b0064461_20493151.jpg

先日、大阪出張があったので平日でしたが翌日は有給を取って京都泊してきました。ホテル近くの和菓子店、月餅家 直正さんへ。以前、わらび餅がおいしいと聞いていたのに売り切れで買えなくて、今回はそのリベンジ。午前中なのでまだあるかな〜と。

お土産にわらび餅(3コ)と葛湯、ふとショーケースとは別に置かれていた「水無月」というお菓子にも惹かれて購入。見た目が羊羹のようだったのですが(栗とか使ってたし)、お店の方によると「ういろうみたいなお菓子」とのことだったので興味津々。カットしてもらい帰宅後にパクついちゃいました。

下の部分がういろうっぽい弾力が。抹茶もほどよいカンジだし、それほど甘さがきつくないです。水無月のため30日も営業と書かれていましたが、このお菓子は30日に食べる行事にちなんだものなんですね。調べると、とらやさんのサイトを発見(さすがだ)。夏の暑さを払うためのお菓子らしいです。ほ〜。三角形の形(氷をイメージ)にして食べるそうなんですが、お店の方に切ってもらったのはフツーに縦に切ってもらったので写真のような短冊形(笑)今度は三角形にしてもらおう。

京都ではいろんな和菓子店で売られているようですが、東京にもあるのかなぁ。参考にしたとらやさんでは1週間ほどの期間限定販売みたいですけど。和菓子屋さんのtakeさん、どうなの?(ここで聞くなといわないで〜・笑)

そして。わらび餅ですが、大きいのですが、中のこしあんが、これまた絶妙な甘さでペロッと食べられてしまうんですっ! こりゃ、おいしい! 水無月は季節のお菓子ですが、わらび餅はリピ買い決定ですね。ふたばの豆餅同様に、お気に入りのリスト入りです♪




虎屋―和菓子と歩んだ五百年 (新潮新書)
黒川 光博
新潮社
売り上げランキング: 243494

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-30 21:11 | ├京都 | Trackback | Comments(6)

b0064461_15505339.jpg

試合前、2回戦の相手がヴィーナスとの問いかけに「200kmのサーブを打ち返すことを目標に」と語っていた伊達さん。センターコート第1試合に当てられた2回戦は、周りが雨で中断を余儀なくされている中、やっとまともに使うことができた屋根つきセンターコートで時間通りに始まりました。

ケガのため約4か月ぶりに復帰したヴィーナス。ケガ明けとはいえ、5度もウィンブルドンで優勝を果たし、現在のパワーテニスの象徴的なプレーをする彼女ですから、下馬評ですらきっとヴィーナスがあっさりと勝つだろうと思っていたに違いありません。伊達さんも全仏で現在No1のヴォズニアッキにあっさりと負けてしまったわけですし。

この試合でも最高216km(この試合平均187km)という高速サーブを放ったヴィーナスですが、第1セットは伊達さんの巧みなプレーに戸惑ったのか、5-1と伊達さんがリードします。このまま取っちゃえ! と思ったのですが、目を覚ましたかのようにヴィーナスがポイントを連取。タイブレークまでもつれた末、伊達さんがセットを死守しました! パフっ! 会社で見ていたので、とりあえず1セット伊達さんが取れば、2セットめを落としてもまだ続きが見られると、いそいそと帰宅。家についたら3セットが始まるところでした。ほ。

試合中、雨で中断しているのでウィンブルドンのツイッターアカウントも、この素晴らしい試合に集中!「Date-Krumm fights off a Williams set point to take set 1 to a tiebreak at #Wimbledon Fantastic match!」「Huge first set to Kimiko Date-Krumm 7-6 (6) v Venus. Sensational grass court tennis from Date-Krumm. 」と興奮気味に伝えています。そうそう、「We love how Date-Krumm keeps a smile on her face even when things don't go her way in this match v Venus. 」と伊達さんの笑顔にもしっかり気づいてくれてます(笑)

第2セットが終わり、試合が白熱するにつれウィンブルドンではついに伊達さんのハッシュタグ#KDK(キミコ・ダテ-クルムの略。日本ではクルム伊達公子と表記されますが、欧米は名字が逆)をつくっちゃいました!「Outstanding play by Venus and #KDK Now one set all 6-7 6-3 on centre court at #Wimbledon - is this the best match of the tournament so far?」大会3日目にして、大会のベスト試合じゃね?なんて呼びかけるなんて、さすが知っていらっしゃる! 伊達さんが現役復帰した際も、いち早くワイルドカードで呼んだのもウィンブルドンでしたからね。

b0064461_16183043.jpg第3セットは、ブレークされてもブレークバックをしてお互い譲らず、6-6まで持って行きました。ウィンブルドンではファイナルセットではタイブレークがないので、2ゲーム差がつくまで試合が続きます(昨年イズナーの記録がそのたまもの)。どこまで続くかと期待しつつも、6-8ときわどいショットが外れてしまいサービスキープ出来なかった伊達さんが沈みました。それにしても、どのゲームも目が離せず、あっという間の3時間でした。

試合後のヴィーナスは「It was tough, she came out and I couldn't seem to get a game and before I knew it the ball was past me in every game. She plays so well, every ball hits the line, and I give her a lot of credit.」と振り返っています。

WOWOWのゲストに出てきた伊達さんは「まだまだプレーを続けたい」と語っていたので、来年こそ、セカンドウィークにも登場してほしいです!

【おまけ】
伊達さん自身がヴィーナス戦を振り返っています→オフィシャルブログWIMBLEDON2011 2R


ウィンブルドン [DVD]
ウィンブルドン [DVD]
posted with amazlet at 11.06.23
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005-08-26)
売り上げランキング: 47165

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-23 16:19 | └テニス | Trackback | Comments(0)

久しぶりに豚組しゃぶ庵さんで食事してきました。恒例の仕事仲間で集まった女子会です☆
個室でのんびりできるので、このお店をチョイスしたのですが、週末飲み放題&食べ放題で慣れているので、コースでオーダーするのはちょっと新鮮です。

b0064461_1950097.jpg

まずは、湘南ゴールドでかんぱ〜い! これはミカン果汁がはいっているらしくフルーティーな味わい☆ おいしいです。普段はビールはそんなに飲まないのですが、あまりに暑いので、つい駆けつけ一杯にはビールを選んじゃうな〜。

b0064461_19495722.jpg

前菜にもずく酢やアサリのスープをいただき、イモ寿司や揚げ物などが入ったお料理やお刺身をいただきます。

b0064461_19495947.jpg

さて、メインの豚しゃぶ!今回は沖縄の琉香豚でした。野菜もたっぷり食べられてムシャムシャと。ゴマだれが大好きで、この濃厚さがたまりません。おかわりしちゃった♪ 今回5人なのですが、席が2名、3名とわかれてたのですが、3名チームは豚しゃぶを追加してしまいましたっ! 周回遅れの2名(笑)

b0064461_19494932.jpg

ラーメンで締めて、最後はデコポンのシャーベット。は〜、さっぱり♪


そうそう、ワインを頼んだときにワインクーラーに使用していたクーラーバッグに目が釘付け。ビニール袋なのですが、ちゃんと氷も入って持ち手もついているので、旅行にも持って行ける! と海外でワインやビールを飲みたいときにも便利と食いつきました。スタッフさんに聞いたところ「お酒の卸業者からのもらい物だったそうですが、もしかしたら売っているものかも」とのことだったので、ググったらいろいろあったので、もうちょっと探してみなくちゃ。

暑い日にしゃぶしゃぶもオツですね。お店を気に入ってくれた友人は、また食事会に使いたいと喜んでいましたよ。よかった♪





小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力
中村 仁
日本実業出版社
売り上げランキング: 130532

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-22 20:14 | おいしい日々 | Trackback | Comments(0)

川崎vs広島です

b0064461_1839865.jpg

約1カ月ぶりの等々力なう。ジュビロは録画!ただいま選手練習。雨が厳しいのでメインスタンドはガラガラ。屋根があるバックは大渋滞です!
[PR]
by matc_tomo | 2011-06-18 18:39 | ├サッカー | Trackback | Comments(0)

飛行機とサッカー。

b0064461_19544145.jpgPenでエアライン特集です。即買い。

パラパラと見ると、旬の機体がズラリとならんでいます。今の時代でいえば、ボーイングかエアバスが有名ですね。個人的に期待しているのはB787。ドリームライナーです。Penによれば、ANAとJALが注文しているので、近々納入されることでしょう。もう少しマニアックなことをいうと、ANAはロールスロイスエンジン、JALはGEエンジンなので、もしそれぞれ飛び始めたら、エンジンの違いを比べてみたい・・・けど、そこまでわからないよなぁ。デヘ。

以前、ANAメンテナンスセンター見学に行ったときにも、ドリームライナーで使用している機体ボディのカーボン素材があって、実際に持ってみたのですがそれだけでも感動・・・。それが今年9月以降にやってきます(予定)。どの路線に使われるかわかりませんが、飛び始めたら真っ先に乗ってみたい。見本レイアウトの写真を見ると、エコノミーは3-2-3ながら、機内が広くなっている分席ピッチに余裕がありそう。3席のうち真ん中になったら大変だもんね〜。そうそう、広くなったといえば、頭上の収納スペースもキャリーが縦(?)に入れられるようになっていました。いまのだと、横に入れられちゃうと同じエリアの人たちの荷物が入れられずご近所の間借りすることになるので、それも嬉しいポイント。ドリームライナーだけで夢が膨らみます。

すでに飛んで話題をさらっているA380。シンガポール航空がわりと早く導入し、今ではルフトハンザなど主要会社が飛ばしていますが、いまだに乗れていません。ドイツ経由でヨーロッパに行く計画か、シンガポールに久々に行こうかとこちらも夢は膨らみますが、しぼまないうちに考えなくては。
総二階建てとは、どんな内装なんでしょう。基準がスタアラなのでスタアラ系航空会社を選んでいます。ハイ。

ほかにも、話題のLCC(PEACHが新規参入しましたが、各国にいろいろ)の企画では、ラーメンを食べにアジア各国をLCCで回るというような目的別周り方指南ページが。双六みたいで面白い。実際にやってみてもいいかも。

・・・・ワクワクが止まりませんっ! 最近は旅先よりも目的地にいく機材が気になる今日この頃。もちろん飛行機が大好きなので、大阪出張でも飛行機乗っちゃうのだ! 余談ですがほぼ日の「21世紀の仕事論」は感涙コラムでした。


b0064461_19544447.jpgさて、次はサッカー。でも専門誌ではなくNewsweekです。ウェンブリーで行われたCL決勝とFIFAのゴタコタを取り上げています。メッシのインタビューも!

FIFAといえば、見出しにもある「サッカーをぶち壊す男」ブラッター会長が4期目に再選しました。この会長選挙当日のことは、ウェンブリー経由チューリッヒに行ってしまった、うじきつよしさん(@ujizo)がtwitterで実況中継してくれたので抜粋。

「始まって驚いた! なんとFIFA会長選挙、一国づつの手書き投票! こりゃ時間かかる〜っ! 対抗馬ナシなのに!」。日本時間夜11時(現地時間午後4時)ごろ始まった選挙は超原始的(笑) フォロワーから「牛歩か?」「何か国?」とのリプライに対し、「今回参加206ヵ国、30分経過、ようやく頭文字Dの国の順番に! (ちょっと経って)いよいよイングランド!ムムッ、牛歩ナシ!」と経過報告してくれます。JICK、もとい、サッカー番組司会者うじきつよしさんが律儀な人でよかった(笑) もちろん日本も投票。「いよいよJAPAN、投票byコーゾー・タジ〜マ!」。あれ。この日でFIFA理事を退任した小倉会長じゃないのね。投票は約90分くらいかけて終了。五輪開会式みたいにハデな行進があれば楽しいのに。てか、うじきは何しにいったんだろ。

・・・・そんなことはさておき。

今のFIFAのサッカー以上に巨大ビジネス化しているが故の暗黒部分を探っています。巨万の富を得てしまうと、いろいろ大変ですね。


【関連記事】
ANAメンテナンスセンターに行ってきた! その1
ANAメンテナンスセンターに行ってきた! その2



Pen (ペン) 2011年 7/1号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ (2011-06-15)

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-17 18:58 | これ読んだ | Trackback | Comments(4)

b0064461_23222175.jpg

ついにアメリカのアップルストアで、SIMフリー版iPhone(Unlocked)が発売に。

ヒャッホーー!

アメリカ国内販売&発送と限られていますが、友人にお願いして買えるかも〜と喜んでいたのですが、機種はGSM対応種。

・・・・・日本では使えませんっ!

ユーラシア大陸に向けられちゃってますね。残念。

お値段も普段の携帯と変わらないくらいだし、日本で使えたらよかったのにな〜ぁ。
[PR]
by matc_tomo | 2011-06-15 23:26 | Mac | Trackback | Comments(0)

b0064461_14242241.jpg

京都土産の阿闍梨餅を会社で頬張っていたある日のこと。Sさんから「地元にも似たお菓子があるよ〜」と、この間いただいちゃいました♪ その名も「ひとむかし」。市川にある和菓子店・市川島村の餅菓子です。お店のサイトによると、

創業100年の記念菓として、もっちりとした新感覚の生地に潰し餡を包み丁寧に焼き上げた逸品です。


10年ひとむかしというので・・・。相当長い昔ということでしょうか。明治26年創業の老舗菓子店なんですね。サイトにある、コーヒー大福がすごく気になってます! 老舗ながら攻めますね。

さて。銘菓「ひとむかし」ですが、もちもち感があって美味しいです。たしかに阿闍梨餅と似てるのだけど、甘さは「ひとむかし」のほうが甘いです。それでもよくある大福や最中の餡のような甘さたっぷりではありません。上品な甘さで、美味しいお茶といっしょにゆっくり味わいたいお菓子です。

今度はコーヒー大福といっしょにお取り寄せしてみよう☆



京都和菓子手帖 (act books)
佐藤紅
光村推古書院
売り上げランキング: 250283

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-14 14:37 | おいしい日々 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの大木屋♪

b0064461_1828275.jpg

別名エアーズロックといわれるブロックステーキ登場!
お店の方にいわれるまで食べられません(笑)


【!追記!】

土曜日に久しぶりに大木屋さんへいってきました。といっても本店の谷中ではなく、市ヶ谷のお店です。とっても広くてお座敷でのんびりとできる店内。しかも、ビールなどドリンクもお店の方に注文できます!(笑) さらに違いは取り皿があること! さて、2時間1本勝負ばりに食べまくります!

b0064461_2034597.jpg

カツオのタタキ。玉葱いっぱいでむしゃむしゃと。
お店のルールとして、全部食べきらないと次の料理が運ばれません。
大人8人で必死に食べ始めます。が、まだ前菜なので序の口(笑)
ビールも進むよん☆

b0064461_2034981.jpg

トップのステーキが焼き上がると、このように薄めに切ってくれます。
ルールその2は、ニンニクだけ自分たちでこんがりと焼くことが許されるのですが、お肉には絶対さわってはいけません。お店の方が焼き具合を確認してくれるので、全行程が終わるまでじーっと見て観察状態です(笑)

レア状態なので、じっくり焼きたい人は、自分で鉄板の上でジュージューと焼けば大丈夫。食べ方にはルールはありません。で、味はしっかりペッパーなどを利かせているので、何もつけずに食べられちゃう♪

b0064461_2039342.jpg

お肉の焦げた部分とかをちゃんとヘラで綺麗にすると、次に登場するのが、魚介のソテー。いままでは季節のモノとしてホタテだったりカキだったりですが、なんと! 海老とホタテの両方というチョイスが登場! よくばって半々に。

で、こちらもネギを炒めるようにいわれるので、ガンガンと。ホタテと海老はお店の方の合図でひっくり返します。最後はお醤油をかけて出来上がり。バターで炒めているので香ばしいったら!

b0064461_20342113.jpg

メンチカツ。えーっと、キャベツのベッドで寝ている感じです(笑)
すでにできあがっているので人数分に切って、みんなでガシガシと食べるだけ。

b0064461_20423853.jpg

最後は、もんじゃ焼き。メンチが出される前に持ってきてくれるので、一生懸命混ぜ込みます。これで8人分。量がとんでもないので、2回に分けて焼きます。
麺も太めで、従来のもんじゃ焼きのようなチマチマとヘラにひっつけて食べるということができないくらいの量! ハフハフいいながら食べるのもオツです。

最後に梅のシャーベットで口直しをして終了。ガンガン食べたのに1時間半で終わっちゃった(笑)

気づけばまだまだ寄り道できる時間帯。デザートは別腹ということで、お店近くのファミレスでデザートを・・・。ごちそうさまでした☆



日清 おうちでジュージューもんじゃ焼セット 160g
日清フーズ
売り上げランキング: 2062

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-11 18:28 | おいしい日々 | Trackback | Comments(0)

会社にずーっと業者から買っていたコーヒーがあったのですが、経費削減もあって打ち切ってしまいました。その後はインスタントコーヒーを買っていたのですが、社員の中からも「あまりにも・・・」な声があり、有志でネスプレッソを買うことにしたのです。パフ。自宅でネスプレッソを愛用している同僚が率先してくれ、週末に注文したマシンが本日到着♪ それぞれが注文したカプセルはまだ未着ですが、マシンについてきたお試しをさっそく。

しか〜し、わたしのマグは、かつてワーナーブラザースのギフトショップ(ディズニーストアみたいなのがWB版でもあったのです!)で買った、ガラス製の大きなマグ。トゥイティが笑っているマグなのですが、これがまたアメリカ〜ンなコーヒータイプなので、ネスプレッソ向きではありません。大きすぎて、マシンにもセットできないんで、しかたなく注ぎ口に当てて斜め持ち!(笑)

まだそれだけならいいのですが、ネスプレッソはエスプレッソタイプのコーヒーなので、デミカップな量。つまり、わたしのマグでは通常の1/3程度しかありません。・・・切ないっ! おいしいコーヒーが飲めるからヨシとしよう! そのうちマグも新調しなきゃ・・・・ダメ?

今後はカプセルは自分で調達するので、ブティックに通っちゃいそうです♪



Nespresso オートタイプ PIXIE(ピクシー) ブルー C60BL
Nespresso (ネスプレッソ)
売り上げランキング: 37147

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-07 16:38 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)

b0064461_18403232.jpg

ローランギャロス男子決勝。調子を上げてきたロジャー・フェデラーが、43連勝と勢いにのるノバク・ジョコビッチの連勝をストップさせ(ついでにランキング1位も阻止!)、決勝へと進みました。ジョコ戦では、きわどいショットを次々に奪い、ジョコにテニスをさせないゲームも。最近はナダルとジョコの影に隠れていたと揶揄されたレキップにドヤ顔をしそうなフェデラーです。

一方、一部では燃え尽き症候群ではないか、と心配されるほど低迷気味だったナダル。クレイ王者といわれた彼が、今回の全仏では楽勝というゲームはひとつもありませんでした。1回戦でまさか第1シードが敗退か!?とまで追い詰められ、宿敵ソダーリング戦でようやくナダルらしい引き締まった試合を見せてくれるように。途中ナダル自身が「優勝ができるとは思えない」と会見で漏らすほどの低調ぶりです。それでも、土壇場でひっくり返してくるパワーはさすが。

決勝は、GSで何度も見てきたライバル同士のカードとなりました。

第1セット、1ゲームめでいきなりフェデラーがナダルをブレークするという波乱のスタート。せっかく復調してきたかなぁと思えてきたナダルのプレーが、どことなく沈みがち。表情さえうつむいた様子です。やばい・・・。5−3と追い詰められ、落とすかと思ったセット。でも、ナダルが踏ん張ります。ポイントを稼ぎ、タイブレークまで持って行くかと思わせて、見事に5−7。逆転で1セットをモノにします。

第2セットは第1セットを引きずるかのように、拮抗したゲームが続きます。ついにタイブレークまで進み、ミニブレークをいち早くとったナダルが収めました。この時点ですでに2時間超。長い試合時間でも、まったくだれることない、どのゲームも見どころ満載です。ウィナーショットがなかなか決まらない、足が動きディフェンスにスキがなく、ラインギリギリのショットを数本打たないとポイントにならないことばかり。もー、大変です。

第3セットは、フェデラーが有利な展開に。ナダルのショットが入らないことが増えました。また沈みがちな表情を見せる。グッとガマンの時間帯。フェデラーが7−5と獲り、この勢いでいくと5セットまでいくかもと思わせる内容です。1セットに約1時間かかっているので、試合が終わるのは・・・と考えてしまうくらい(笑) しか〜し、第4セットは復活したナダルがあっさりと1−6で決め、ローランギャロス6度目の優勝を果たしました。

史上2番目の若さで、6度目。ビヨン・ボルグがそれまで最多6勝だったのですが、それに並ぶ記録です。パフ! 

会見では、「It's a big satisfaction, especially because I wasn't at my best at the beginning of the tournament. After my first two matches, I had to play better. I wasn't confident」と大会を振り返ります。試合について「I was lucky in the 1st set. Today, I'm happy」と語り(やっぱりそうだよねぇ)、さらに「To equal Bjorn Borg is very special, it's an honour to be compared to him but the most important thing is to win the French」と記録よりも、まず1勝というのが本音だったようです。おつかれさま。

そうそう、ナダルが優勝なのでカヴァでお祝い! と思っているのですが、ナダルの地元マジョルカ島にもワインがあるかなぁ〜とググったら、いくつか出てきました。飲みやすいのかなぁ。早速ゲットしなくちゃ♪




A22 地球の歩き方 バルセロナ&近郊の町とイビサ島・マヨルカ島 2010~2011
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 37450

[PR]
by matc_tomo | 2011-06-06 18:50 | └テニス | Trackback | Comments(0)