スカイ アクアリウム with ペリエ カフェ

六本木ヒルズで開催中の「スカイ アクアリウム with ペリエ カフェ」(9月9日まで)にいってきました。

先週末は急に東京も真夏日となりグダ〜ッとすることが多くて、涼みを兼ねての訪問となったわけです。ヒルズの52階の展望室内にあるので、展望室料金1500円+300円。ちなみに、森美術館の展覧会とのセット券も同料金なので、美術展ついでに⋯というのでもOK。展望室だけでかけて、後から見たいとなっても大丈夫なように、スカイ アクアリウムの前に当日券が販売されています。意外に用意周到(笑)。ヒルズの場合、上に登っちゃうとチケットブースがある2階まで降りないといけないので、それは避けたいところですもんね。

さて、展望室のパノラマ風景を見ながらズンズンと歩いていきます(展望室の入口が東側なので、アクアリウムがある西までいくのです)。真夏の日差しが眩しい日でしたが、上に登ると残念ながら夏特有というか、ガスっているので、遠くの富士山などは見えません。それでも、東京湾やお台場なのはバッチリと見えました。粘っていれば隅田川花火大会の花火も見えたかも(笑)。
b0064461_0232211.jpg
スカイ アクアリウムの入口には、『ファインディング・ニモ』で有名になったカクレクマノミがわんさか入った水槽などがありました。スイスイ泳いでいるのがとてもかわいらしい♪ 水槽に手を入れている不届き者がいましたけど、マナーは守りましょう! マナー以前の問題ですが。入口付近では撮影が可能なのですが、展示室内は撮影禁止です。

b0064461_0235369.jpg色とりどりの熱帯魚がいくつもの水槽にわかれて展示されているのですが、どれもキュートで面白いお魚さんたちで飽きません♪ これまた『ニモ』に出てきたナンヨウハギ(ニモのパパと一緒に旅する魚)がいたりして、ちょっと親近感が湧いてきます(笑)。ただ、あまり熱帯魚には詳しくないので、魚の名前が書かれていると嬉しかったなぁ。せっかく小学生用の「夏休みの研究ノート」なるものまで売っているのに(って、イマドキの小学生は企業が率先して協力してくれるからうらやましいぞ)。

中には珊瑚に紛れてちゃんと横になって寝ている魚がいたり(死んでるのか?と驚きましたが)、立ち止まっている魚のヒレの動かし方に感嘆したり(笑)。細かい魚の動作に一喜一憂(憂はないか、笑)。ときおり珊瑚が動いているので、魚を食べちゃわないか、ドキドキしたりと、あまり見ない光景がたくさんあって、楽しいひとときでした。

水槽だけでなく、生活との共存というか、インテリアに取り入れた展示などもあって(それはまた、生活感がなさそうですが)、有意義なアクアリウムでした。あの大きな金魚鉢はほしいかも(笑)

b0064461_0245565.jpg展示会のタイトルにもあるように、ペリエ カフェで一休みしようかと思ったら、展示会を出ちゃうと、展望室の入口になってしまいます。焦って係りの人に「カフェにいきたいんですが」と聞くと、チケットを持っていれば再入場可能ということで、ホッと一安心。カフェは、アクアリウムの入口にあるので、また、西側までずんずんと歩いていきます(笑)。

西日が眩しいのですが窓側の席にすわって、ぼーっと渋谷方面の景色を見ながら、オリジナルのペリエメニューを。オレンジとマンゴーで割ったSunlightと、ミントが入ったVacation。

ずーっと外を見ていると、だんだん東京の街並みがSim Cityのように見えてきます(笑)。広尾レジデンスが、住宅地の最終形で、その前にある家々が発展中のような(笑)。Sim Cityを知らないと解らない表現ですけど、ゲームをしたことがある方は、そんなことを考えながら展望室で見てください。
[PR]
トラックバックURL : https://matcandco.exblog.jp/tb/7214309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by matc_tomo | 2007-07-30 18:57 | アート | Trackback | Comments(0)