恒例新年会

b0064461_23321377.jpg元会社の同僚でもある友だち7人で、毎年恒例となった新年会をしてきました。いつもは誰かの自宅に押しかけて(笑)、いろんな鍋を囲んでいましたが、今年は、新大久保にある韓国料理梁の家です。

つもりにつもった話をしたりしながら、面白い時間が過ぎていきます。お料理は、キムチなど数種類のお通しから、ユッケ、レバ刺し、海鮮チヂミなど定番メニューをオーダー。「鶏カルビ」は、から〜いけど、後引くおいしいお鍋♪ 後からご飯を追加して、タレを満喫です!

トッボギとか、追加オーダーしつつ、最後は「サムゲタン」!

コラーゲンたっぷりだし、栄養もあるので、体にもいいんです! グラグラしている鍋を一生懸命激写に努めましたが、イマイチだな〜。ガッカリ。自分で塩味をつけて、スープをじっくり味わいました。

人気のお店なので、2時間きっかりで終了。

新大久保の同じ通りにある、タイ料理店で2次会開始!(店名・失念)

梁の家でだいぶ食べたのに、まだまだオーダーをするわたしたち!(驚)デザートもしっかりといただきました♪ 写真がないけど(笑)

3次会は・・・mちゃんとrちゃんは、何時まで飲んだのでしょう(笑)
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-28 23:47 | おいしい日々 | Trackback | Comments(4)

ガイドブックでお勉強

b0064461_23522514.jpgゴールデンウィークにどこかへ行きたいな〜と、書店の「旅行」コーナーをうろちょろ。ニューヨークへは行きたいけれど、ホテル代の高騰に閉口気味(笑)。今まで150ドル程度で宿泊できたホテルでさえ、200ドル超という強気レートですからね。いやになっちゃう(涙)。

ヨーロッパとか、アジアとか、まだ「ココ!」という目的地が浮かばず、書籍棚をぼーっと眺めていると(やはり1年のブランクは長い!)、「ボルドー ワインの宝庫を訪ねて」という本を見つけました。ボルドーの観光案内というよりは、代表的なシャトー紹介に重きを置いたもので、どちらかといえばボルドーワインのカタログのようなもの。ボルドーの地域ごとになっているので、わかりやすい。当たり前ですけど(笑)。

フランスワインって、格付けとか、地域、畑の名前とか、なんか覚えることがいっぱいであんまり好きじゃないんです(笑)。しかも、地域で格付けの仕方が同じじゃないから、どうも、頭の中がすっきりしません。でも、相手を知らずして「嫌い」というのも、ヘンかな〜と、最近思うようになってきたので、多少の知識は覚えようかと思っていたところに、この本が出てきたのです。ワイン教本みたいなヤツだと、余計にわからなくなりそうだから、よかったのかも(笑)。シャトー名は覚えなくても、地域名を知っていれば、なんとかなりそうでしょ。

格付けがいいとか、有名なシャトーだとワインもいいけれど、手ごろでおいしいワインを知ることができたら、ラッキーでしょと楽天的な考えもあります。そんなことも、このガイドブックなら見つけられそうです。ホホホ。

旅行ガイドブックなので、多少の街ガイドや、レストランも紹介されていますが、これをもって、街をぶらつく・・・というのは、ちょっと難しいかも(汗)。
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-26 00:20 | これ読んだ | Trackback | Comments(4)

アカデミー賞ノミネート

アカデミー賞のノミネートが発表されました。
昨日、今日のワイドショーやニュースでは、助演女優賞候補の菊地凛子さんの
インタビューが放送されていましたね。映画はスッピンだったし、高校生役なので、
インタビュー姿の彼女とのギャップにちょっと驚きです。

『バベル』での菊地さんは、圧倒的な存在感をもっていました。
ブラピたちのモロッコ、同じく助演女優賞候補アドリアナ・バラッザのメキシコと
共演者たちとの絡みはないのですが、スゴイです。

公開前の作品もいくつかあるので、どの作品がいいとかは考えられませんが、
見たい作品も多いです。レオナルド・ディカプリオや、スコセッシ監督が
悲願達成となるかも注目したいところです。

ちなみに授賞式は、日本時間2月26日午前9時ごろから放送がありますね。
いまから、楽しみ♪

■作品賞[Best Picture]

『Babel/バベル』
『The Departed/ディパーテッド』
『Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙』
『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
『The Queen/クイーン』

■主演男優賞[Actor in a leading role]

レオナルド・ディカプリオ『Blood Diamond/ブラッド・ダイヤモンド』
ライアン・ゴズリング『Half-Nelson』
ピーター・オトゥール『Venus』
ウィル・スミス『The Pursuit of Happyness/幸せのちから』
フォレスト・ウィテカー
『The Last King of Scotland/ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド』

■主演女優賞[Actress in a leading role]

ペネロペ・クルス『Volver/ボルベール 帰郷』
ジュディ・デンチ『Notes on a Scandal』
ヘレン・ミレン『The Queen/クイーン』
メリル・ストリープ『The Devil Wears Prada/プラダを着た悪魔』
ケイト・ウィンスレット『Little Children/リトル・チルドレン』

■助演男優賞[Actor in a supporting role]

アラン・アーキン『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
ジャッキー・アール・ヘイリー『Little Children/リトル・チルドレン』
ジャイモン・ハンスゥ『Blood Diamond/ブラッド・ダイヤモンド』
エディ・マーフィ『Dreamgirls/ドリームガールズ』
マーク・ウォルバーグ『The Departed/ディパーテッド』

■助演女優賞[Actress in a supporting role]

アドリアナ・バラッザ『Babel/バベル』
ケイト・ブランシェット『Notes on a Scandal』
アビゲイル・ブレスリン『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
ジェニファー・ハドソン『Dreamgirls/ドリームガールズ』
菊地凛子『Babel/バベル』

■監督賞[Directing]

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ『Babel/バベル』
マーティン・スコセッシ『The Departed/ディパーテッド』
クリント・イーストウッド『Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙』
スティーブン・フリアーズ『The Queen/クイーン』
ポール・グリーングラス『United 93/ユナイテッド93』
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-25 15:50 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

かわいいカード♪

b0064461_16398.jpg六本木ヒルズの地下にあるカードショップ(といっても、ベンダーのような店構え)で見つけたポストカード。

サカモト・リョウさんという、イラストレーターによるものです。サカモト・リョウさんはよく知らないのですが、カードについているサカモトさんの紹介文には、「ココちゃん」のキャラクターが人気となり、全国でグッズ展開・・・とあります。へ〜〜。

このポストカードは新作らしく、お店では、「先行発売」と書かれていました。バースデーカードとか、メッセージカードも数種類あるのですが、シンプルなものをチョイス。でも、こんなに(笑)。たまには、こんなカードでお手紙を出すのもいいかな〜と思って。

さて、何を書きましょう(笑)
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-23 01:22 | お買い物 | Trackback | Comments(0)

b0064461_0475559.jpg仕事で渋谷に出かけることがあったので、ディーン&デルーカに寄り道。

そこで、甘めなパンをゲット。ひとつは写真を撮る前に食べてしまったのですが、チョコレートがかかったプレッツェル。

写真の右側は、メープル味のクイニーアマン。スタッフの方に取ってもらうほうの陳列棚にもクイニーアマンがあって、そちらにしようかと思っていたところに、このメープル味のを発見したので、こちらをチョイス。メープル味は好きなんで(笑)。

支払いをしようとしたときに、レジ横にあったプレッツェル・クロワッサンを見つけて追加(左)。バターの香りはちゃんとしますが、表面がちょっと堅めで、しかもプレッツェル特有の粗塩がまぶしてあります。クロワッサンでも、ちょっと新鮮な感動♪ コレもメゾンカイザーなのかな〜、チェックするのを忘れました(涙)。おいしいので、また、食べたいぞーーー!
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-18 00:54 | パン紀行 | Trackback | Comments(2)

ということで、アーキテクトカフェ汐留でのお食事♪
ちなみにカフェは、こんな素敵な場所にあります。
b0064461_1245372.jpg
イタリア広場というところで、まだ開発途上の工事がいっぱい。土曜日の夜だったので、人もまばらですが、お店やレストラン、それとJRAまであるので、お昼頃はにぎわっているのでしょう。イタリア広場というだけだって、ヨーロッパのような建築様式の建物になっています。

b0064461_1264196.jpgテーブルには小皿もあって、フォワグラのパテと、酢豚のような濃厚な味噌味のものが(メニューわからず・・・)。で、この前菜からスタート。鯛のカルパッチョ、モッツァレラとトマト、生ハムとメロン、カポナータ。

最初は乾杯だったので、白ワイン(たぶんシャルドネ)とともに、いただきました。
b0064461_1303967.jpg
メインは、地鶏のグリル。ゆず胡椒でいただきます。うま〜〜い♪ お肉がとても柔らかく、ジューシーなのです。ボリュームもあって、食べ応えがしっかりとあります。うふふ。

b0064461_1321022.jpgつけあわせの野菜は、蒸されていて、トマトはとーっても甘い! カブや、スイートコーンなど、お野菜がたんまり食べられるのもよかったです。地鶏に味がしっかりとあるので、こういうシンプルで素材のうまさで・・・というほうが、いろんな意味でうれしいです。
b0064461_1345396.jpgパスタは2種類。ボンゴレと、トマト。シンプルですが、おいしいですよ。コースなのですが、パスタは炊き込みご飯にもできるそうです。
b0064461_1364341.jpgお店のスタッフの方も参加して、歌いました♪

フルーツたっぷりのバースデーケーキ。

デザートは、バースデーケーキに、アイス、チーズケーキなどふんだんに盛られた豪華なものに。コーヒーといっしょに。

カフェは、お皿にもこだわっているみたいで、メインの地鶏のときも、ひょうたんのようなシェイプの焼き物でした。コーヒーやお茶は、湯飲みのようなカップでサーブされます。

カフェですが、本格派のレストランと負けず劣らずのところで、満足です☆

今回、飲み放題のメニューだったのですが、カクテルは、好きなリキュールとドリンクを合わせることが出来るので、カスタムメイドなドリンクが飲めます。そこで、アメリカンレモネードに人気が出たわけです(笑)。最後はレモンがなくなったので、グレープフルーツで作ってもらうという荒技まで登場しました。リクエストに応えてくれたカフェ、ありがと〜〜!
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-16 01:43 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)

13日は、1月が誕生日の友人たちをお祝いするお食事会でした。

場所は、汐留の外れ(?)にある、アーキテクトカフェ汐留という、インテリアショールームとカフェが合体したようなレストラン。食事前に、スタイリッシュで、最新設備のバスルームの説明をしてもらったり(工事費600万円!)と、興味深い体験もできました。たぶん、お世話になることはないけど・・・(汗)。和食と洋食のミックス加減もちょうどよく、おいしいお料理でした。それは、のちほど。

そんな食事中話題になったのは、ホットコーラ
その日は、レモネードと赤ワインを合わせたアメリカンレモネードがわたしたちの間で人気となり、お店からレモンが品切れになるほど(笑)。そんなとき、sさんがボソッと「レモンをいっぱい入れた、ホットコーラっておいしいよね」。

一同、シーン・・・・・・

出席者10人で、誰ひとり彼女の援護なしです(笑)
気の抜けた&しかも温かいコーラって、どーなんですか?

同席していたTさんが、お鍋まで新調してチャレンジ!
思わぬ結果に、ビックリです(笑)。詳しくはコチラまで。

b0064461_016486.jpg
気を取り直して。楽しみなのは、この絵、レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」が3月にイタリアから日本にやってきます。美術に造詣が深いTさんともその話題に。特別な作品なだけに、上野のパンダじゃないですが、展示室は一方通行になりそうなほど、厳重な警備や展示方法になりそうです。

そんなに美術に対して詳しいわけではないのですが、なぜか宗教画とかが好きなわたし。とりわけ「受胎告知」は様々な画家が手がける有名作でもあるし、世界初出展というダ・ヴィンチの作品ですから、見ないわけにはいきません! 500年前の作品ですが、色彩なども楽しみですね。ルーブルにある箱入り娘のようにならないといいけど・・・。
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-15 00:27 | 普段のできごと | Trackback(1) | Comments(6)

『ボビー』


群像劇『ボビー』を見てきました。監督は、俳優のエミリオ・エステベス。お父さんのマーティン・シーンも出演しています。

ロバート・F・ケネディが大統領予備選のCA州選挙に勝利した夜にアンバサダーホテルで暗殺されるんですが、その日のホテルの出来事を描いています。

政治映画かな? と思ったのですが、ボビーは出てきません。というか、当時のニュース映像などを巧みに使って、彼(本人)を登場させています。アメリカの未来を変えようと奮闘するボビーに共感する人々の期待や日常を描くことで、ボビーが目指した政治理念を浮き彫りにしていくのです。政治映画というよりは、ヒューマンドラマでした。余談ですが、選挙速報番組が映るシーンでは、CBSドキュメント(60minutes)のマイク・ウォレス記者の若かりし姿も見られます(笑)。

この構成力に圧倒されました。
エミリオ・エステベス、恐るべし!

舞台となる1968年は、ベトナム戦争、キング牧師の暗殺、貧富格差などアメリカ政治や情勢が混沌とした時代で、ボビーはアメリカの救世主的な存在となっています。今の時代となんら変わらないなーと思いつつ見ていました。当然、この時代は生まれてないし(笑)。

登場人物は、全部で22人。ボビーの暗殺は事実ですが、登場人物はすべて脚本も書いたエステベスによる物語です。これだけの人物たちを飽きさせずに描ききるなんて、凄い人なんだねぇ(笑)。

そうそう、この映画の魅力は、音楽にもあります。サイモン&ガーファンクルやマーヴィン・ゲイ、シュープリームスなど60〜70年代の名曲を劇中に織り交ぜています。サントラを買おうかと探し中(日本盤は2月発売なんで)。
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-13 00:33 | テレビと映画 | Trackback | Comments(0)

三が日は過ぎましたけど

b0064461_22545361.jpg
今年の決意というよりも、願望かな。
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-09 23:02 | 普段のできごと | Trackback | Comments(4)

a happy new year♪

b0064461_13585839.jpg

毎年の恒例行事、天皇杯観戦のため、国立です!!

去年のカウントダウングッズが役立ってます(笑)

浦和-G大阪なので、ほとんど真っ赤です(笑)
ツネさんの有終の美となるかも、楽しみです♪

ニューヨーク組のみなさんは、キックオフのときに新年になりますね。

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!!
[PR]
by matc_tomo | 2007-01-01 13:58 | 普段のできごと | Trackback | Comments(5)