渋谷独壇場伝説Vol.1

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by matc_tomo | 2016-05-15 00:52 | ├ライブ

b0064461_21591278.jpg


ADAM atとGeluguguの2マンがあるので博多へ。その前に、お昼ごろから博多駅ビルにあるタワレコでインストアライブがあるというので、行ってきました。

インストアといっても、会場はビル2階のエレベーターホールで、外の遊歩道?からも、エレベーター待ちの方も見られちゃうという、ちょっと面白い場所。エレベーターを待つ人の列と、ライブ観覧の人たちが入り混じって、ステージ前はちょっとカオスなことになってたけど、混乱もなくいい感じに賑わってました。

リハからしっかり聴こえちゃうわけで、通りすがりの人たちも、なんだ?という顔をしながら過ぎていきます(笑)

メンバーはスタメンのemaさん、ラッキーさん、コータさん。ヒロシさんはPA横に。emaさんのドラムセットは、カホンをバスドラにして、スネアを叩くという仕様でした。ベース、ギターはアンプで繋いでたしアコースティックではなかったです。

『スウィートホーム』からの曲を中心にしたセトリで、「六三四」のときはホークスを絡めつつ、NHKのプロ野球テーマ曲としっかりPR♪ 演奏中、外を通る家族連れの中に、お子ちゃまたちがライブを見ていたりすると、メンバーさんたちがニコニコしながら反応してたのも印象的。

アンコールは、ほぼ1秒で戻ってきた玉田さん(笑)早すぎです!

「五右衛門」のガッテン!、「六三四」の打ち取れ!では、ヒロシさんもステージに上がって慣れないファンのために盛り上げてくれました*\(^o^)/*

ほんの30分程度だったけど楽しかったな。夜のライブまでのいいウォーミングアップになりました☆




[PR]
by matc_tomo | 2016-04-25 21:55 | ├ライブ | Trackback | Comments(0)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by matc_tomo | 2016-04-25 16:33 | ├Gelugugu

b0064461_02083389.jpg

Gelugugu、ADAM at、 カルメラによるスリーマンツアーが12月に、静岡、東京、名古屋、大阪の4都市で開催されました。

もうね、何が面白いのかって、タイトルにも書いてますが、ツアータイトルがあるのに、初日から三社漫談ツアーと変更?されるほど、演奏とMCが融合したツアーだったから。

ちなみに、元のツアータイトル「Three Bee Hello」は、ADAM atの玉田さんが映画『スリーピーホロウ』をもじってつけたもの。それを聞いた時は爆笑してしまいました。玉田さんも好きな映画なのかなぁ♪ こんなところからも、すでに笑いを取るとは・・・(大笑)

「僕たちが一番まともなバンドですからね」とカルメラのゴウシさんが言ってましたけど、カルメラ以外はMCからスタートするんです(これは通常通り)。Gelugugu元さんは、冒頭トークが弾むとセトリでいう3曲分くらい話します(笑)

そんな演奏とトークがウリ?の3バンドをサラッとおさらい。

☆カルメラ
個人的には、去年の8月にGeluguguとの2マンで見たのが最初。だから、このツアーで2度目となりまして、一番馴染みがないバンドでした。

キャッチーなサウンドと、フロアを巻き込んで楽しませてくれる演出が、ほぼ初見でもすんなり溶けこめるんです。 インストバンドではありますが、「ロックンロールキャバレー」など数曲は歌詞があるので、半インストバンドなのかぁ(笑)

まともなバンド…とはいっても、企画ツアーならではの遊びは忘れてません。ADAM atの「サイレントヒル」、Geluguguの「ONE TWO」をシレッとセトリの合間に入れ込んできたり、東京が拠点のバンドですが、元は関西出身のメンバーですから、笑いのツボを所々に落とし込んできます。

SE→1曲目の「SUNSET DRIVER」でビシッと始まりますが、ソニーのCM曲「犬、逃げた。」後に、ゴウシさん自らCMの再現をしたり、「ロックンロールキャバレー」で新喜劇風ベタなことをするのは、その現れのように思います(笑)

そうそう、他の2バンドにいろいろイジられるという憂き目にもあいました(笑)

東京公演ではカルメラのSEを全バンドが使い(おかげでフロアもどのバンドが出る?と混乱w)、名古屋では元さんがウッドベース(ヤマハのサイレントベースみたいなデザイン)を抱き枕と称して以来、ベース氏は抱き枕の人と呼ばれるハメになりました(笑)

ただお笑いだけではなく、曲名がわからないのが残念なのだけど(音源にもなってないらしい)、「犬、逃げた。」の前に演奏していた曲がものすごくカッコよかったんです。トランペット、トロンボーン、アルトサックスの音圧が凄い凄い。ホーン隊がわさーっと攻めてくるサビで、疾走感がありました。あの曲がリリースされたら即買いというくらい、気に入った曲でした。




☆ADAM at
基本は固定メンバーがいないんですけど、前半2公演は、スタメンと言っていい、エマさん(dr)、ラッキーさん(b)、コータさん(g)で、後半2公演は、エマさんに代わって、ユウダイさん(元RUNNERS-Hi)の編成でした。

MCハラスメントとか新語をつくり、とにかく演奏よりMCにチカラを入れているような、玉田さんの小ネタが炸裂しまくったツアーꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)

12月ということもあって、カルメラの「犬、逃げた。」クリスマスバージョン(タイトルだけ借りた替え歌)を奏でてくれたのですが、これ、回を増すごとに歌詞が増えて、2公演目の東京で犬種が明らかに(笑) さらに、歌い方が山崎まさよしのモノマネになりました(笑)ADAM atもインストバンドですが、唯一玉田さんの歌声が聴けたのが、この替え歌(笑)

ただ、名古屋だけお正月仕様のSEで始まったため、このクリスマスバージョンは演奏されず。ザンネン。

そうそう、ユウダイさんの叔父さんが、かの松崎しげる氏ということもあり、「叔父、しげる。」とまで飛び出して、「犬、逃げた。」で遊ぶ、遊ぶ(笑)

肝心なライブは、1月20日に発売されたセカンドアルバム『スウィートホーム』から、タイトル曲や、ヤマネコア、karakusa trickなど、ふんだんに織り込んだ太っ腹な内容だったんです。ちゃんと、サイレントヒル、五右衛門などおなじみの曲も聴けたし、満足すぎるセトリでした。

そして! 企画ツアーならではの醍醐味が!

トリだった名古屋のアンコールでMONOLITHを演奏してきたとき、玉田さんはソロを任せるメンバーに手を振って合図をするんですが、それがどうも袖に向かってて、なんだろ? と思った途端、サックスを手にしたカルメラの辻本さんが飛び入り!

マイクを外した状態だったので、玉田さんのマイクを使って吹いてたんですが、なんせ普段から縦横無尽に動き回るつーじーなので、スピーカーに音が出なくても、まんまの音で普段通りにアグレッシブにプレイしてました。

つーじーの度胸に、それに応えたADAM atのメンバーたちに拍手喝采☆

素晴らしいインプロビゼーションでした*\(^o^)/*

スウィートホーム
スウィートホーム
posted with amazlet at 16.01.21
ADAM at
ビクターエンタテインメント (2016-01-20)
売り上げランキング: 734



☆Gelugugu
冒頭にも書きましたが、いきなりMCが始まります。しかも挨拶じゃなくて、小ネタから(笑)

初回静岡では、ほかのバンドを説明してくれるかのように、ADAM atの玉田さんはピアノを弾きながらマジックをするといい、ジャケットには鳩が隠れてると言っちゃいました(大笑)。このあと元さんが鳩の影絵をしてくれたのですが、不覚にも見逃した…orz

ちなみに、抱き枕の話をしたときも、曲の間奏中に抱き枕を抱えるというか、ウッドベースを持つ仕草もやってくれてて、それがなんとも言えない可愛さでした(笑)

今回の3バンドの中で、ジャンルでいうとスカで、曲ごとに飛んだりスカダンスしたり、しゃがんだり手を挙げたり・・・とやることが多いので、たぶん初見の方々(とくにカルメラ〜=カルメリアン)は面食らったかも(笑)ライブ後に「あの曲はなんですか?」とか聞いてくれて嬉しかったなぁ。企画ライブは普段の対バンライブとはまた違う楽しさがありますよね。

企画ツアーではありましたけど、10月に発売されたシングルのレコ発ツアーでもあったので、新曲「The End of the World」をはじめ収録曲をセトリにいれた内容だったんですが、今回4公演のセトリは個人的にとっても嬉しいものでした。

40分ほどとちょっと長めの持ち時間。定番の曲を踏まえつつ、4公演でビミョーにセトリを変えてて(ゲルググの場合、たいてい内容はかわるけど)、中でも静岡の「彼女は僕のものかも・・・」、東京の「パ」、「ECOROGY JET WORK」、名古屋の「BERING SEA DEADLIEST CATCH」、大阪の「SA YO NA RA」が入ってたので大喜び♪ 

「彼女〜」と「SA YO NA RA」は、たぶん去年の2月以来で(とくに「彼女」はメンバーが楽器担当をシャッフルした特別版)、「パ」も久しぶりに聴きたいなぁと思っていたところだったので、本当に嬉しかった曲。さらに名古屋・大阪はクリスマス前だったので「FUCKIN'X'MAS」が入ってきたのはオオっとなったし(ロチカとのFACKIN' X'MASでしか聴けないと思ってたから)。いや〜、本当にニヤニヤして聴いてたなぁ。

大阪ではゲルググがトリで、アンコールは「ONE TWO」。このとき、カルメラのホーン隊も参加したので、ものすご〜くホーンが炸裂した曲に(笑)ホーン隊が上手に密集していたので、下手が淋しいという元さん「こっちも見て!」

なぜかフロアにいた玉田さんからのリクエスト「DICE」でWアンコール(笑)

3バンド、計18人の大所帯ツアーは、大団円というか、ニギヤカに大阪で幕を閉じました。メンバーも楽しそうだったし、また三社漫談ツアーをやってほしいなぁ。

The end of the World
The end of the World
posted with amazlet at 16.01.21
THE GELUGUGU
WONDER SKA RECORDS (2015-10-07)
売り上げランキング: 107,863





スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-04-26)
売り上げランキング: 4,830

[PR]
by matc_tomo | 2016-01-12 00:54 | ├Gelugugu | Trackback | Comments(0)