コーヒーのお供には

b0064461_0314232.gifスタバでのんびり過ごすとき、最近はベジタブルロール(→スタバから拝借)を好んでオーダー。グリーンのスポンジはほうれん草、クリームはトマト。でも、ほうれん草の苦味はないし、トマトはほんのり酸味があるかなぁという程度なので、「野菜」していません(笑)それと、冒険心のない、無難なカプチーノで。ついこの間は、ぼーっとしていたので「カプチーノをアイスで」っていってしまった・・・orz

会社そばのスタバは、桜が数本見られるソファ席があるので、ぼーっと眺めながらお花見も楽しんできました。

週末は皇居周辺もキレイなんだろうなぁ。
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-29 00:35 | 普段のできごと | Trackback | Comments(2)

複雑な心境…

b0064461_1574846.jpgさちえさんのエントリーで知った「マリー・アントワネット展」。GW旅行での楽しみが増えたなぁと思ったら…。

マリー・アントワネットがギロチン台に上った日が、わたしの誕生日と同じだったなんて〜〜。ちょっとショック。

著名人と誕生日が同じならウレシイって思えるけど、命日ってどうなんでしょうね。

写真は、昨年訪れたヴェルサイユ宮殿のプチ・トリアノン(マリー・アントワネットが好んでいた別荘)に飾られていた肖像画。

「マリー・アントワネット展」では、300点以上の愛用品や肖像画などが見られるそうなので楽しみ(よく残っていたなぁ)。
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-27 01:25 | └フランス・ボルドー | Trackback | Comments(6)

桜が咲きましたね〜

b0064461_1544658.jpg週末は温かい陽気だったからか、月曜日には自宅から最寄りの駅前の大きな桜も咲き始めていました。

写真のは、会社近くの女子校にある桜。いつも他の桜よりも早く咲くので「春が来たよ〜」と合図をしてくれているような気分。

昨日はあいにく雨&曇り空でしたけど、散らずに咲いていましたよ。

お花見もあと少しで楽しめるかなぁ。今週末も雨マークがちらついているので、散らずにガンバレ♪

自宅までの約4キロの道のりを歩くようにしているのですが、随所に桜の名所らしいところがあるので、これからは歩くのも楽しみです。
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-25 15:49 | 普段のできごと | Trackback | Comments(6)

土曜日は、中野坂上にある酒屋さん藤小西のプチコニシで開催された「ココファーム試飲セミナー」に参加してきました。土日に「日本ワインフェスタ」という、日本のワイナリーの無料試飲会が店頭で行われた一環で、ココファーム&ワイナリーの醸造責任者ブルース・ガットラヴさんのトークイベントがあったのです。

ココファーム&ワイナリーは、栃木県足利市にあるワイナリーで、ずいぶん前から知人からも勧められていたこともあり、興味があったところです。そのワイナリーの醸造責任者の方とふれあう機会があるということで、うれし〜〜。

普段は安くておいしいワインがいいなぁとか、詳しい人たちに聞いたりと、他力本願なところがあるんですけど、ちゃんと醸造担当の方とのお話を聞くのも興味があります。現場の声って大事でしょ♪

b0064461_2127481.jpgブルースさんと、醸造担当の西さん。

ブルースさんは、89年に初来日。ナパバレーのワイナリーを経てココファームへ。とても流ちょうな日本語で楽しいトークをしていただきました。ときおりジョークも交えてのお話は、すっごく面白い!

西さんは、藤小西さんに勤務した後にココファームに移られたのだそう。

小さな質問、超ディープな質問にも気さくに答えてくださり、ご自身のワインに対するこだわり、夢などを語ってくださいました。

今回はバレルサンプルまで持ってきてくださった8種類の試飲です! ひょ〜。


b0064461_21344948.jpg左:足利呱呱和飲2006
後味がハチミツのような甘さを感じました。すっきりとした味わいで飲みやすいワインです。ステンレスタンクを使用。

右:甲州F.O.S. 2005
ロゼっぽい色ですが、100%甲州ワイン。F.O.S.というのは、「皮といっしょに発酵」という意味だそうです。甲州ぶどうを食べたときのような苦味をワインにも取り入れてみようという試みで造られたとか。確かに飲むと苦味が感じますが、赤ワインのようなタンニンという感じ。自然酵母で発酵させ、1年樽で寝かせています。こっちのほうが好みだな〜(笑)

b0064461_2146204.jpg左:農民ドライ2006
酵母なしで発酵(亜硫酸はあり)。北海道の余市と山形のケルナーやシャルドネなどをブレンド。ちょっと苦味があるけどすっきりしていました。香りが高いです。

右:北海ケルナー2006
香りはスパイシーでしたが、甘さが強く感じられました。しばらく空気に触れさせていたら(つまり飲むのが遅い)、だんだんべっこう飴のような後味に。う〜ん。個人的には辛いかも…。


b0064461_21543997.jpg左:農民シャルドネ2005(特別提供)
葡萄は農協と契約したものを使っているそうで、10月に摘んだ葡萄を使っているとか。なので、シンプルな味のするシャルドネです。すごくすっぱい!! ひとくち飲んだらビックリしましたよ。こんな酸味は久々。

右:山のシャルドネ2005
苦味のあるシャルドネ。こちらは12月に収穫した葡萄です。2か月収穫が違うと、味もずいぶん変わるということがわかります。色も濃く、しっかりした味なので、お肉にも合いそう。

b0064461_2224653.jpg左:農民ロッソ2005
山形と自社の葡萄を使ったカベルネメルロー。樽熟成したのち、アンフィルターで瓶詰め。ソフトな口当たりで飲みやすいワインです。

右:風のルージュ2006(バレルサンプル)
北海道の余市産の葡萄を使った、香りがスパイシーで、濃い!! わたし好みなのだけど、サンプル…。こちらもアンフィルターで瓶詰め。おいし〜〜。
4時半から約2時間ほどで、8種類のワインをどんどん飲んでいったので、セミナーが終わったらすっかり酔っぱらい(笑) ピッチがいつもよりも速かったからな〜。酔いさましをかねて新宿のイタリアンで軽く食事をして、さらに近くのスタバで閉店までいっしょに参加した友人Kちゃんとおしゃべり。

あー、楽しいワインの夜でした〜〜♪
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-23 22:14 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)

ゼロックスにいきましたけど、今季初のJリーグ観戦。しかも、なぜかJ2です(笑)
そーいえば、J2って見に行ったことがないんですよね。ジュビはJ2にいったことがないし、意外に関東って少ないというか…。緑は好きじゃないので、どーでもいいし。

対戦は湘南ベルマーレvsサンフレッチェ広島。

20日はナビスコが始まり、さらに自宅からも近い味スタでのジュビ戦を蹴って(相手が緑だから)、平塚まで湘南ライナーに乗って雨の中お出かけです。途中、大雨にめげそうになるけど・・・。

同行の広島ファンのRちゃんから「J2観戦の心得」なんてものも聞いて、平塚のスタジアムへ。雨だったから散策はできませんでしたけど、噴水や併設レストランなんかもあるような大きな公園にあります。お散歩するにはいい感じ。ベルマーレは、ヒデちゃんがいたころからも見たことがなかったので、初観戦だーーと気づく。

コートの上からビニールコートを着て、東京都推奨のゴミ袋に荷物を入れ、さらに毛布のように足下をカバー。しかし、風が強くて毛布バージョンがとばされそうです!!(後半は、袋に足をいれてみたら快適でした・笑)

b0064461_004967.jpgゲームは、やはり水はけがいいとはいえないグラウンドコンディション。走ればマンガのように水しぶきが上がるし、ボールは転ばない、滑らない。選手たちも大変そう。

普通なら強く蹴ったらサイドラインを越えそうというボールでも、ボテッ、コロコロ・・・ピタッとギリギリで止まってしまうため、攻撃チームにとってはチャンスになるし、攻められる方はどこで止まるかわからないボール相手に必死です。

そんな中、前半FKをゲットした広島が先制点。ロングボール必至のゲーム展開なので、流れるような組み立ては確かに難しい中、まずまずといったカンジ。

b0064461_0293945.jpg後半終盤にはDFマキちゃん(←試合後なのでぶれちゃった)がオーバーヘッドで決めました! 今年の目標は10得点らしいです、DFなのに(笑) 相方・若者(柏木くん)がケガで長期離脱中なのですが、お約束の弓矢パフォーマンスは、佐藤くんと繰り広げていました。

「39」が登場すると、やはり空気も変わりますね。相手GKのクリアボールをダイレクトボレーでシュートしたり、ミドルシュートを打ち込んだりと、突拍子もないプレーを見せてくれました。そのうちゴールをみたいな〜。

終わってみれば、0−2の完勝。去年J1でも失点が多かったのに、未だに無失点という展開もすごいかも。若者がいなくてチームの活性化はあるのかなぁと思いましたが、それがストヤノフが担うようになっていましたね。柏木くんが入ってきて、攻撃陣に厚みが出ると、面白いかもしれません。

J2だからなのか、試合前にアップを終えてロッカールームに戻るときに声をかけると手を振ってくれたり、頭を下げたり(青山くん)と、スタンドでの雰囲気ものどかです。ちょっと選手と近くなれるようなカンジがしました。

b0064461_0182377.jpg帰路はあまりに寒いので、新宿の「美々卯」でうどんすき。ぽかぽか温まりました♪

←最初はお店の方が具材を入れてくれました。

ジュビも0−2で勝ったので、越乃寒梅で祝杯しました〜〜。


[PR]
by matc_tomo | 2008-03-22 00:38 | ├サッカー | Trackback | Comments(2)

1月のボンジョヴィライブ東京の最終日に参加者みんなで打ち上げをしたときに、ジョンのバースデーを祝っちゃおう! と盛り上がり、先日そのパーティーをしてきました。ちなみにジョンのバースデーは3月2日だそうです。

会場は、いつもお世話になっているバーle sept。
プロジェクターを使って、WOWOWで放送されたライブ録画を壁に映し出し、
お店はすっかりボンジョヴィムード!
ちなみに、お店ののりこさんもライブに参加したんですよ♪

b0064461_20382444.jpg前菜のカナッペやマッシュポテトなどに続いて、牛肉が超やわらかいビーフカレー。

ワインにカレーって不思議な組み合わせですけど、ほどよいスパイシーさと、デミグラスが濃いので、メルローなどにもピッタリ! おいし〜。おもしろ〜い。

その後は・・・・

ジャ〜ン!!

b0064461_2044335.jpg参加メンバーの中に、某有名店でパティシエをされていたK氏による、ストロベリーケーキ

ストロベリーリキュールを使っているなど隠しワザを随所に施したケーキです。ふんだんに使われているクリームもとても軽くて、甘さもほどよい。素敵なケーキでした!

今はオーダーのみの販売らしいので、詳細はyuricoさんのコチラで!!

当日飲んだワインはこんなカンジ。

シラー・ルージュ 2005
生産者:ジャン・バルモン
生産地域:フランス:ラングドック・ルーション地方Vin de Pays d'Oc
ブドウ品種:シラー(100%)
アルコール度:12.5%

シエナ DOC 2003
生産者:テラス・ダヌビエンヌ
生産地域:ルーマニア:ブンジュマーレ
ブドウ品種:メルロー(100%)
アルコール度:14%

Philippe Pacalet CHAMBOLLE MUSIGNY 2005
生産者:フィリップ・パカレ
生産地域:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ AOCシャンボール・ミュジニー
ブドウ品種:ピノ・ノワール(100%)

ケイマス スペシャル・セレクション 2004
生産者:Caymus Vineyards
生産地域:アメリカ:カリフォルニア州ナパ・バレー Rutherford
ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン(100%)
アルコール度:15.2%
樽熟成:フレンチオーク樽(新樽80%)で16〜20か月間
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-21 20:57 | おいしい日々 | Trackback | Comments(6)

アグリー・ベティ人気

わたしのブログ解析を見ると、つねに検索ワードに登場するのが
カクテルの「プースカフェ」。
わたしも初めてカクテルの名前を聞いたときは「?」でしたが、
そんなに需要があるのでしょうか。
プースカフェのエントリーから2年も経っているのに(笑)

今月というか、先日17日に第1シーズンの最終回を迎えた海外ドラマ、
アグリー・ベティが、「・」「ー」のビミョーな組み合わせ具合で、
なんと、10ワード中5回も登場。それって、どーよ?
NHK BSでの第2シーズンの放送は未定ですが、
アメリカでは脚本家協会のストの影響もあって、まだ13話しか放送されていません。
この先はどうなるのか、いろいろと楽しみ。
てか、秋には放送してくれるのかすら、わかりませんが、
「The West Wing(邦題:ザ・ホワイトハウス)」のように、
途中で放送打ち切りにはしないでほしいです。

ということで、今月もあと1週間ほどですが、こんなランキングでした。
1位 アグリーベティ
2位 アグリー・ベティ
3位 旅行手帳(モレスキンの手帳)
4位 プースカフェ
5位 魚やでん(銀座の居酒屋)
6位 アグリー・ベティー
7位 アグリー ベティ
8位 アグリーベティー
9位 カクテル プースカフェ
10位 ピーナッツバター&カンパニー(NYにあるピーナツバターショップ)

[PR]
by matc_tomo | 2008-03-19 13:07 | 普段のできごと | Trackback | Comments(2)

円高ですね

ついに98円台まできましたね、アメリカドル。GWにはフランスへ行くことにしたのですが、ここまでドルが安くなると、あのバカ高いニューヨークのホテル代も予算内に入ってきそうな気持ちになります(笑) 

でも、パリだもんね。ユーロも少しは下がって156円弱。今のウチにWebレートでホテルをブッキングすると、多少は恩恵をうけるのかなーと、ただいま物色中。

ホテルはよいとして、今回はボルドーへいこうと思っているのですが、日程に余裕が出来たので3泊ほどできそう。しかし、大きな落とし穴的出来事を忘れていました。メーデーです。

昨年は5月1日にパリ着だったので、夕食場所を探すくらいでしたが、たしかにパリも静かでした。日本よりもフランスのメーデーは日曜日並み。しかも、リサーチをしていたら、ボルドーのバスやトラム(町中を走る路面電車)がストップするみたい…orz ボルドーの移動日として考えていたので、ちょっと悲しい(TGVは運行しますが、ボルドー駅からの移動がタクシーのみ!)。 

移動はTGVなんですが、意外にボルドーまでのチケットにPrem'sがでないんですよね。ほぼ正規価格なので、人気路線なのかなぁ。新しくオンライン決算&発券のiDTGVという、少し安いチケットがあって、それにも興味があるんですけど、朝6時50分発! ちと早すぎじゃないかい?
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-17 17:49 | 普段のできごと | Trackback | Comments(8)

今回の京都旅行は、月いち美食会の京都編ってこともあったので、初日のフレンチ「おくむら」さんでのディナーです。本店は一乗寺にありますが、ホテルの場所なども考えて祇園店にしました。

すべておまかせコース(4種類)ですが、品数や食材によってビミョーにかわるそうで、内容を聞いて選びました。ワインリストを見せてもらうと、いきなりDRCが目に飛び込む!(笑) ちなみにリシュブール。でも、飲めませんっ。

こちらのフレンチは、懐石的な要素があるのが特徴だそうです。
少しずつ、さまざまな食材を楽しめるのですが、あまりの品数にビックリ。
では、どーぞ!!
b0064461_059237.jpg
アミューズのウドなどの盛り合わせ。キャビアがほんのり塩味のアクセントに。竹の皮にくるんだお寿司やカニ、菜の花とトマトなど春らしいお膳。オマール海老のサラダ仕立て。
b0064461_0592041.jpg
ふぐの白子が入ったオニオングラタン。お造り(魚は・・・)。またもや白子。フリッター。ソースがおいしいんですよ。ちょっと芥子をつけるのもポイント♪

b0064461_133580.jpgエビ、イカ、アワビなどを、自分で石焼き! 
ほんのりお醤油の焦げた香りが広がります♪
b0064461_135742.jpg

b0064461_1154337.jpg
白身魚のポワレ。バルサミコソースが隠し味。シューや京にんじんもおいしい。スープは、ふたを空けるとほんのりと出汁のかおりが…。繊細でほっこりします。コースにはなかったフォアグラソテー。注文のとき大騒ぎしたからでしょうか・・・。ごちそうさまです♪

b0064461_1155540.jpg口直しのソルベ。
グラスもステキです♪ 

牛ステーキ♪ ヒレをチョイス。さっぱり味の柚子風味のソースをつけていただきました〜。


b0064461_1252396.jpgデザートはいろいろと選んで・・・。
ミカンのタルト、ガトーショコラ、メレンゲのケーキです。
こんなカンジに♪ 
アイスはやっぱりきなこのアイス☆
b0064461_1243915.jpg
すっごい品数なのに、するっと食べられてしまいました! しかも、自家製パンもおいしくて(とくにイチジクのパン)…。ちゃんと温めてサーブしてくれる心配りもうれかったです。パンは残念ながら販売はせず…。名物らしいカレーはレトルトで販売しているようなので、それをお取り寄せするのもいいかな〜。
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-12 00:58 | ├京都 | Trackback | Comments(2)

ワインをいただきました

b0064461_23305086.jpg昨年に続いてmさんからカリフォルニアワインをいただきました♪
それがこちら。

Caymus Vineyardsのワインです。知らなかったのですが、カリフォルニアのカルトワインのひとつらしいです。って、そんなワインをいただいて恐縮ですっ!

mさんも「おいしかったよ〜」と語っていたので飲むのが楽しみ♪


ケイマス スペシャル・セレクション 2004
生産者:Caymus Vineyards
生産地域:アメリカ:カリフォルニア州ナパ・バレー Rutherford
ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン(100%)
アルコール度:15.2%
樽熟成:フレンチオーク樽(新樽80%)で16〜20か月間
[PR]
by matc_tomo | 2008-03-11 23:30 | おいしい日々 | Trackback | Comments(4)