先週末は3名の牡羊座さんのバースデーをお祝いするため、パークハイアットのピークラウンジへ。パークハイアットでもアフタヌーンティがいただけるんですね。初めてなので、ワクワクです。

b0064461_20354471.jpg6名での席だったので、サーブするのもある意味圧巻。カトラリーを一気に持ってくるのですが、相当体力が必要だな〜と、思ってしまいました。

紅茶はスペシャルなお茶以外のメニューは注文ができるので、迷ってしまいます。スタートは定番というは、アールグレイ。でも、さらに香りをつけたというピュアアールグレイにしました。そうそう、アールグレイって、『ある公爵夫人の生涯』にも登場するジョージアナの愛人チャールズ・グレイが由来なんですってね。映画で初めて知ったけど(笑)

そのピュアアールグレなんですが、フツーでした(汗) その後、3種類ほど注文しましたが、なぜかお茶としては飲めるのですが、お湯がぬるいのか紅茶の香りを楽しむまでには至らず…という残念な展開に。さらに、ラウンジはほぼ満席だったので、タイミングよくお茶が運ばれてこなかったりだったので、それがとても残念でした。

b0064461_20445016.jpgさて、トレイのお食事はこんなカンジ。サンドイッチはサーモンとかでしたが、とても気に入りました。おいしい。パンもおいしかったなぁ。

スコーンは、プレーンと桜とオレンジ?のもの。ベリー4種類のジャムとの相性もよくて、パクパクと食べてしまいました。スコーンのサクサク感もほどよくて、モソモソとしない。これは、わたし好みでしたね〜。

最後のスイーツにも桜をモチーフにしたものが。抹茶風味のケーキとか、プティシューなどをたんまりいただきつつ。その間にも、ワゴンに乗ったフィンガーフードがどんどん運ばれてきます。

b0064461_2050348.jpg
ざっと並べるとこんなカンジ。キッシュもハムとカレーの2種類あったし、マドレーヌやカナッペ、パンナコッタなども。プティシューは、味がちゃんと違います。うふふ。

最後はお腹いっぱいになってしまい、締めにコーヒーを。じつは、一番おいしかったのはコーヒーでは? なんて意見もチラホラ…(汗) 本当に、コクがあって、苦味がちょうどよくて、おいしいコーヒーでした。

b0064461_20531070.jpg3時間の時間制限の中でも、まったりゆったりと堪能させていただきました。

その後、夕暮れになりつつある新宿中央公園をお散歩。すでに満開の桜もあって、宴会をしているグループも。記念撮影をしつつ、振り向いたら都庁。いい場所にあるなぁ。

脇のナイアガラの滝を見つつ、mさんやFさんの東京マラソン参加者ならではのエピソードを聞きながら地下鉄へ。

とっても穏やかな週末になりました。

お誘いいただいたひつじさん、ありがとうございました。
お誕生日を迎えられたひつじさんたち、おめでとうございます!


[PR]
by matc_tomo | 2009-03-30 21:40 | おいしい日々 | Trackback | Comments(6)

ペニンシュラのランチ

臨時美食会。ナリサワさんに行きたがっていたYが当日仕事のため参加できずだったので、ランチに繰り出しました。ペニンシュラ東京ザ・ロビーのランチです。まぁ、直前に予約をしようと思っていても、予約席分はすでに埋まっていたので(笑)、WBCそっちのけで、すんなり着席できるよう、オープン時間の11時半に集合♪ ロビー前が長蛇の列になっていたのには、正直ビックリしました。初めてみた。ホテルで(笑)

映画『花の生涯〜梅蘭芳〜』の特別ランチメニューが今月いっぱいで終わってしまうので、それにしようか悩んだのですが、Sちゃんがそのメニューにしてくれたので、わたしは通常のペニンシュラランチ@2009円に! ね、ホテルランチで考えるとお手頃でしょ。

b0064461_20311056.jpg前菜は、ミモザサラダ。

日によってはサラダがスープになることもあるそう。
スープのときも来てみたいかなぁ。
自家製のパンを、ハーブをいれたオリーブオイルといっしょにいただきました。このパン、残念ながらブティックでは販売されていないとか。残念。

メインは、あぶり鴨を使ったリゾット。

この「あぶり鴨」という説明がうまく伝わらないというか、違う言葉に聞こえて、3人の頭の中が「?」だらけに。つまりは、燻製の鴨ですよね? と聞き直したら、すんなり(笑)。テーブル担当さんも、たぶん接客マニュアルどおりなんだろうなぁ。まだ慣れていないのかしら?

てなことで、このリゾット。燻製鴨の塩加減がよいお味になっていました。それと、たっぷり使っているらしいレモンの酸味が、すごくよくあうんです。

アルデンテのお米もちゃんと歯ごたえがあったし、ちゃんと食べた感があるボリュームでした。

デザートはダージリンだと思うんだけど(後味が)、紅茶のパンナコッタとフルーツ。

フルーツを先に食べないと、パンナコッタが酸っぱく感じてしまうので(ひと口めにしてしまった…)、さっさとフルーツを平らげました(笑)

パンナコッタは、後味の紅茶に少しある苦味がよかったです。

締めはコーヒー。

ロビーのカフェですが、のんびりすることもできるし、ちょっと贅沢ランチのときには便利かも。席が必ず空いているとは限らないかもしれないので、予約かオープン時間に行かないと〜と、時間との戦いがあるのが、ちと面倒だけど。

帰りに、地下のブティックでマンゴージュースを購入♪ 飲むのが楽しみ☆
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-26 20:46 | おいしい日々 | Trackback | Comments(6)

WBC覚え書き

今さら感もありますが、決勝戦だけまともに見たWBCについての1日を振り返ってみました。

そもそも、WBCがやっているのね〜と気づいたのは、
小川さんが「スケジュール調整忘れたよ」と
ジャズイベント当日に行われたアジア予選・韓国と対戦だったかも。
当日、「結果はいわないように」とクギを指されていたけれど、それほど興味もない中、
帰宅したら、なんと韓国にコールド勝ちしていることにビックリ。

で、3月23日の月曜日の準決勝、アメリカ戦。
ペニンシュラでランチの予定をいれていたのだけど、試合に夢中になっているYから、
時間遅らせる? と前日に相談が。結局予定どおり11時半からになってしまい、
ランチの最中、ときおりわたしがケータイで経過報告をすることに(笑)

そして迎えた決勝。またもや韓国。
ここまでくると、「またバーレーンかよ!?」みたいな、サッカーのW杯予選&アジア杯予選で
バーレーンと5度も対戦するハメになった日本代表と同じような心境(笑)

朝起きるとゲームは始まっていて、支度をしながら画面とにらめっこ。
すごく引き締まった好ゲームが展開されているので、つい支度する手が止まる(笑)

やばい! と思い、テレビに後ろ髪を引かれる思いで出かけると、
「そーだ♪」と名案が浮かび、お行儀が悪いと思いつつも、
歩きながらケータイのワンセグで試合観戦。
すると・・・・結構、いるんですよ。そんなサラリーマンさんたちが。
あー、ワンセグ、万歳☆ と思う日。

電車に乗ってもずーっとワンセグ観戦。しか〜し、地下鉄になったとき、
これほど恨めしいと悔やんだことはないくらいの試合展開。
え〜〜〜〜。さて、どーしますか。

フツーにiモードでニッカンサイトを見続ける。
スコア速報に「1死1塁、バッター●●」みたいに流れるのだけど、
イチローの打順になると、最後に「頼むぞ」と書かれていて、笑ってしまう。

再び地上に出てきてケータイをワンセグに切り替え。
片手にケータイを持っている道行く人たちを見ると、みんなワンセグ観戦中。
あの光景はちょっと異様だったかも。

ワンセグの音声はオフにしていたのでiPod touchを聞きながら見ていると、
9回ウラ GReeeeNの「刹那」が流れてきて、ダルが打たれて同点になったときは
ドキュメンタリー風な展開に、思わず泣きそうになってきた(笑)

10回表、そのときのBGMはROCK'A'TRENCHの「My SunShine」で、
できすぎた感が否めないiPod touchの選曲に、思わず大笑い。

ここぞで持って行ったイチローと、勝ち投手になったダルを無事に見届け、
通常業務にやっと戻る。

とまぁ、WBCだらけの1日となりました。

録画予約していたジュビロvs浦和の放送時間が、WBC放送で1時間半ほど
繰り下がっていたことが後から発覚して、あたふた深夜に大騒ぎ。
最後までWBC・・・・(笑)
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-26 17:40 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ミネラルファンデ♪

エスティのミネラルファンデーション@サンプルをつけてみた。

ちゃんと毛穴もカバーしてるよ。パウダリーより軽いのに、しっかりカバー力があるんだねぇ。

ところで、今度発売なんですよーと教えてくれたけど、発売日聞くの忘れちゃったよ(笑)

<追記>
改めて、エスティローダーのサイトを見たら、年末に発売になってた〜〜orz
あのBAさんとの会話は…(笑)
ちなみにコチラ。
ニュートリシャス ビタ-ミネラル ルース パウダー メークアップ。長っ!
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-24 22:57 | 普段のできごと | Trackback | Comments(6)

記念切手を買ってきた

b0064461_21511843.gifb0064461_21513588.gifyさんのエントリーで知った二日後くらいに郵便局へ。さっそく窓口で見つけて1シートずつ購入。

そーだ、と楳図ファンの友人にメールをしたら「なんだ?」と焦りの返事が(笑)

数分後、合計5シートも買っていたよ(笑)

「まことちゃんがほしい」といえば指名買いできるのか、小さい郵便局だったけど、ちょっと勇気なし(汗)

[PR]
by matc_tomo | 2009-03-23 21:56 | 普段のできごと | Trackback | Comments(11)

咲いた♪

b0064461_18344753.jpg
会社近くの女子校にあるしだれ桜。

近所ではいちばん早く咲きます。

今日は温かかったからね。

咲いたよ!

この桜が咲くと、春だよ〜とウキウキ度が↑します(笑)



b0064461_19112022.jpgおまけ。
今日発売されたフィガロ。

この時期恒例になりました、パリ特集。




[PR]
by matc_tomo | 2009-03-19 18:37 | 普段のできごと | Trackback | Comments(0)

mちゃんとSちゃんの3人で美食会。今回はmちゃんのリクエストで、レ・クレアシヨン・ド・ナリサワです。先日行われた「世界料理サミット」に参加されたシェフが披露した自然との調和というのかな、そんなメニューになっています。すべてお任せコース。いただいたメニューリストは、まるで絵画のようなタイトルになっているので、想像がつきません。

ワクワクのスタート!

プロローグ
b0064461_21282793.jpg「畑から持ってまいりました」という、ラディッシュ。アミューズですね。

目が点になってしまうくらい、ホントーに畑からそのまま持ってきたかのよう。

土に見えますが、ちゃんとシェフが造った「土」。食べられます。土の香りがするかな〜と、そっとにおいをかいでしまったけど…(笑)。種明かしをしてもらいましたけど、自分では再現できないなー。

これがちょっと苦み走っていて、ラディッシュといっしょに食べるとバランスよくなりました。
ボリボリとそのまま手で食べる一品。


リチャードの土
b0064461_2129686.jpgb0064461_21294345.jpgこれが、世界料理サミット(テレビで放送されたのを見ちゃった)で披露された「土のスープ」です。

温かいスープで、中身はゴボウ。土のついたゴボウを使ってスープにしているそうですが、色が黒いので、びっくりします。

ゴボウの香りと味がじわ〜〜として、お出しが濃厚で、滋味深いカンジ。でも、ゴボウくらいしか使っていないんですって。お出しもゴボウ? 土は、研究機関に調べてもらい、食べても無害なものだそうです。食材が土ということに驚いていると、「サルは土を食べるんだよ」とSちゃんの豆知識が! 



b0064461_2132126.jpgb0064461_21313699.jpg











エピローグの前に、生きたままのエビを見せてくれました。バイバ〜イと手を振ったら、ちゃんと一尾のエビがハサミを動かしてくれたんですよ(笑) そのエビが、このようになって戻ってきました。

「灰」というタイトルなので・・・「ではフィニッシュを」と、液体窒素で凍らせて作ったという柑橘類の灰を、ソースのようにパーッと上からかけてくれました。

おお〜〜〜。

ふわ〜っと、「夜ヒット」のような状態です(笑)。灰になっても、ちゃんと柑橘類の酸味が残っていて、エビの甘さを引き立ててくれています。香りもステキ。

真冬の風景
b0064461_21323873.jpgb0064461_22305242.jpg山道とか、高原とかの散歩道で見かけそうな、雪解けを待つ「ふきのとう」。食事をしながらお散歩しているような気分になってきます。

雪に見立てているのはカブで、麦の土(ここでも土だ・笑)といっしょに食べるとうま〜い。これも温かいお皿で、ボコンとなったガラスの器も(しかも3人ともビミョーに違う)温かくて。

山と海の出会い
b0064461_2132366.jpgお魚です(あ、名前が…)。

フキと木の芽、木の芽を泡にしたソースでいただきます。お魚の焼き具合がこれまた絶妙で。身はふんわりとした柔らかさなのに、皮はパリッと。

木の芽のソースの苦味がオトナなカンジ(笑)


火〜祈りの森〜
b0064461_21344126.jpgお肉はピジョン。最初に丸焼き状態を見せてくれます。そのときにピジョンの説明をしてくれたのですが、もちろんフランス産。実は、鳩にもAOCがあるなんて初めて知りました! ワインとかチーズとか酪農系だけかと思ったら…。さすが、食の国。

で、このピジョン。65度だったかでじっくり焼いているので、この赤色をキープしているのだとか。皮がカリッと、皮の下からのお肉部分が全部赤くなっています。ちょっとでも火加減が変わると、焼き色のグラデーションになってしまうんだって。職人技ですな。スーッとナイフで切れる柔らかさ。キンカンや百合の根などが添えられています。甘いの。


b0064461_21353049.jpgb0064461_21334813.jpg










こちらもテレビで紹介されていまいしたが、目の前に登場すると、ハッと驚きます。だって、真っ黒なんだもん! 岩ですか? と思える風貌。実は松坂牛。黒く見えるのはネギを焦がして造ったもの。

サーブされたときは、ほうれん草といっしょに。このほうれん草にはお醤油の味付けでソテーされていました。お肉がとっても柔らかく、ネギが香ばしさ越えた苦味が、不思議とソースの役割をしていて、お肉の甘みを引き立てていましたよ。あら、不思議。あまり多くついていると「ニガ〜」と泣いちゃいそうですけど、そのさじ加減がシェフのすごさかも。

水のサラダ
b0064461_21355365.jpgメニューリストにはない、サラダ。

水のように見立てているゼリーには、ワサビの成分を抽出した(いきなりケミカル)素材が入っていて、わさびの葉といっしょに食べるとガツンと鼻にきます(涙) 
クレソンとならヘーキ(笑) ゼリーは思ったよりも堅いんですが、のどごしはよかったです。

だんだん雪解けで春が近いというイメージかしら。


b0064461_2146765.jpg
口直しのソルベ♪
いよかんです。
ほんのり柑橘の香りと酸味がステキでした〜。
パクッとひとくちで☆


冬の甘い香り
b0064461_21345822.jpgデザートです。
フォンダンショコラとバニラアイス。
「熱いうちに」とのことで、たしかにアイスがどんどん溶けちゃう。

フォンダンショコラが、すっごーーく濃厚で、チョコレートクリームのような舌触りで、苦味が表に出てくるガツンとしたスイーツ。

決して重くはないので、すーっと入っていきます。うまいっ。

最初はバニラと交互に食べていたんですが、バニラが溶けてきちゃうので、だんだんソースのようなカンジにもなってしまいました。いいのかなぁ。



b0064461_2139425.jpg
実は、まだ終わっていなかったデザート!

この中から、さらに選ぶんです! すごい種類のデザート・・・。

ちなみに3人のパティシエさんがランチとディナーのために、1日2回も造っているそう。

迷いに迷って・・・・


b0064461_21404745.jpgパリブレスト、小さなマカロン2コ(ホワイトチョコレート・ラベンダー、カカオ72%)、ショコラ、カヌレ。ちと欲ばりすぎた・・・。

パリブレストは3人ともチョイスしたのですが、最初に選んだSちゃんが「すごくおいしい!」といってくれたから(笑) モカクリームとキャラメルがしっかりしていて、濃いコーヒーにぴったり。

カヌレは、小さいからかな、ちょっと堅かったかな〜。

ショコラはオレンジリキュール入りかな、オレンジの香りもあって、わたしにはすごくウレシイ。

小さなマカロンは、あっという間に食べられちゃいますが、ちゃんとラベンダーやカカオの香りがしましたよ。


b0064461_21423297.jpg【オマケ】

かわいいマカロンは、この箱にはいっていました。

すごく小さくて、眺めているだけでニヤけちゃいそうな、フォトジェニックなマカロン。こちらは、レ・ミニャルディーズのもの。

大丸東京店にあるそうなので、ちょっとしたギフトにも(もちろん自分用とかでも)いいかも。
箱を開けたら、すっごくキュートだし♪


b0064461_21353343.jpgb0064461_21355885.jpg【オマケ2】
パンがすごくおいしくて! 3種類のパンをサーブしてくれます。もちろん温めてありますよ。
パンといっしょに運ばれたときに「?」と思ってしまった、小さな植木鉢。これは、バターです。芽を出している細かい演出に、つい笑ってしまいました。土の代わりは、細かくなったオリーブ。下にホイップされたバターが。オリーブの塩味などが混ざり合って、バターとすごく調和されていて。パンにつけると三重奏になっちゃいます。

パンはそのまま食べても、さまざまな穀類が入っているので甘みも、香ばしさもすばらしい。こちらのパンはシニフィアン・シニフィエのもの。ただ、シェフがコースに併せたオーダーをするそうなので、同じパンは置いていないかも、とのことでした。


【飲んだワイン】
シャンボール・ミュジニー 2004
生産者:メゾン・ニコラ・ポテル
生産地域:フランス:ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイAOCシャンボール・ミュジニー
ブドウ品種:ピノ・ノワール(100%)
アルコール度:13%
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-19 15:05 | おいしい日々 | Trackback | Comments(4)

先週の金曜日。新橋で映画『レスラー』(ミッキー・ロークがいい!)を見た帰り、近くで違う映画を見ていたmさんが「こんなお店を見つけた〜」ということで、4人で行ってみることに。新橋のおじさまたちの憩いの場っぽいエリアをくぐり抜け、あるビルの2Fに「A.TE」はありました! 近くに気になる甘味屋さんとかもあったり、新橋っぽい雰囲気の店がいっぱい。こちらのお店の客層は仕事帰りのサラリーマンやOLさんが多いかな。

イタリアンがメインのようですが、ビストロ的な雰囲気なので、いろんなメニューがボードにずらり。お腹がすいているので気になるメニューがたくさん。困った・・・。直感的にチョイスしてみました!

b0064461_18564118.jpgまずは、ピクルス。
野菜も種類がいろいろあって、結構大きい。ワインを片手にもってこいなおつまみ♪

b0064461_18571573.jpgゴルゴンゾーラソースの温野菜(だったかな?)。ゴルゴンゾーラソースがたっぷりかかっているので、ワインが進みます! バゲットをもらって、ゴルゴンゾーラを最後まで堪能♪

b0064461_1859183.jpg食べかけで失礼。

パテです。これがすっごくおいしい! 濃厚なんですが臭みがあまり感じないパテで、パンにたっぷりつけても、ワインに負けない。
これは、また食べたいなぁ。
リエットと迷ってパテにしたのですが、パテでよかったかも(リエットも食べたいけど)。

b0064461_18592161.jpgメインのパスタ。パスタメニューは豊富にあって、パスタ名が書いてあるんだけど、パッと浮かばないんですよね〜(汗)

羊にしちゃいました。4人で食べているんですけど、ボリューミーでなかなか減らず(笑)

イタリアのネロ・ダボラの甘いカンジのワインにもピッタリ♪
羊の香りもちゃんとするのも、これまたいい感じ〜〜〜。 

b0064461_18594053.jpg気になって追加オーダーしてしまった、砂肝とポテトのココット。だって、砂肝はわかるんですけど、ポテトがココットだから〜。ポーチドエッグをエイッ! と壊して混ぜ合わせると、まったり味でおいすぃ。

b0064461_18584247.jpgデザートタイムは、しっかりデザートを。ティラミスです。砕いたコーヒー豆かな、がかかっていて、苦味が後から襲ってきます(笑) ふんわりしたティラミスでした。


b0064461_1901768.jpg【飲んだワイン】
シェラザーデ 2007
生産者:ドンナフガータ
生産地域:イタリア:シチリア州
ブドウ品種:ネロ・ダヴォラ(50%)、シラー(50%)
アルコール度:13%
樽熟成:セメントタンクで2か月、瓶熟成3か月


[PR]
by matc_tomo | 2009-03-18 17:54 | おいしい日々 | Trackback | Comments(4)

さて、なんでしょう

b0064461_23194974.jpg

食べ物です。

意外においしゅうございましたよ。
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-17 23:19 | おいしい日々 | Trackback | Comments(0)

ネイル春バージョンα

b0064461_19352999.jpg

3月なのでテーマは桜!
角度によって色の変化がラブリーですよ。
2月の梅とは違うピンク色でキラキラです☆

ピンクだけで終わらなかった今回は、ブルーのお花を象ったスパンコールを置いてもらいました!
またもやゲン担ぎをお願いしましたっ。
自己満足でもいいんです。
とにかく、勝って!!

写真by Sさん♪
[PR]
by matc_tomo | 2009-03-15 19:35 | 普段のできごと | Trackback | Comments(4)