エドワードゴーリーの優雅な秘密展

b0064461_02462724.jpg


伊丹市立美術館へ行ってきました。開催期間中に大阪へ行く予定があって、しかも伊丹空港を利用するので、なんといいタイミング!

空港から市バスに揺られて10分程度で着く距離。大阪に何度も来てますが、伊丹市内(こっちは兵庫県ですね)は初めてなので、ソワソワしながら向かいました(笑)

バス停からほぼ目の前にある、日本家屋のような外観の美術館で、こぢんまりとしています。世田谷美術館みたいな感じかな?

まずは2階へ。

b0064461_02462766.jpg


ゴーリーの作品は絵本や挿絵がメインなので、小さなものが多いのですが、ゆったりと展示されているので、とてもみやすかったです。

そうそう、ゴーリーを知ったのは、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に彼の作品がいくつかあって、ゴーリーファンの友達からそれらを買ってきてと頼まれたことがきっかけ。だいぶ前の話ですが、こんなシュールな作品を……と不思議に思ってたのですが、ゴーリー自身がバレエのファンで作品を手がけているんですよね。劇場に通うためにニューヨークに住んでいたといういわくつき。

それ以来、ゴーリーの不思議な魅力に惹きつけられてるわけですが、こんなにじっくりと作品を見るのは初めてなので、とてもいい時間になりました。

シュールかつ絶望的な世界観ではあるのだけど、悲観的ではないというか、見ていて飽きないんだよなぁ。

b0064461_02462793.jpg


全集だったり、ノベルティなどいろんな形の作品が2階から地下の部屋に展示されていました。

訪れた日はトークイベントがあって、整理券配布の列もできてて。トークイベントの時間は、来阪目的と重なってたので聞けずに残念でしたけど。

地方を中心に巡回するようなので、またどこかでタイミングがあったら見に行きたいな。



トラックバックURL : https://matcandco.exblog.jp/tb/25786462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by matc_tomo | 2016-05-12 02:39 | ├大阪 | Trackback | Comments(0)

見るだけテニス部、コーヒー同好会、ハンドクリーム部。週末は飛行機・電車に乗って同好会活動中。GELUGUGU、村田兄弟、アイボリック、ADAM at、Rafa NADAL、ジュビロ&藤田俊哉贔屓。


by matc_tomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31