b0064461_481369.jpg

31日深夜3時からFIFA 2014年ワールドカップ ブラジル大会での3次予選大陸別抽選会が行われています。アフリカの次にアジアの抽選があり、ポッドを引いたのはジーコ。なんとも言えない結果になりましたが、ポッドAに振り分けられたシードチーム(日本、韓国、オーストラリア、中国、イラン)は同じグループに入ることはないので、まだよいかなぁ。

ということで、上記のチームに分けられました。
日本は、グループC。ウズベキスタン、シリア タジキスタン、北朝鮮とホーム&アウェイ方式で戦い、上位2位が自動的に最終予選に進みます。アジアは、4.5枠あるので最終予選で各グループ(最終予選は2グループのはず)上位2位が出場権獲得となります。残る0.5の枠を3位チーム同士の上位国がプレーオフに回るのですが、よっぽどのことがない限り、いまの日本では大丈夫かな〜と。

政治的情勢も気になる国がありますが、それ以外でも北朝鮮はちょっと厄介ですね。前回でも無観客試合を強いられ、第3国で試合をしたので、今回はどのようになるか。お互いの国に入れないという自体だけは避けてほしいところですが・・・。

予選は9月2日から始まります。早速、日本ホームで北朝鮮と当たります!(ええっ。1か月後ではないか・・・) ついさっきtweetしたチョン・テセのコメント「来たねー。久々の日本との対戦。やったるでー。今回の対戦は前回の重慶の時より俺に撮っては大きな意味を持つ。前回はまだひよっこでリーグでもそんなに結果を出してなかったけど、今回はそれなりのキャリアを歩みWカップにも出場して日本代表の選手の中にも友達がたくさんいるから面白くなりそうだ。吉田麻也と槙野との対戦心から楽しみにしてます。」

ちなみに、予選日程。
2011年 9月 2日 ホーム  日本vs北朝鮮(埼玉)
2011年 9月 6日 アウェイ ウズベキスタンvs日本 
2011年10月11日 ホーム  日本vsシリア タジキスタン(大阪・長居)
2011年11月11日 アウェイ シリア タジキスタンvs日本
2011年11月15日 アウェイ 北朝鮮vs日本
2012年 2月29日 ホーム  日本vsウズベキスタン(愛知・豊田)

さらに。気になるヨーロッパ
b0064461_513177.jpg

どこも大変なんですけど、スペインはグループIで、フランス、ベラルーシ、グルジア、フィンランドという組み合わせ。個人的にはスペイン、フランスが残ってくれればいいのだけど・・・。そうはすんなり行かなくて、ヨーロッパは13枠あって、1位通過は出場。2位は上位8チームでプレーオフで残り4つを争うという過酷で長い道のりです。う〜ん。さんまさんの「天国と地獄」をまた放送してほしいなぁ。

【関連ニュース】
FIFAオフィシャルリリース The Draw results in full


心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
長谷部誠
幻冬舎
売り上げランキング: 40



[PR]
by matc_tomo | 2011-07-31 04:19 | ├サッカー | Trackback | Comments(2)

b0064461_1711394.jpg

サッカーの松井大輔選手がリーグ・アンのディジョンへ移籍したとのことなので、ずーっと止まったままのディジョン旅をアップするなら今だ! と、波に乗ろうしている今日この頃。なんせ2007年の出来事なので、ずいぶん記憶もぶっ飛んでおりますが、写真を見れば思い出すだろうとのんきな気持ちです(笑)

膨大な写真を片付けつつ。

まずは、イントロということで、トップのギョーム凱旋門から始まり〜〜〜。
[PR]
by matc_tomo | 2011-07-29 17:12 | ├フランス・ベルギー | Trackback | Comments(0)

夏のロックフェス中心にいまのところ活動している子供ばんど。銀座ヤマハで公開ゲネプロ(!?)以外にまだワンマンライブはしていません。そんな中、NHKの海外放送される音楽番組『J-MELO』で観客入りライブ収録があるという情報がっ! ダメもとで応募。数日後。な、なんと当選っ! スキップしながらいってきました(ウソ)

さて。このライブは、TAIBAN(対バン)なので4組のバンドが出演。それに渡辺香津美とCharのセッションという別放送日の収録も兼ねていたので、個人的にもウッキウキ。内容はオンエア(海外は8月放送らしく、日本では9月、10月と遠い・・・・)があるので、その収録での雑記。

このTAIBANは、OKAMOTO'S ソノダバンド Alice Nine 子供ばんどの4組(放送は2組ずつ)。総年齢がボンジョヴィとエアロスミスの間(by うじき)の子供ばんどが平均年齢を上げてますっ(笑) わたし自身も最近は全く開拓していないので、共演バンドはだれ?状態(笑) 観客には、それこそヤングな女のコたちばかりなので、すっごいことになってます。「子供ばんどって、子供のバンドかと思った」という声もチラホラ(笑)

OKAMOTO'Sっていうくらいだから、誰かが「おかもと」なんじゃね?とググったら、みんなが「おかもと」になってる!? えー、そんな〜(笑) バンドはひっさびさに聞いた縦揺れでございます。疾風感ありあり。これは個人的にもヒットかも。ドラムのコがとにかく見てるだけで面白い(笑) ボーカルは、がむしゃらに歌ってますが、ドラムのコ以外、ギターとベース(あるコメによるとダウンタウンの浜ちゃんの子息らしい)は冷静なんですよ。で、同行したRが気づいたことなんですが、1曲目の「恋をしようよ」。ルースターズの曲なんですけど、原曲のまんま。メンバーは原曲を知らないと思うんだけど。陣内孝則さんが監督した映画『ROCKERS』でも使われているので、そっちかな?

記念に原曲。



次。ソノダバンドは6人の大所帯。こちらはソノダさんがメンバーにちゃんといて、MCとかを担当しているようです。セッティングを見ていると、チェロが出てきた!? え? センターのコは、ヴァイオリンだよ。えええ? ってことで、インストのバンドなんですが、わたしの頭にある引き出しからたとえて言えば、さらにロックにしたクライズラー&カンパニーみたいなカンジ? 情熱大陸系?と思ったら、イベントにも出るみたいですね。踊れるインスト。


Alice Nineは、ビジュアル系バンド。観客の大半を占めていたのが、彼らのファンのコたちだったのですが、最近のビジュアル系ファンって、それっぽいファッションとかではないんですね。たとえばXジャパンのライブには、YoshikiやToshiがいっぱいという感じというのかなぁ。で、ビックリしたのが、振り付けがすごいんですよ。あれ、誰が振り付けるんだろう? パラパラとヲタダンスが混ざっているような。ちゃんと合ってるの! いや〜、凄かったねぇ。後ろから見ていると爽快感さえありました。

そして!
もうひとつのビジュアル系バンド(byやまとさん)の子供ばんどが登場です!「23年間活動していませんでした。キミたちが知らないのは当然。帰ったらお父さんに話してごらん。目の色が変わるかもよ」とJickの挨拶にニヤリ。23年ぶりといっても場数は伊達に踏んでませんっ。一気に小さなライブハウスにしちゃったよ。でも、さっきまで汗だくになりながら華麗な振りでノッていたコたちが、微動だにせず子供ばんどを聞いていたのには笑っちゃいました(座ったり、帰ろうとしないのはエライ)。踊ってね♪

対バンのいいところって、自分のテリトリーとは違うバンドやシンガーに出くわして、新しい発見ができることもあるのだけど、今回はまさにそれ。

楽しかった〜〜。収録ってことを忘れちゃったよ。

海外配信されることを確認したJickの最後の言葉にまたニヤリ。
To all my friends. We are still alive!
完全復活ですな☆


PS 対バン後は、渡辺香津美とCharのセッションにこそ〜りスタッフに混じっていたうじきが(笑)


↓23年ぶりの新曲☆ 奥田民生がプロデュースに参加〜♪
マンモスの唄 [DVD]
マンモスの唄 [DVD]
posted with amazlet at 11.07.21
子供ばんどオフィス (2011-08-08)
売り上げランキング: 1046

[PR]
by matc_tomo | 2011-07-21 18:30 | ├子供ばんど | Trackback | Comments(2)

b0064461_22231090.jpg

b0064461_22231272.jpg

伊勢丹で買った六盛の「手まり寿司」です。大きさもちょうどいいので、空弁(京都からの帰りでも伊丹→羽田でした)にしようと買ったのに、機内では爆睡してしまいました(笑)

帰宅後に晩ご飯になったのですが、袋が横になったりしてずれちゃった(汗)

見た目はかわいいですが、やはり料亭らしい味わいです。はんなりという味わい。スフレ専門店「六盛茶庭(サテイ)」もあるので、今度はお店で味わいたいです♪
[PR]
by matc_tomo | 2011-07-19 22:41 | ├京都 | Trackback | Comments(0)

b0064461_7121538.jpg

なでしこジャパン ワールドカップ優勝!

メダルをもって帰りたい。
澤穂希選手がドイツ女子ワールドカップ開催前からずっと言い続けていた言葉です。その言葉が現実になった瞬間、なでしこの選手たちは涙よりも笑顔に溢れていました。

グループリーグは初戦から2連勝して割とあっさりと決勝リーグ突破を決め、最後のイングランド戦で完敗。予選2位になりドイツと戦うことに。地元開催で優勝が命題となっているチームですから、ここでなでしこの夢が終わるかと思いきや、それが功を奏したのか、やはり彼女たちはまったく違っていました。延長の末、唯一のチャンスといえるスルーパスをまるかりが決め大勝利。快進撃はどこまでも続くことになります。

準決勝のスウェーデン戦では、なでしこらしいパスワークと、動きが鈍いスウェーデンを見事に封じ込めての勝利。予選からいわれてきた「バルサのようなサッカー」をさらに世界に見せつけてくれました。

そして迎えた決勝。ブラジル戦でも死闘を繰り広げた、FIFAランク1位のアメリカとの対戦。北京五輪のときに、善戦した日本に対して親善試合をオファーしてくれた、あのアメリカです。いままで逆立ちしても勝てなかった相手。でも、悲観的にならず、目標に向かって明るく練習を続けるなでしこたちには気負いという言葉は見つかりません。

試合が始まり、後半に1点を入れられるも、追いついたなでしこ。下を向かず、つねに粘りゴールを狙う姿勢は、いままでと同じ。スウェーデン戦だって1点ビハインドからひっくり返したのですから。そのときオバマ大統領は「Remember the quarter finals: this team is indomitable. 1-1 with 10 to go. Let's go」とアメリカの粘りを信じます。そして迎えた延長。またしても勝ち越しゴールをアメリカが入れます。オバマ大統領は「Score is now 2-1 thanks to a beautiful goal by Abby Wambach. 」とヘッドを決めたワンバク選手を讃えます。むむむ。

が、やっぱり澤姐さんがやってくれました!

ヒャッホー!! 同点だ!! しかも残り3分くらいの土壇場です!

120分のホイッスルが鳴り、PK戦突入。順番を決める円陣では、佐々木監督や選手たちは笑顔です。なんなんでしょう。しかめっ面のアメリカと対照的だけではない雰囲気が、日本のベンチにはあります。試合前も笑顔だったし、本当に試合を楽しんでいるんだなぁと思わせます。

海堀にネ申が降りますように。そんな願いをテレビ前で祈りつつ、じっと見つめます。

先攻のアメリカひとりめを止めた! よっしゃーー!
日本は宮間が、遠藤のようなゆるめシュートできっちり決め、ガッツポーズ!
アメリカふたりめはバジオのようなロケット打ち上げしてくれて、続く3人めも失敗。アメリカに力みが出たのでしょうか。4人目はきっちりワンバク選手が決めましたが、日本のラストキッカーになるであろう、熊谷がしっかりとゴールネットを揺らした瞬間、なでしこ優勝が決まりました!

表彰式では、フェアプレー賞を受賞した日本、大会MVP、得点王になり表彰台に3度も登った澤姐さん。表彰台にいた小倉会長も嬉しそうです♪ ツイッターで拾った話によると「探してみたら、澤の「優勝」「得点王」「MVP」トリプルクラウンは、男子でも1982年スペイン大会のパオロ・ロッシしかいないらしい」とか。すごいぞ、澤姐さん!

そ・し・て。
ワールドカップトロフィーを掲げる澤姐さんほか、なでしこたちの満面の笑みが画面いっぱいに!

おめでとーーーー!

b0064461_16284526.jpg

澤△!

そうそう、Jリーグなどでも優勝すると☆がつくなどエンブレムに変化がありますが、ワールドカップ優勝チームには、エンブレムの上に☆がつきます! ついに日本にもその☆がやってくるのです! サムライたちも頑張るんだぞ!

明日のお昼の便で日本に戻ってくるというなでしこ。そのときはビジネスクラスの席を用意してくださいっ!>小倉会長!

☆ワールドカップの日本人選手受賞歴☆
澤穂希選手が、adidas Golden Boot、adidas Golden Ballをダブル受賞
なでしこジャパンは、FIFA Fair Play Awardを獲得
決勝=Player of the Match 海堀あゆみ選手
準決勝=Player of the Match 宮間あや選手
準々決勝=Player of the Match 澤穂希選手
Gリーグ第2戦=Player of the Match 澤穂希選手
Gリーグ第1戦=Player of the Match 宮間あや選手

以下、ツイッターで拾ったアメリカ要人の方々のコメント。嬉しすぎ☆

ルース大使
「Congratulations to Nadeshiko Japan on a great win in the final of the Women's World Cup! It was a great match.」「FIFA女子ワールドカップ決勝戦でなでしこジャパンが見事な勝利を収めました。おめでとう! 素晴らしい試合でした。」

アン・カリーさん(NBC「TODAY」アンカー)
「Team USA, you took women's soccer to a new level of cool + won RESPECT. Congrats Japan. Gambaru.」

オバマ大統領
「Couldn't be prouder of the women of #USWNT after a hard-fought game. Congratulations to Japan, Women's World Cup Champions.」

おまけ・錦織圭くん
「How exciting! The Japanese Women’s Soccer team won the World Cup in an unbelievable final! Congrats!」

おまけ2・槙野智章くん
「なでしこの皆さん本当に優勝おめでとう。そして感動をありがとう。 日本を笑顔にし元気づけたのは間違いない。なでしこの皆さんの戦い、気持ち、そして何よりもサッカーを楽しんでやる姿に心を奪われた。 個人的にもたくさん刺激を受けたし、見習う部分が山ほどある。 同じ日本人として誇りに思う。」

【なでしこたちの声! from twitter】
丸山選手「優勝しました( ´ ▽ ` )ノ勝てて良かったです!すっごい嬉しいです☆沢山の応援ありがとうございました~!」

永里選手「優勝した!」「今大会、本当に色んなことを学ぶことができました。自分の信念をもってチャレンジすることを貫くことができたのも、チームメイトの存在、応援してくださった方たちの存在があったからだと心から強く感じています。本当に、ありがとうございました。」

鮫島選手「決勝戦たくさんのご声援をありがとうございました!!なでしこジャパンを応援してくださった皆さんと一緒に取った金メダルです。また、今大会ツイッターを通して支えてくださった方々本当にありがとうございました。次の目標に向かってまたチャレンジしていきたいと思います!!」

熊谷選手「みなさん、応援ありがとうございました。優勝できたのもみなさんのおかげです☆ またここからさらにレベルアップして、さらに高いレベルで戦えるようにチャレンジし続けます。 さー、勝負はここからです。また、頑張ります。」

ハワイさん(川上直子さん)「おめでとう♪ミックスゾーンでメダルかけてもらってシャンパンで乾杯したら(涙)あぶなかった(^-^)本当に楽しませていただいた大会でした。ありがとうございました☆」

日比野真里さん(レポーター)「今ごろ震えてきた(>_<。)」「こほん、では、いきます。世界一!!!!!!!なうっ! ワールドカップチャンピオン、なーーーーーーーーうっ!!!!」

ツイート・スタジアム(ソニーの実況アカ)「ホテルで選手待ち後、部屋に戻ってきました。なでしこたちの本当にうれしそうな顔を見てちょっとだけ実感が湧きました!明日帰国なのでこれから荷造りでございます…最高のドイツ滞在をありがとう!日本に元気をありがとう!!」

原ヒロミ技術委員長「なでしこみんな凄い!おめでとう。たくさんの応援ありがとうございました。多くの皆さんからの支えのおかげです。男子も続きます。」

youtube「FIFA Women's World Cup 2011 Nadeshiko Japan " Yamato Nadeshiko "」



【関連ニュース】
JFAオフィシャル NADESHIKO PARK
JFA TV 帰国記者会見動画

FIFA Japan edge USA for maiden title
   Kaihori and Kumagai, Japan's penalty stars
   Double delight for Sawa
   Sawa: I could never imagine this
NY TIMES Japan 2 (3), United States 2 (1), Penalty Kicks
WSJ なでしこジャパンW杯優勝、米国に粘り勝った背景に“12人目の選手”
   日本ならではのスタイルで勝った、なでしこジャパン
スポーツナビ なでしこ優勝に歓喜と称賛の声が続々 世界が伝えた日本の快挙
スポーツナビ 江橋よしのり氏コラム 澤のゴールが示した「あきらめない心」 なでしこジャパンの快挙と進むべき道
丸山桂里奈選手ブログ チカラ。
安田理大ブログ なでしこJAPAN。
梅崎 司ブログ 感動!!
ボビさんのブログ なでしこジャパン
フモフモコラム W杯制覇!世界一の勇気を与えてくれた、なでしこJAPANに感謝の巻。
Big Apple Bites... No.1 !!



なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう!
佐々木 則夫
講談社
売り上げランキング: 1948


ほまれ
ほまれ
posted with amazlet at 11.07.18
澤 穂希
河出書房新社
売り上げランキング: 2512

[PR]
by matc_tomo | 2011-07-18 07:58 | ├サッカー | Trackback | Comments(4)

b0064461_3155628.jpg

大阪から京都に移動してホテルにチェックイン後、あまりの暑さにシャワーを浴びてぼ〜っとしていたら8時過ぎ。お腹もすっきすきだったので(実は朝に空港でつまんだ程度だったから)、しっかりご飯を食べたいということで、後輩ちゃんおすすめの「シナモ ワイン食堂」さんへ。時間も時間だったので、電話すると、「大丈夫ですよ〜」とのお返事。よかったー。ってことで、ホテルから徒歩5分位の距離だったので、いそいそと向かいました。


b0064461_31618.jpg

初めてだったので、お店自慢のピザ(山猫ピザ)が食べられるコースにして、ワインはグラスワインからカヴァをチョイス。熱いもんね〜。で、小皿のトリッパが気になったので(たしか塩味)、ポーションとしても大丈夫とのことでオーダー。おつまみに丁度いいサイズで、カヴァも進んでしまいます♪


b0064461_316628.jpg

タイのカルパッチョ、ゆず胡椒。これがまた〜、ゆず胡椒のピリリ感がカヴァにぴったり。タイも甘みもあって、おいすぃ!


b0064461_3161190.jpg

メインになる山猫ピザから、たことアンチョビのピザを。四角い生地なので食べやすいです。ひとりでも、かる〜く食べられてしまう! やば〜い(笑) すごく薄い生地なのに、もちもち感が半端ないんです。オリジナルでハーブを10種類以上をブレンドしたスパイスをかけると(写真左の小瓶)、さらに風味と深みが増します。このスパイスは、タバスコだけだと辛さだけなので、辛さとコクなどを出せるようにつくったそうです。ほしいなぁ。

このときは、グラスワイン2杯目のオクレドバスティーユ2009を。水のように飲めてしまうほどサラッとした味わい。熱い日にはぴったりだな〜。


b0064461_3162118.jpg

ひとりごはんなのに、いい気分になって、本当はデザートになるのところを、チーズの盛り合わせを別オーダー。カビ系はやめてもらった盛り合わせは、レッジャーノやカマンベールなどソフトな味わいのものに。ワインは、ソルドロッソサレント2009 IGTロッソサレント。モンテプルチアーノ単一のものですが、鰹節の香りがふわりとする、ほど良いタンニンも味わえるもの。これもヒットだ☆


b0064461_316293.jpg

そして、デザートは、バナナブレッドとバニラアイス。マイ王道! バナナブレッドは温かくしてあるので、ふわふわです。ヒャッホー! もう、なんで京都にあるのかしら〜と思うくらい、堪能させていただきました! とくにピザは人気というのがわかります。持ち帰りたいもの(笑)


b0064461_3155348.jpg京都市中京区寺町通二条下る妙満寺前町453 
075-223-3969
大きな地図で見る
b0064461_3451047.jpg

[PR]
by matc_tomo | 2011-07-14 03:55 | ├京都 | Trackback | Comments(2)

b0064461_22481249.jpg

先日、とある老舗の新ブランドのどら焼きが微妙だったので、日本橋うさぎやさんのどら焼きでリベンジ。どら焼き好きとしては、ほっこりする、超好みのどら焼きでございます♪ それと、うさぎ。

あ〜、幸せ。
[PR]
by matc_tomo | 2011-07-12 23:05 | おいしい日々 | Trackback | Comments(2)

さて。だいぶ日が経ちましたが、先日の京都散策のつづき。

b0064461_21543881.jpg

午前中に智積院へお参りへ(お守りも返したかったので)。前回は上野へ出張していた長谷川等伯の「松に秋草の図」などをじっくり鑑賞(涼んでいたというのが正しいかも!?)。平安神宮のところにある京都市美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」を見るために、今度はバスに乗って移動(暑いんだも〜ん)。

と、ランチ時間になっていたので鳥居が目の前にある、カフェ「オ・タン・ペルデュ」でランチをすることにしました♪ マンションの1階にあるカフェですが、とても人気のようで店舗内のテーブルはすでに満席。テラス席もありますが、さすがに炎天下(シェードはあるけど)では厳しい。しばらくお店のテイクアウトのパテやケーキなどを眺めつつ待っていると・・・。

ランチメニューはワンプレートでサーブされます。
b0064461_21543158.jpg
メインのキッシュ。フワフワでおいしんですよ。ホールでも売られているのですが、動き回ることを考えると余裕があるときに買って帰るほうがいいかな。


b0064461_21543349.jpg
自家製フォカッチャに、白ワインで煮込んだリエットが、とっても合うんです。あ〜、ワインが飲みたい♪ 暑い日にちょうどいい野菜のピクルス。手前のは焼き菓子(デザート)です。


b0064461_21542994.jpg
紅茶にもこだわりがあるようで、オリジナルブレンドなどいろんな茶葉とバーブティがそろっています。わたしは、ミントなどがブレンドされたハーブティーをチョイス(名前失念)。


涼しくなったらテラス席でまったりしたいカフェでした〜♪
b0064461_21543614.jpg
オリジナルプレートもステキなんですよ。
[PR]
by matc_tomo | 2011-07-11 22:15 | ├京都 | Trackback | Comments(2)

b0064461_1630665.jpg

同僚ちゃんのご主人が大量にお取り寄せしたというお菓子ソフトりんごをいただきました。リンゴを1センチくらいの厚切りにし、そのままフリーズドライにしたという、まんまリンゴなおやつです。

厚切りだからかしっかりと歯ごたえがあり、ドライフルーツほどの堅さもなく、パフッという食感。そして、品種ふじならではの甘酸っぱさが味わえます。

うまし☆

1袋に2枚入っていますが、あっという間に食べちゃった。

気に入ったほかの同僚さんたちとともにお取り寄せ決定! さっそくオーダー!
1袋から注文できるので、希望個数を集計してネットで注文! 便利だわ〜。
ついでに、ちょっと気になるやさいスープもあったので、それも合わせてみた(笑)

・・・・あと300円ほどで送料無料になりまが・・・というお店からご連絡が!

えーっと、作戦会議をさせていただきますっ!




[PR]
by matc_tomo | 2011-07-07 16:37 | お取り寄せ | Trackback | Comments(2)

ついに、羽田空港にボーイング787(ドリームライナー)がやってきました! 朝6時21分にランディング。その様子をANAがUst配信してくれたので、それをキャプチャ!

b0064461_791351.jpg
Ustではご親切な方が管制塔の音声ガイドを教えてくれたので、それを聞きながら今か今かと待ち構えてましたよ。予定時刻より5分程度遅れて、着陸態勢に入ったB787がみえてきました! もう、この時点でUst視聴者約4000人が大興奮!

b0064461_791074.jpg

b0064461_2131286.jpg着陸の瞬間! 滑走路34Rに着きました! ヒャッホー! ここで機体全体がみえているのですが、どうもカメラのアスペクト比がおかしいのでは?という視聴者の声(コメント)あり。少し細長く見えるんですよ。202番スポットに向け走行中の姿を見ると、もうワクワクです。多くの機体があるのですが、途中B767と並走するという面白い状況に。視聴者もそれにも超反応! 機体の大きさなどが比較できるので面白い構図になっていました。

着陸した34RはC滑走路のD滑走路よりのほう。wiki先生によれば、南風のときに離陸用として使われる滑走路だそうです(着陸に使ってるけど)。へ〜。(画像はクリックすると大きく表示されます)



しばらくして、途中で映像が切れてしまい・・・・。

放水式までしばしお待ちをとの表示に待っていると・・・・・

b0064461_79634.jpg
あれ? コックピット側のドアを開けようとしている作業員さんたち。・・・・・放水式はすでに終わっていた模様! PC前にいる視聴者一同ガツカリ。

その後も、映像がよく途切れます。どうも、このカメラを任されたのはANAスタッフなんじゃないかと。普段ビデオ撮影がすきだから頑張っちゃった系の方でしょうか。せめてもう少し詳しい方にしたほうがいいような・・・。だんだん、視聴者からもブーイングのコメントが増えてきます(苦笑) 『ハッピーフライト』の矢口史靖監督に記録として撮影してもらってもよかったのに〜。

中継はともかく、B787はキレイな機体ですね。すごく引いていないと翼が入りきりません。翼の薄さに比べてエンジンがものすごく大きいことがわかります。機体は777をちょっと小さくしたようなカンジでしょうか。よりスーッとした顔になっています。

しばらくすると、ドアの向こうからキャプテンたちが出てきました!
b0064461_782582.jpg
ボーイング社のクルーも出てきて、地上で記念撮影をしていたりと、記者会見のようなことをしているのですが、Ustでは解説の音声等がないので、勝手に自己判断(笑) B787は客室の窓がいままでよりも大きくなっているハズなんですが、この窓を見ると今までと同じに見える? 隣に比べられる機体があればよいのだけど。

4日のメディアイベントではしっかり配信してくださいね!

【追記】
ANAのtwitterアカウント(ANA_flight_info)が公開してくれた放水式の写真です〜♪
b0064461_740129.jpg
虹がキレイだな〜☆

機体の写真!
b0064461_7401553.jpg
エンジンの後ろがギザギザになっていることで、機内での騒音が軽減されるそうです。早く乗りたいぞ!






[PR]
by matc_tomo | 2011-07-03 07:28 | 普段のできごと | Trackback | Comments(0)