェイミー・フォックスの評判がグングン上がったことを考えると、やっぱり悔しいと思っているのかしら。トムくんって、共演者がどんどん出世するので、ラッキーボーイってことかしらね(去年は渡辺謙さん)。

b0064461_2595782.jpg伏兵として楽しみにしているのが、作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞にノミネートされている『サイドウェイ』(3月5日公開予定)。なぜ伏兵なのかというと、アレクサンダー・ペイン監督は、『ハイスク-ル白書 優等生ギャルに気をつけろ!』(脚色賞でノミネート経験あり)と『アバウト・シュミット』(J・ニコルソンが主演男優賞ノミネート)で、人間くさいコメディー、ドラマ造りが上手いなぁと思っていた人だから。どこかの部門で獲得してほしいと思います。

授賞式は2月27日(日本時間28日)。朝早起きをして、テレビにかじりつこっと。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-27 03:07 | テレビと映画 | Trackback(3) | Comments(0)

アメックスのCM

昨年の暮れに見たふたつのCMはニューヨークが舞台になっていた。

ひとつはニコール・キッドマンの「シャネル」のCM(12月11日参照)。そして、もうひとつがAmexのデ・ニーロだった。

バズ・ラーマンが監督した「シャネル」は、幻想的で華やかなイメージのニューヨークだったのに対し、デ・ニーロは、キャッチコピーにmy lifeというだけあって、現実的で、生活感のあるニューヨークを映し出している。

デ・ニーロが生まれ育った街、悲しいことが起きた街、希望がある街であるニューヨークを、盟友スコセッシ監督が綴っていく。ふたりともニューヨークで育ち、街を愛しているからこそ浮かび上がらせることができる映像で、ショートフィルムを見ているかのよう。

先日、全豪テニスをWOWOWで見ていたら、アンディ・ロディック版を放送していた。トロフィーと一緒に飛行機に乗り込んだ彼が、トロフィーを置く場所に苦労し、最終的にはトロフィーのためにAmexでもう一席分のチケットを買うというもの(笑い)。なかなかシャレがいい、CMだった。

デ・ニーロや、エレン・デシュネレスらが出演したCMがWEB上で見られます。WMP、QuickTime、Real Playerに対応と、良心的(笑い)。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-26 01:52 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

b0064461_1561655.jpgお友達の誕生日のお祝いを兼ねて、赤坂の「スーパーダイニング ジパング Byなだ万」へ行きました。

エントランスに入ると、まずワインボトルを重ねた壁に「ホントに和食の店?」とオサレさにびっくり。そしてLAにあるようなジャパニーズレストランのようなレイアウトに、これまたビックリ。通された席は窓側で、今日は空気がきれいなのか、新宿の高層ビルの夜景が美しく見えました♪

お料理は、「本日の魚」からのお刺身の盛り合わせや、有機野菜の温サラダ、百合根シチュー万頭、寄席豆腐などをチョイス。さすがになだ万の冠があるだけに、どれも美味し〜い! お刺身は、鮪の赤身でもトロけます♪ 寒鰤なども脂がのっていて、申し分なしです。湯葉もうまいなぁ〜(表現が乏しくて情けない…)。

温サラダは、蒸籠で蒸されたキャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャなどを塩でいただきます。野菜の甘さに、塩を足すことでさらに甘い。野菜不足にももってこいってカンジ(笑い)。

締めに、鯛茶とミニ天丼をいただきましたが、ゴマだれの鯛が、もう最高! 天丼も程良いタレとかき揚げが、やっぱり美味でした。

久々に、優しくておいしい日本料理が堪能できました。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-21 02:14 | おいしい日々 | Trackback | Comments(0)

GO! GO! たかお

全豪3日目。
ナイトセッションで行われた男子2回戦、フェデラーvs鈴木貴男の試合は、とても見応えのある試合だった。

ランキング1位vs212位。王者の胸を借りるという立場の鈴木。試合前のインタビューで「自分のプレーができるようにしたい」といっていたけれど、普通、格上の相手との試合では、相手のペースでタンタンと試合が運ばれていくのが常。今回も、あのフェデラー相手では…と思いきや、有言実行のプレーを出だしから見せてくれた。

第1セットの第5ゲームめ。なんと鈴木がブレーク! 初対戦とはいっても、それなりにリサーチもしてきたであろうフェデラーが、ボールを見送ってしまうのだよ。これで、ロッド・レイバーアリーナの観客も味方になったラッキーボーイ、鈴木。

さすがに王者フェデラーも、決めるところではゲームをキープするし、一筋縄にはいかない。が、続く第6ゲーム。鈴木のサービスゲームでは、結局フェデラーがブレークバックしたものの、珍しく「カモ〜ン!!」と、ヒューイットばりの大声を出した。あの、フェデラーが。

昨年のグランドスラムでも無敵だったフェデラー。いつだったか、決勝戦まですべてストレートで勝ってきた彼は、どんな展開のゲームでも表情をあまり変えないアイスマン。その彼が、試合が進むにつれ、苦笑いをし、ストロークの確認をし、声をあげる。鈴木のプレーが、精神的にも追いつめていったのだ。

第2セット後半から、観客から「ゴー!タカオ!」と声が目立つようになっていた。結局ストレートで試合は終わってしまったけれど、1ゲームの内容が濃く、充実した試合を見せてくれた。

試合後、四方に頭を下げて挨拶した鈴木貴男。温かい拍手で見送られた彼の、次の試合が早くみたいな。

スコアは、6−3、6−4、6−4
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-19 22:11 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)

全豪1日目

全豪の季節。いつになったら、現地で見られるのかなぁとブツブツいいながら、テレビ観戦の14日間が始まりました。

さて、日本人選手の試合のときは、必ずと放送するWOWOW。今日は、杉山−スーハ戦を鑑賞。メキメキとランクを上げ、前よりは安定した試合を見せるようになった杉山だったけれど、ここへ来て逆転負け。く〜。

「ペースが取れなかった」という本人。第1セットで2ブレーク先行だったのに逆転負けとは、これいかに。

一方、粘りの浅越が定着している彼女は、シード28(!)がついての出場♪ パチパチ。で、全豪で初勝利しました。オ〜!

そしてもうひとり。男子の鈴木貴男。修造松岡以来の2回戦進出になったとか。2回戦は、フェデラーとあたるのだけど、ガンバってほしいです。ラブスコアにならないようにと、それだけを願うぞ。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-18 01:38 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

『スタスキー&ハッチ』

b0064461_1552060.jpg往年の大ヒット刑事ドラマ『スタスキー&ハッチ』が、ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンでリメークされました。昨年のことですが。昨年のアカデミー賞授賞式でもその姿でプレゼンターで登場したのを、覚えていらっしゃいますか?

そのスタハチ。日本ではビデオスルー(未公開ということです)で4月に発売されることになりました(涙)。

全米でのベン・スティラーの人気度はけっこうあって、現在全米公開中の『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編が1位になるほどなのに、なぜか日本ではイマイチ。彼が主演した近作はことごとく未公開に終わってしまいます…。これもそのひとつなんですよね。かろうじて『ドッジボール』はもうすぐ公開♪

日本だってコメディー映画は多くあるのに、なんで人気ないんだろう? 食わず嫌いの人が多いのかなぁ。残念。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-13 02:05 | テレビと映画 | Trackback(1) | Comments(4)

買っちゃうかも♪

b0064461_16375971.jpg今日届いたmacからのダイレクトメールに、i Pod Shuffleとmac miniの発売ニュースがありました。

兼ねてからi Podを買おうか悩んでいた私には、ちょうどよいかも♪ と購入を検討。i Podを使っている同僚からも「可愛いし、軽いからいいのでは」とアドバイスされ、本格的に買いモードに。お値段も1GB(240曲)で16,980円。普段聴く音楽の数もそんなにないし、シャッフルモードでいつも聴けるわけだから、通勤も楽しくなりそう。

学生時代はいつもウォークマンが欠かせなかったのに、いつのまにか遠ざかってしまったので、再び愛用できるツールができた気分です。
[PR]
by matc_tomo | 2005-01-12 16:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)