やっぱり時差に限る!?

25日から『世界陸上』が始まっていますが、まともに見られたのは26日の午後だけ。楽しみにしていたんですけど、テレビ中継がされる夕方〜10時くらいまでは仕事があって見られず⋯。

やっぱり時差があるところの開催だと個人的には盛り上がれるんだけどなー。そんなおかげで、今は全米オープンテニスに集中できるけど(笑)
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-30 16:15 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

b0064461_0424611.jpg
念願のボーカルをテーマに、小川さんのトークイベント@bar le septが開催されました。早いもので6回目です。今回も、常連の方々をはじめ、le septのお客さまなどがお盆の季節にかかわらず集まってくれました。ありがとうございました♪ 受付が始まる5時ごろにグラッときたので、電車が止まったりしていないか心配しましたが、移動には影響がなかったようで、ひと安心。ちょうどそのころ、le septでは、イベント前にニギヤカなできごとが・・・。

b0064461_0475258.jpg実は、分身の術を使って、小川さんがTOKYO FMの番組『SUNTORY WAITING BAR AVANTI』に出演されていたのです。本人がラジオの前に座り、じっくりとご自分の出番を見守る姿を見るとは…(笑)

車を運転しているときに何気なく聞いている番組に、まさか知り合いが出るなんて! こんなことは初めての体験で、ちょっと面白い。番組ではテーマが「ウーマンジャズ」なのに、小川さん曰く「ちーっともウーマンジャズについては語らなかったなー」。さらに、いろいろと話し込んできたということで、常連客になったそうです。そのうち、小川さんのエピソードが聞けるかもしれません。

ところで、AVANTIに出かけた小川さんに、ちょっと興奮している人が…。なんと、le septのバーテンダー修ちゃん。カクテルブックを持っているんですよ〜と、瞳キラキラ。残念ながら、小川さんがオーダーしたのは、ハイネケンとかだったらしく、番組で勝手に他のカクテルになってました! 次からは「南アルプスの天然水」にしてください!!

ちなみに、このAVANTIは、Podcastでも配信されているので、小川さんの出演部分が保存できるのかなーと思ったら、18日付けは、谷啓さんでした。なんで?

b0064461_114086.jpg小川さん自ら前座を務めてくれて、イベントスタート!

悲しい生い立ちが、歌声にも現れている歌姫、ビリー・ホリデイから。今回のシンガーは、全部で15人いたのですが、その人たちの代表曲をかけることなく、小川さんが好きな曲で進んでいきます。

小川さんが語るシンガーたちのエピソードや、インタビュー時の出来事などを語ってくれるので、大御所シンガーでも親近感が沸いてきます♪ 途中休憩時間を設けつつ、無事に15曲完走! たまに時間が足りなくて数曲カットすることがあるので、今回、終盤に好きなシンガー(ハリー・コニックJrとか)がカットされないか、内心ドキドキしてました!(笑)

当日の曲リストはコチラ
1.Billie Holiday/I'm A Fool To Want You(3:27)
  from『LADY IN SATIN』(Sony)1958
2.Carmen McRae/Satin Doll(4:35)
  from『THE GREAT AMERICAN SONG BOOK』(Atlantic)1971
3.Ella Fitzgerald & Louis Armstrong/Cheek To Cheek(5:54)
  from『ELLA & LOUIS』(Verve)1956
4.Sarah Vaughan/Alfie(3:33)
  from『IT'S A MAN'S WORLD』(Mercury)1967
5.Nat King Cole/It's Only A Paper Moon(3:07)
  from『AFTER MIDNIGHT』(Capitol)1956
6.Frank Sinatra/A Man Alone(3:46)
  from『A MAN ALONE』(Reprise)1969
7.Tony Bennett with Bono/I Wanna Be Around(3:01)
   from『DUETS:AN AMERICAN CLASSIC』(Sony)2006
8.Manhattan Transfer/To You(3:54)
  from『VOCALESE』(Atlantic)1985
9.Nancy Wilson/But Beautiful(4:05)
  from『BUT BEAUTIFUL』(Capitol)1971
10.Ann Burton/I Can't Give You Anything But Love(5:00)
   from『BLUE BURTON』(Epic)1967
11.Johnny Hartman & John Coltrane/My One and Only Love(4:58)
   from『JOHN COLTRANE & JOHNNY HARTMAN』(Impulse)1963
12.Harry Connick Jr./It Had To Be You(2:41)
   from『WHEN HARRY MET SALLY』(Sony)1989
13.Diana Krall/Besame Mucho(6:40)
    from『THE LOOK OF LOVE』(Verve)2001
14.Madeleine Peyroux/I'm All Right(3:27)
   from『HALF THE PERFECT WORLD』(Universal)2006
15.Norah Jones/Don't Know Why(3:06)
    from『COME AWAY WITH ME』(Blue Note)2002

いつもながら、スピーカーとして使用させていただいているのは(イベントでは曲をかけるときにiPodを使っています)、BOSE社のアコースティックウェーブミュージックシステムII。FM、AMのラジオチューナーつきのCDプレーヤーです。ご協力、ありがとうございました!

次回は11月開催予定です。詳細が決まり次第、小川さんのブログに募集告知をさせていただきますので、よろしくです!!
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-22 01:20 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(4)

b0064461_1530848.jpg久々にキュルノンチュエからお取り寄せしました!

このお店は、岐阜にある手作りハムやソーセージで有名なところで、様々な雑誌のお取り寄せ特集でも、料理研究家、評論家の方々からも推薦されちゃうのです。先日も雑誌「サライ」でも取り上げられてましたね。

わたしは、白カビソーセージとリエットのファンなので、それと、フツーのソーセージと、スモークされた豚肩ロースのスライスを注文。

白カビソーセージは、カマンベールチーズの白カビと同じ菌をソーセージにつけて熟成させているので、濃厚さが違うんです! ソーセージにあるコショウがピリリと効いて、ワインにもピッタリ。リエットは、バケットにたっぷりつけて。ナンコツも残っていたりして、ヤワなリエットとは違うんですよっ! これは、先日行った小川隆夫さんのトークイベントの打ち上げで、食べちゃいました♪

肩ロースのベーコンは、適度にフライパンで炙る程度に焼いてパンにはさんだりして食べたのですが、香りがよくていい味です! もうちょっとカリカリにして、卵といっしょにしたり、サラダにいれてもいいなーと思います。

もうひとつのソーセージはまだ食べていませんが、楽しみ♪
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-21 15:39 | お取り寄せ | Trackback | Comments(2)

最近のお気に入りCM♪

b0064461_01947.jpg「オレはジャック・バウアー 指図は受けない オレはジャック・バウアー そしてみんな巻き添え〜〜(涙)」 と、ジャックの吹き替えをしている小山さんの歌声が面白い「24」のCM

CM最後に「着ボイス プレゼント」とありますが、なんと、ジャックが、「特別に日本人の苗字100名分を網羅したバージョンも計画中です。」という、ラブリーな一文を発見!

その一例が見られるのですが、わたしの苗字もありました! まぁ、わりとありきたりな苗字ですからねー。こんなときは、平凡な苗字でよかった…と喜んでしまいます♪

ってことは、小山さんの声で「○○! ジャックだ、電話に出ろ!」と命令口調でいわれちゃうんだー(笑) 仕事用じゃなくて、友だち用に着信設定しないと、結構めげそうだなー(苦笑)

それともうひとつ。
Jスポーツで、Jリーグ中継や『foot!』などの情報番組を見ているときに流れる、MLSの試合を放送するという告知CMです。

ビートルズの「Hello Goodbye」の冒頭部分(歌っているのは他の人のような⋯)
「You say yes, I say no
You say stop and I say go, go, go
Oh, no
You say goodbye and I say hello
Hello, hello・・・」
と流れる中、スペインのファンたちはベッカムの移籍報道に涙して、アメリカのファンたちが喜ぶという映像が映し出されます。ほんの数秒の映像ですが、ファンにとってのベッカムの存在が垣間見られるその内容がとっても意気だなぁと、つい見入ってしまいます。
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-20 23:00 | 普段のできごと | Trackback | Comments(2)

素朴なギモン

今日のランチを買いに会社近くのコンビニへ。エコバックを持ってでかけていたので、「袋はいりません」と告げお会計。そのとき、ふと思ったんですが、コンビニで袋をもらわないときって、自分で商品を袋にいれるものなんですかねぇ。

支払いつつ、自分の袋に商品(お弁当とか)をいれるのって、それなりに時間がかかるし、その間、店員はぼーっと待っているだけなんですよ。そんなにレジは混雑していなかったので、後ろがつっかえていなかったからいいけど。

それとも、「この袋に入れて」っていうべきか? エコバックを推奨しているわりには、その辺があいまい。買い物かごがあるようなスーパーでは、もちろんレジ後に自分で袋に詰めるけど、コンビニの場合、しかも店員がぼーっとしているんだったら、つめてくれてもいいと思うんですけど。

いい方法(頼める?)はないかなー。

最近、Sさんから借りたDSソフト「のだめカンタービレ」にハマリ中。簡単といえば簡単なゲームですが、本編とは別にあるオマケゲーム(太鼓の達人や、プリごろ太のゲーム)が面白くて熱中してます。
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-14 16:51 | 普段のできごと | Trackback(1) | Comments(4)

日本ではかの「プッチンプリン」のCMに出演していたウォレスとグルミット。You Tubeで、本国・イギリス企業が中心だと思うんですが、いろんなCMに出演していました!

b0064461_131373.jpgPG tipsというイギリスの代表的な紅茶メーカーのCM

シチュエーションは最新作『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』ですね。ウォレスとグルミットが、巨大野菜コンテストの主催者のレディを招いてのティータイムを楽しんでいるようすが…(笑)。

オマケ好きとしては、このグルミット・マグがほしいと思ってしまいました! 成城石井で売っているらしいのですが、さすがにマグ付きじゃないですよね…。

b0064461_1101767.jpgJacob'sのクリームクラッカーのCM

いつものようにウォレスの発明品を使って、ウォレスがひとりで楽しむおつまみを作っていくというストーリー。

わたしは食べたことがないクラッカーですが、ソニプラとか明治屋さんなどの輸入食材ショップならあるのかなぁ。食べてみたい気もしますけど(笑)
他にもルノーなどもあって、見ていると面白い。
共通しているのは、必ず「ウォレスとグルミット」のテーマソングがかかり、アニメと同様に、ウォレスの発明品が出てきて、最後にはトラブルが起きるというもの。だから、企業(商品)CMとはいえ、30秒バージョンの作品となっているところが素晴らしいです!

超短編集として、DVDになってくれないかなぁと持ったりして♪
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-10 23:57 | テレビと映画 | Trackback | Comments(2)

久々に原さんネタ☆

b0064461_282450.jpgサッカー解説の語り調が独特で面白い原博実さん。現在は、FC東京の監督をされているので、解説が聞けないなぁと思ったら、原さんの側面を語った本『最も愛される監督・原博実「ヒロミズム」』が発売されると、FC東京のサイトで知りました!

本の概要はこんな感じ↓
FC東京監督・原博実。彼がFC東京サポーターのみならず、多くのサッカーファンからも絶大な支持を誇るのはなぜか? 
サッカーへの情熱、プロ意識、育成手腕、勝負勘、決断力……監督として、また人間としての原博実を、人気サッカージャーナリスト西部謙司が徹底分析!
 
明日(てか、今日?)発売ではないか! Amazonに注文しようと思ったら、送料無料になるには、他に何か注文しなきゃ…(ケチ・笑)。近所の書店にあるかなぁ。

それから、アジアカップをまとめたNumber684号にある、U22代表の平山くんのインタビューページに、さりげなく指揮官としての原さんのコメントも載っていました。電車の中で読みながら、心の中で小躍り(笑)。監督に復帰されてからは、あまりコメントというか公に出てこないので、嬉しかったです。

もうすぐJも再開ですね。
ヒロミ・ジャンプが見られるのはいつだろう。それにも期待したいです♪
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-09 23:24 | ├サッカー | Trackback | Comments(0)

写真を撮るのを忘れました…。

土曜日の溶けるような熱さの中、ヘアサロンの帰り道、渋谷・東急フードショウへ寄り道。たしか去年は、バッグを買ったんだよな…(進歩ない・涙)。目的は、オリジンーヌ・カカオのマカロン。それと、切れてしまったオリーブオイルの調達(笑)

オリジンーヌ・カカオのマカロンは、以前yさんのブログにも紹介されていて気になっていたのです。マカロンはお店(パティシエ)によって個性がありますよね。モチモチするもの、サクッとするものなど。

オリジンーヌ・カカオは、銀座「ルショワ(現・和光チョコレートショップ)」のショコラティエをしていた川口さんのお店です。本店は自由が丘にあるのですが、なかなか通うことができないなぁと思っていたところに渋谷の東急フードショウにも出店したのです♪

さて、マカロン。yさんのブログにあったのは「塩チーズ」ということで、そんなカンジのマカロンを探すと…「フロマージュ○○」というのを発見! それとピスタシオ(かな?)など3種類を買ってみました。ピスタシオは、そのまんま、ピスタチオをベースにしたマカロンで、美味しいスイーツです。

そして、フロマージュのマカロンを食べたら…!!!!

こってりゴルゴンゾーラ味〜〜

こりゃ、ビックリです!
スイーツというよりも、まさしくワインと味わいたいマカロンでした♪
こんなに濃厚な味とは思わず、ワインは開けてなかったんで、今度はワインをお供にしてみようと思います。
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-07 23:48 | おいしい日々 | Trackback(1) | Comments(2)

モレスキンの旅行手帳

b0064461_2348835.gif
以前、パリ版を買ったモレスキンの旅行手帳に、やっとアメリカ版が発売されたようです♪

旅行のとき、ガイドブックをたくさん持って行くのは面倒だし、使うところって意外に少ないですよね。そんなときに便利なのが、この手帳なんです。ポケットサイズなので、バッグに入れてもかさばらない大きさというのも、お気に入りのポイントです。

旅の準備として、気になるレストランや、観光スポットを書いて、さらに現地で見つけたこと、日記などを書き足していくということもできます。帰国後は、プリントした写真を貼ってアルバムっぽく作っていくと、あ〜ら不思議、オリジナルの旅行ガイドブックができちゃうんです♪

手帳には、小さいけれど地図や地下鉄マップなど基本情報もあるので、本当にベンリ。トレペがついているので、地図に行きたい場所のマークしても大丈夫だし。

ヨーロッパ版が発売されたときにイベントで募集した手帳コンテストの入賞者の方々の作品を見ることができるんですが、あまりの「作品」ぶりに驚きました(笑)。わたしのなんて、ただのメモって感じなのに…。

アメリカ版は、もちろんニューヨーク版を買う予定。久しぶりにサンフランシスコもいいかなぁ。
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-06 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

「ムートンのセカンドを開けませんか〜」のお誘いを受け、大井町へお出かけ♪ 念願のBistro あとりえでのお食事会です! 駅から数秒くらいのところにあるあとりえさんは、5人くらいでいっぱいの小さなビストロ。シェフがてきぱきと美味しい料理を作っていく姿も見えるので、次は何かな〜と楽しみが! 

b0064461_21534583.jpg遅れて到着したわたしですが、9種類の前菜(!)からガツガツと食べさせてもらいました♪ えーっと、写真は途中から(笑)

しめさばとホタテのマリネ。しめさばのしめ具合が絶妙で、ウマイ! ホタテもプリプリで、ワインにもぴったり〜(ここでは泡withすいか)。ちなみに、凍らしたスイカを泡に入れていたんですが、シャリシャリするスイカを食べると、甘かったです♪

続いて出てきのが、タルタルというのかな? 生肉を特製マヨネーズソースと、万能ネギであえる和風テースト。たたいているというよりは、ぶつ切りで、すっごく歯ごたえがあるお肉です。上には、本当にみずみずしい水茄子! 

そーいえば先日「鉄腕!DASH」でも放送されてましたね、水茄子。門外不出の栽培方法だから、大阪府泉南市でしか作れないとか。へ〜と思って見てましたが、まさか、こんなにすぐに食べられるとは(笑) 薄切りの茄子ですが、これだけでもジューシーでした。

この頃になると、赤を開けました。
最初はブルゴーニュのもので、ムートンのセカンドじゃなく、マルゴーのセカンド(えええ!)を開けてじっくりと待つことに。ブルゴーニュも香りがよくて、お値段は超お手ごろです♪ マルゴーも時間が経つごとに、香りも味もまろやかになってました! ぐふふ。

冷製スープです。
野菜をいろいろいれたので…ということで、詳細は不明ですが、すばらしくコクもあるスープでおいしい。クルトンのかわりには、素揚げしたごぼう。スープとまた、ごぼうがあうんですよ。このごぼうだけはまねできそう(笑)

豚肩ロースのロティ。じっくり焼いていた豚肉を、さらに焼け目をつけるためにサッとあぶって供されたのですが、辛み大根をつけるとさっぱりといただけます。好みでゆず胡椒、かぼす胡椒(初!)、かんずりをつけて。1枚分が大きくて、がぶりついて食べましたが、やわらか〜い。

最後に出てきたのは、ピラフというのかな。アキレス腱などが入ったトリッパをソースに、大山鶏のぼんじりがゴロゴロはいっているピラフ。パラパラしているのに、お米はしっとり柔らかい! コンソメスープがほどよくて、トリッパのソースとうまく絡まって美味しいです。「おかわりありますよ〜」といわれましたが、お腹がいっぱいで…。持ち帰りたかったな〜。お米は人数分以上炊かないと美味しくないですからね。今度はタッパ持参でまいります!

そうそう、このピラフ。お米を鍋で炒めるところからずーっと見ていたので、何ができあがるんだろうと、ワクワクしていました。作り方を目の前でみていたのですが、さすがいにおうちでは再生できません(汗) とてもシンプルに、素材のうまさを生かしたお料理に感動です。なのに、単品でお願いしても500円しないメニューが多いって、すごいな〜。

最後のデザートは、メロンづくしだったのですが、気づいたら写真を撮らずに食べてました(笑) さらに、誘ってくださったyさんのBirthdayということで、お店から小麦粉を使わないガトーショコラが登場! お裾分けをいただいて、ビックリ! チョコレートの香りや甘さが口の中に広がります♪ 小麦粉を使っていないので、重くなくて、ほどよいカンジ。ごちそうさまでした♪
[PR]
by matc_tomo | 2007-08-05 22:42 | おいしい日々 | Trackback(1) | Comments(6)